all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」感想6

このWSシリーズをはじめ、nidaのプログラムが本当にすごいなあと思うのは
頭での理解にとどまらず、体感を伴う理解がセットになってくることです。

わたしは本当につい最近まで、ガチガチの思考優位タイプの人間でしたが
リトリートや、どぅる〜んタッチをはじめ、
nidaのいくつかの強力なプログラムを体験することで、否応無く、
頭の理解をはるかに超えた、
身体感覚の変化、体感の変化を強烈に味わうことになりました。

〈わたし〉をめぐる旅シリーズの1回目を受けたのは、
そうした体感の変化を随分と味わった後のことだったかと思います。

 
その回ではじめてyukariさんからヨガ哲学の根本となる話を体系的に聞き、
自分の感じていた体感の変化と、
頭での理解が結びついたときの、
あの強烈な「腑に落ち」感を
いまだに忘れることができません。

自分が何で泣いているのかわからないまま、
ただただ猛烈に涙が流れる。

その後も、WSが進む中で、何かがひとつ腑に落ちるたびに
ただただ涙を流し、それを味わうことを繰り返してきました。
このWSシリーズを通して、一回でも泣かなかった回、あるかなあ(笑)

頭の理解に加えて、体感できれば、腑に落ちる。
体感できれば、その感覚を日常のあらゆる場面で再現できる。
気がつけば、生きることそのものが、ヨガのプラクティスになっていく。
これ、本当に強力なことだと思うのです。

 
〈わたし〉をめぐる旅シリーズは、
どの回もとても内容が濃密で、味わい深かったです。

yukariさんの群を抜いて明快で、論理的で、分かりやすい講義により、
「頭」での理解を確実に進めながらも、
毎回必ず行われる、参加者同士による深いシェアリング、
ただ身体を動かすだけではないアーサナ、
更には、ただあのnidaという場に身を置くこと自体により、
「体感」での理解が深まっていく。

 
このWSシリーズでの学びを一つの核として、
この5ヶ月間のnidaでの様々な経験により、
わたしが「認識」する世界は、
驚くほど変わっていきました。

いまはただ、生きていることがとても嬉しい。
内側から歓びが溢れてきて、
これまでは感じることのできなかった、この世界の美しいものたちが
五感、いえ、それ以上の感覚を通してわたしの中に入ってきます。

 
このWSシリーズを終えて思うのは、
わたしはいま、ヨガという強力なOSをインストールして、
そのOSを持って歩む新しい生き方の
スタートラインに立ったのではないかということです。

いまは、自らのハラが指し示す方向に導かれながら
自分の可能性を信じて
わたしがこの身体を持った人生で、果たすことになっている役割を果たせるように、
生きる歓びとともに、進んでいきたいと思っています。

そして、その歩みの中で
nidaという温かい巣があることが、
わたしにとっては大きな支えになってくれるのだろうなあと思います。

 
yukariさん、本当に今年はお世話になりました。
ありがとうございます。
あらためて、わたしの人生のこのタイミングで出会えたことに、
感謝の気持ちでいっぱいです。

また〜のクラスで伺いますので(笑)
よろしくお願いいたします。

心からの感謝をこめて。

 
 *このワークショップについての詳細や今後のスケジュールは→こちら

One Reply to “all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」感想6”

コメントは受け付けていません。