2019年,「〈わたし〉をめぐる旅」はさらに先へと進みます! nida’s newsletter -no. 94-より 

こちらの記事は-newsletter no.94より転載しています。

=============

東京よりNamaste!

nida 〜生き方が自由になるヨガスタジオ@表参道〜 の yukari です^ ^

 
帰国して4日目。東京もだいぶ冷えてきたなあと身にしみております。

北の方はさらに日に日に冷え込んでいるのでしょう…

温泉がさらに沁み入る季節—

身体があたたまって内側から溶けていくあの至福…ますます楽しんでくださいね〜!

わたしも,再来週には岡山県美作市へ。あ〜温泉に心踊ります♪

 
さて,昨夜からnidaにてクラスを再開しました。

さっそく「クレンジング&ヒーリングspecialクラス “Sing, Breathe, Meditate.“」には,多くのみなさんが参加してくださり,

久しぶりに一緒に歌い,瞑想し,あたたかい浄化のひと時をともに過ごせたことに心から感謝しております。

 
*ほとんどの方が身体的・感情的な浄化作用や気づきを実感され,リピーターさんの多いこのクラス,次回の開催は2週間後,12/8(土)の夕方です。
⇒詳細はこちら

 

 
さて,その場でも最後に申し上げたのですが…

実は,アメリカに滞在中,アシュラムでまた新しいことを思いつきまして…

 
現在開催中のall-in-oneヨガWS「〈わたし〉をめぐる旅」に続いて何をやるか,見えてきました。

来年半ばには,その新しいWSシリーズへとどんどん進んで行くことになると思います。

 
あらかじめ申し上げておくと,

このシリーズは,「〈わたし〉をめぐる旅」とは異なり,「どなたでも歓迎」にはしません。

「〈わたし〉をめぐる旅」をほぼ(詳しい条件はこれからちゃんと考えますけど(笑))受けた方のみ,進んでいただける形にする予定です。

…て,別にね,意地悪とかじゃないんですよ(笑)

 
少なくとも「〈わたし〉をめぐる旅」でお話ししている内容に触れて来てくださらないと,その先に進んでいただいても深まらないからです。

 
また,この「〈わたし〉をめぐる旅」の受講を前提とした,いわば「中級編」では,

グループ全体のエネルギーがますます大きな意味を持ってくることになると感じているからです。

 
それはね,今回の旅の中でわたしが得た大きな収穫ととても深く関連しています。

改めて,とても強くこのことを感じたんです。

 
「ヨガはプロセスである」

と。

 
Krishna Dasも,リトリートではっきりとこう話してくれました。

 
“Devotion is a process.”

 
(devotion=献身,深い愛,専心,信仰などと訳されます。

ここで彼が話しているのは,

彼の「グル」(=「先生」。と言っても,普通の先生とは意味合いが異なります。とりあえず,真の先生,としておきます),そして,わたしたちの「本質」への深い愛です。

それこそが,彼にとっての「ヨガ」そのものです。

彼は,だからチャンティングをしているのです。

…と文字で書いても,おそらくわたしの真意はあまりうまく伝わらない気がするので,ここではあえてこれ以上踏み込みません。

昨夜のクラスでは直接お話しできたのでよかった。また直接クラスやWSでお話ししますね。)

 
そう,プロセス,「過程」なんです。

 
一度の瞑想で「悟り」に至れるわけじゃないわけです。そりゃそうですねえ(笑)

時間がかかるんです。段階があるんです。

同じことをしていても,自分が辿り着いている段階によって,気づくこと,理解できることは違います。

一朝一夕で醸成されるものじゃない。

徐々に深まっていくものです。

どんなにいつも体験していても,その意味がわかるまでには,何年も時間がかかったりします。

 
知的な理解と,体験としての理解との間には,大きな差異があります。

頭でわかっていることが,実感として腑に落ちるまでには,何年も時間がかかったりします。

 
だって,「プロセス」ですから。

 
話は戻りますが,

だから,「中級編」を設けるのです。

それも,可能な限り,「〈わたし〉をめぐる旅」シリーズを受けた後,ある程度時間が経ってから受けるのが望ましいと思ってます。

 
その哲学に触れ,それを持って日常を生きてみた後に,少しずつ何かが変化していくでしょう。

わたし自身もヨガ哲学を学んで大きく変化して来たように,このシリーズを受講された方がどんどん変わっていく姿を実際に観ています。

わたしの先生方から受け渡されてきた智慧の力強さを痛感しています。

 
「ヨガはプロセス」です。

ですから,「〈わたし〉をめぐる旅」自体も,あなたの変化に伴って毎回,あなたの内に広がる響きが変わります。

やっているわたし自身も変わって行くので,基本的な内容は同じでも,詳細や伝わり方は当然変化します。

 
だから,思い立ったら何度でも再受講もなさってみてください(割引を設けているのはそのためですから)。

そして,「〈わたし〉をめぐる旅」には何となく興味がある,けど,まだ受けていらっしゃらないという方は,

ぜひnewsletterの最後にあるWSスケジュールを確認なさって,早めに受け始められることをお勧めします。

来週末から再開しますので。

 
…とお話ししているのも,時間的な制約からです。

わたしは,来年前半の半分(以上かも)は海外にいる予定。

ゲスト講師によるWSもかなり決まっています。

だから,来年1月後半以降,そもそもわたしがこのWSを実施できる時間が限られています。

 
そして,折を見て,その先の「中級編」に踏み込みます。

となると,どうしても「〈わたし〉をめぐる旅」にかけられる時間が減ることになります。

また,そもそもわたしの人生にはこの先何が起こるか,わたしにもわかりませんし(笑)

 
でも。

わたしは,この人生を,本当に祝福された,幸運な人生だなあと思っています。

このヨガの伝統にたどり着けたこと,それをお伝えする媒介としての役割に,心から感謝しています。

一人でも多くの方に,これをお伝えできることを,心から望みつつ,わたしのベストを尽くし続けます。

 
「〈わたし〉をめぐる旅」に散りばめられている

あなたの人生がより自由に,楽しくなるシンプルな鍵を,

ぜひお早めに手になさってください。

======================
こちらの記事は毎週金曜配信の
nida’s newsletter 〜 living in the moment 〜より一部抜粋です。

記事全文はnidaのnewsletterのみで掲載されています。

毎週のクラステーマ全文やWS・キャンペーンの先行/限定情報が満載の
newsletterの登録は→こちら
から(購読は無料です!)
======================