「プログラムの充実がすごい!」「完璧です!」感動の反響続々! 女性限定 10/20ー25 5泊6日バリリトリート!感想③

・・・感想②の続き

*****このリトリートはどんな人にお勧め?

「このリトリートは誰にでも開かれたもので恩恵をもたらすものであることを確信しました。」

「すでにnidaに通われている方でしたら、必ず満足が得られるリトリートだと思います。
ヨガを生活に取り入れることで快適さを感じる方、ヨガ哲学に興味がある方、女性のためのセルフケアに興味がある方。」

「リトリートの案内を読んで、何か惹かれるものを感じたすべての方へ。
アーサナや瞑想の経験の有無は関係なく、自己探求に興味のある方であれば、きっと素晴らしい経験になると思います。」

「自分に向き合いたい人」

「ニドラー、メディテーションに興味があって、眠りが浅い人にお勧めしたいです。
内側のモヤモヤがずっとある人は、もちろん、ヨガの哲学とバリヒンドゥーに興味がある人にもお勧めだと思います。」

「全ての人に体験して欲しい。
この幸せを1人でも多くの人に知って頂きたい。」

「今の自分にだったら、表参道のnidaでのリトリートを勧めます。
言語的に安心できて、不安が大きい時は、どうにかして収めたいと思うけれど、大きく動かそうとするのではなく、小さく動き出すことが必要だと実感した。
その先にバリのリトリートがある気がする。
でも、それは戻ってきても感覚を取り戻せない自分だからそう思うので、他の人だったらまた違う感覚でこのリトリートを享受できると思う。」

「どんな方にでもお勧めできます。
誰が参加してもその時の参加者の輪に入ることによって自分も新たな気づきや感動があります。
ウブドの土地・自然・食べ物や人がたくさんの魔法をかけてくれて、色んな余計なものが流れ落ち、そしてたくさんの恵みを一身に浴びれます。
こんな経験、しなくちゃ人生もったいない!」

「セッションの最中、連れていきたい友達の顔が何人も浮かびました。
最近、同世代で同性の友人と話していると、仕事や恋愛など話題の種類に関わらず、必ず「セルフラブが足りない」という結論に至ります(笑)
それほど、色んな場面でセルフラブの芽を摘まれまくる社会にいるんだなあと実感します。
「あなたは〜だよ」という言葉に救われる人は多いと思います。」

「自己肯定感が不足している人、自分の環境を替えたいと感じている人 」

*****その他,yukariやゲストへのご意見・ご要望,メッセージ

「今回のリトリートは、この1年のわたしを巡る旅の総まとめのような感じでした。
ただの復習ではなく、わたし自身も変化していく中で、更に深い気付きが得られたり、色んな気付きが一つに統合されてくようで、ますます肚落ちして納得感が深まりました。
セッションだけでなく、聖水沐浴、美しい風景、美味しい食事、楽しい買い物、プールの時間もすべて感度を上げるプラクティスになっていて、本当に濃密で幸せに満ちた時間でした。
心より感謝します。またウブドに行きたいです。行きます!!」

「本当に充実した6日間をありがとうございました。
毎日同じメンバーで サークルを囲み、セッションの数を重ねることにより、安心感や信頼感が生まれていきました。
バリでまたエミリーのセッションを受けられたこともすばらしかったです。
ヨーヨーの演奏では間近で奏でられる音楽に体が溶け込むような感覚でした。
また、このリトリートになおちゃんが参加してくれたことは、本当にうれしかったです。
なおちゃんのクリエイティブなパワーで、みんなが感じることの楽しさ、快適さを実感していたように思います。
今回のリトリートに関わってくださった皆さんのおかげで、すばらしい1週間を過ごすことができました。
ありがとうございました!」

「ゆかりさん、今回も本当に貴重な機会を用意してくださって、ありがとうございます。
ただひたすら感謝のみです。
これからもどうぞよろしくお願いします。」

「フィードバックの時に、全て女性だからという安心から自分の世界にどっぷり入り込み、溢れだすままの状態に陥りやすい?ように感じました。
他人を意識しすぎて発言出来ないよりは、格段に良いことなので、デメリットとまでは言えませんが、前回のバリとの微妙な違いを感じ、それが何であるかが気になり、女性限定によるものかな?と推測しましたが、それだけでなく、やはり、参加者が違うからかもしれません。
毎回縁のある仲間が偶然に集まるので、毎回違っていて良いのかもしれません。
人生の転機に、リトリートに参加できてしっかりと使命を見出して進む勇気が湧きだしました。
有難うございます!」

「いつも 貴重な経験をありがとうございます。
ゆかりさんの素晴らしい生き方に
ほんの少しだけでも 同じ空間にいられること 体験が出来たことに、感謝です。
ありがとうございます。」

「今回も本当にありがとうございました。
次回はセドナもぜひ企画してください!」

「ゆかり先生とウルワトゥに行った際に、いろんなお話を伺えてよかったです。
先生のおかげで、母とバトゥール山を登頂したり、リトリートのあとも忘れられない思い出ができました。
本当に素晴らしい宝物の数々をありがとうございます。
魔法が切れてきたので、またnidaに行きます笑」

「yukari先生ならこう考えるだろうな、こう話すだろうな」と思う場面が自分の中でときどきあります。
適度な距離感と自然体な在りようがとても心地よいせいだと思います。
その心地よさをこれからも感じさせてくれるnida であってほしいです。
移動が大変だったという印象が強いので、開催場所を考慮することが必要かもと思いました」

*****

ちなみに,2020年もバリリトリートを2回開催予定!
まず4日間のショートヴァージョンは5/31(日)~6/3(水)に実施!
5/30前泊込みで実質4泊,男性のご参加もOKです!

詳細はこちら

また,今回同様の6日間ロングヴァージョンは女性限定で秋に実施予定!
これからもnidaのリトリートはますますヴァージョンアップしていきますので,どうぞお楽しみに〜!

「プログラムの充実がすごい!」「完璧です!」感動の反響続々! 女性限定 10/20ー25 5泊6日バリリトリート!感想②

・・・感想①の続き

*****今回のリトリートにおける以下の点について

① プログラム内容,スケジュール(各種セッション・ヨガクラス,ゲスト,イベント,フリータイム等々)

「内容も時間配分もすべて完璧です!」

「セッション:アーサナ、チャンティング、シェアリング、ヨガニードラなど、セッションの内容は非常に充実していました。
6日間、朝、午後、夜とバリエーションに富んだセッションを重ねることで、東京のスタジオで単発のクラスを受ける以上の没頭感があり、 多くの深い気づきが得られたと思います。」

「シェアリングの時間がたくさん設けられていたのが本当に良かったと思います。
シェアリングの力って本当にすごいんだなと心底実感しました。
それと、個人的にはEmilyの1日ワークショップはインパクトが大きかったです。
彼女の話す内容はどれもガンガン私の心に響いて、今の私にまさに必要なものだと感じたし、何より彼女の在り方はやっぱりとても素敵でした。」

「聖水は行けなかったので残念でしたが、お祈りとお供え物作りを別でやってくださったので、とても満足でした。(マンゴジュースも頂いちゃいました)
ヨーヨーの音楽を初めて聞いて今まで聞いたことないとても温かい音楽だと思いました。ヨガクラスは、形にこだわらずに自由に動かせたのでいつも気持ち良かったです。
Emilyのヨガも少しハードで動かすと言って始まりましたが、あんまり動きたくなかったのが不思議と動かしたくなって最後には楽しかった気持ちになりました。
フリータイムで少し時間に追われたので、もう1、2時間だけ時間があったらと思いました。」

「全てが素晴らしかった。
毎日のスケジュールの中に、〜、〜、〜、〜のシェアする。
毎日の日課のようになり、日々の変化を感じられました。
夜のスケジュールでもチャンティング&ヨガニドラーを毎日受けられる!なんて贅沢なんだろーと思い、朝 目覚め時に体がゆらゆらと揺れていて不思議な体験でした。
〜のチャンティングし幸せな気持ちになりました。

初めての沐浴は、衝撃的でした。
まず、このような経験ができたことに感謝です。
儀式についていくことに必死でしたが、とてもエネルギーに溢れパワーを頂きました。
次も沐浴やりたいです。」

「毎日のプログラム構成はすごくバランスが良く、ゲストとの関わりも素晴らしかったです。
少しスケジュールがタイトに感じる時があり、そういう時は自分の中の焦り感がすごかった。
そこで、自分の内なる気持ちに正直に、「楽しもう」よりも「ゆっくりしよう」にシフトできていたらよかったのかと思います。」

「プログラム内容・スケジュールは全て良かったです。
セッションはそのたびごとに色々な発見・感情が湧きました。
エミリーの朝のヨガクラスが思いのほかハードで、ところがそれがすごく楽しかったです。
ヨーヨーの演奏がまた聞けて最高でした。
Naoちゃんにもまた会えてマラブレスレット作り・ロースイーツ作りも学べ良かったです。
クロージングセレモニーのお花も儀式も良かったです。
フリータイムでのバリマッサージも良かった~!」

「時間割を見たとき、毎日やることが決まっていて忙しそうだなという印象を受けましたが、始まってみると1日があっという間に過ぎて、むしろ「もう終わり?!」というくらい時間を忘れてしまいました。
エミリーのセッションでは、彼女からあふれ出る温かい「ウェルカム感」が話をしていなくてもひしひしと伝わってきて不思議でした。
彼女の前なら、きっと何を言っても受け入れられるんだろうなという安心感が心地よく、自分も他者を受容する愛情を育みたいと思いました。
あとはやはり滝行!!!あのトロトロの水の感触が忘れられません。
水のカーテンの中で「生きてる~~~~」と噛み締めたシーンが、帰国後何度もリプレイされます。
自由時間は十分で、買い物や食事、マッサージを満喫しました^^」

「全体が盛りだくさんの内容で、あっという間に最終日を迎えた。
明日は何が経験できるのかという期待感でワクワクであった。
とくにエンジョイしたのは、エミリーとシダール奏者のセッション 及び 沐浴。
naoさんによる生花の曼陀羅は精密で美しく、バリならではの経験であった。
個人的にはもう少しアーサナの時間があってもよかった。」

② 女性限定

「なんでも気兼ねなく話せるから女性限定がよいです。」

「女性ならではの思いや体験をシェアすることは、すべての女性が複雑で繊細な体と心をもっているということを認識させてくれます。
エイジング、家族との関係、キャリア、女性としての将来像など、様々な年代、立場、環境の女性がサークルを囲み、お互いを尊重しながら女性であることを見つめることは、思った以上にとても心強い体験でした。」

「女性だけだからこそ出来た話がたくさんありましたし、何より女性だけだからこその安心感、壁の無さ、連帯感の深さみたいなのがあってとてもよかったと思います。」

「安心感
気兼ねなく話せる。
同じ女性として役に立つ情報を聞ける。
シェアできる内容の範囲が広がる。
何でも言いやすい。」

「今回は女性限定で本当に良かったです。
男性が入っても変わらなかったかもしれないけれど、ここまで深く体感できないと思いました。」

「女性だけでサークルを囲み、女性だけが感じていることを素直に話せる場所で 他の人には言えなかったことも言えて
「私 こんなことを話すなんて思ってもいなかった~」とみんなに聞いてもらって自分が楽になっているとか、ほんと魔法にかかったかのような不思議でパワフルなエネルギーが生まれますね。」

「質問や課題が「女性として」と限定されることによって、本来の自分の存在に注目できた気がする。
ユニバーサルになるともっと焦点が広くなるので、集中できる点で女性限定なのはよかったと思います。」

「前回は女性限定ではなかったですが、私はどちらでも問題ないです。
〜君だったからでしょうか?あまり性差を気にしなかったです。」

「シスターヨギー素敵すぎました。
みなさんひとりひとりから力強いポジティブなエネルギーを頂けて、一緒に時間を過ごせてうれしいなあとウキウキしていました。
女性という共通の属性があることで、それゆえに苦労してきたことを恐れずに吐露できる空間でした。
男性のいるリトリートというのは想像がつかないので分かりませんが、共同生活という面では、同性だけの方が気を遣わず過ごせてよかったです。」
 
「女性限定はとてもよいと思う」

③ マラブレスレット作り,ロースイーツWS

「自分で作ったマラブレスレットでJapa walkするのが良かったです。
ロースイーツは手軽に美味しくできるので、さっそくうちで作って楽しんでます。」

「- マラブレスレット作り:たくさんのビーズから使う素材を選ぶことも楽しかったし、自分だけのジャパ マラ ブレスレットができたのもうれしかったです。
難しい部分はサポートしていただけるので、初めてでもブレスレットに仕上げることができました。
-ロースイーツWS:スイーツ作りは大好きなので、単純に楽しかったです。
ナッツを使ったロースイーツも、材料があれば、簡単に作れるものだったので、どなたにも楽しめるかと思います。
エナジーボールは、その後の日程のおやつにしたり、数日にわたって楽しめたのもよかったです。」

「初日にマラブレスレットを作って、毎日ジャパマラ瞑想をしたことはとてもよかったです。
あのリトリートのエネルギーが詰まった特別なブレスレットになったし、リトリート後も続けられるプラクティスの習慣が身につきました。
また、このプラクティスを通じて、個人的には初めてマントラを唱えることの効果を実感できた気がしました。
ロースイーツは初めて作ったからすごく新鮮だったし、とっても美味しかった!
このリトリートを通じて、なおさんが一緒にいてくださったこと、とても良かったです。
なおさんがいてくださったことですごく場が和んだというか、ワクワクしたものになったと感じます。」

「Naoちゃんがとっても素敵な石をたくさん持ってきてくれて、好きなのを選んで作るのはとても贅沢でした。
選ぶのに迷いましたけど、石との縁を感じられて満足です。
ロースイーツは、あまり食べた事がなかったのですが、美味しくこんなに味がしっかりしてるんだと驚きでした。」

「世界に一つだけの自分のマラブレスレットを作ることが出来て嬉しいです。
特別感あります。気に入ってます。
リトリートの思い出となるので形のあるものがあって良いですね。
ロースイーツ作りもみんなでワイワイ話しながら作ると楽しいし美味しいし
また 自分でも作れそうで家でも作ってみようと思いました。」

「純粋に楽しめる時間でした。
石を選ぶということ、手作業に集中すること、内に向かえる作業が心を癒してくれた。
ロースイーツWSは、ほとんどなおちゃんが作業してくれていたので、もっとみんなを動かすような感じで一緒にやれてもよかった気がします。」

「前回のマラづくりでの経験!?が活き、少しはできるようになったのが分かって良かった。
選んだ石も今までとは全く変わっておもしろかった。
ロースイーツは思ったより簡単で美味しく、勉強になりました。」

「黙々と作業に集中するのが好きなので、ブレスレットづくりのときは無心になれました。
セッションのときは頭や体の使い方がよく分からず戸惑っていたのですが、ブレスレット作りのときは素直に没頭できてよいリフレッシュになりました。」

「どちらもよかった。
普段経験したことがなかったので大変エンジョイした。」

 ④ 食事

「ゆかりさんにご案内いただいたレストランはどれも美味しいし、雰囲気も素敵で大満足。
特にアルケミーはお気に入りで、4回も行きました。」

「- ヴィラでの朝食は、豊富なフルーツ、日替わりでパンケーキやクレープ、ヨーグルト、ジャムやヨーグルト。毎日とてもおいしかったです。
ずっとまた食べたいと思っていたスネークフルーツ、初めてのジャックフルーツ、ライチのようなバリのフルーツなど、めずらしいフレッシュフルーツを満喫しました。
-全員でのランチやディナーで訪れたお店は、いずれも味、雰囲気ともすばらしかったです!
ウブドには、おしゃれでおいしいベジタリアンレストランが豊富にあり、その中から特におすすめのお店を選んでいただいていて、どこもリピートしたくなりました。」

「ゆかりさんに連れて行ってもらったレストランはどこも洗練されていて美味しかったです。
もっとお腹の調子を崩すと覚悟していたのですが、おかげさまで概ね元気でいられました。
また、ホテルでも食事を注文できるのが便利でとても良かったです。」

「朝のお食事ではフルーツが本当に美味しくいっぱい食べました。
パンケーキ、クレープも美味しかったです。
yukariさんが連れてってくださったランチ、ディナーのお店もすごく良かったです。
初バリでしたが、こんなにお野菜を取ることができるとは思ってなかったので感激でした。どれも美味しかったです。」

「素晴らし過ぎます。ゆかりさん なおさんに感謝します。
手を抜いてません!ってゆかりさんがおっしゃってましたが レストランでの食事は確かにクオリティー高く、食に対する意識変わりますね。
また食べたい!行きたい!と思いました。
ヴィラでの朝食もフルーツがおいしい。
20年前に食べた思い出のフルーツにまた出会えて食べることができ懐かしかった。
ゆかりさんとナオさんが仕入れてくれたコンフィチュール、蜂蜜をパンケーキやクレープにつけて食べ最高!
テンションあがりました。おみやげにも買って帰りました。」

「どれもとても美味しくて満足でした。本当に美味しかった!
ただ、私は「選ぶ」ことに非常に緊張していて、選ぶ度にワクワクよりもドキドキが勝ってしまって、そこまでの緊張感で美味しく味わえる気持ちが下がってしまったのが残念でした。
それ(選ぶことへの緊張感)は日々続くのですが…どれを選んでも美味しい食事をセッティングしてくださったことが本当にありがたかったです。
フリータイムなどで外に出た時も、美味しい食事をとれたことは満足でした。」

「全て良し、どこも美味しかったし目にも美しい料理で五感全てで満足しました。」

「いろんなベジミールを体験できてよかったです!!!コンシャスイーティングを心がけようと思うきっかけになりました。」

「朝食は量が適量でよかった。フルーツ、お茶も十分準備されていて満足であった。
ランチ&ディナーを、個人では見つけれない選りすぐりのレストランで満喫できた。」

⑤ 施設・設備・スタッフ

「街の中心部から離れたところで、且つ徒歩圏内に素敵なレストランがある抜群の立地。
また広い庭とプール、開放的なshalaなど自然と触れ合う環境が整ってるのも良い。
さらに貸切だったこともリトリートにどっぷり浸れました。スタッフも親切。」

「- 施設:一人部屋を使用したので、広さも十分でくつろぐことができ、ヴィラは貸し切りだったので、安心感もありました。
大きなプールがあり、日中はかなり暑いウブドの町からもどってひと泳ぎすると、リフレッシュできました。
ヴィラからほど近いところに、すてきなレストランやカフェもあり、自由時間の食事にも便利でした。
-設備:部屋のシャワーのお湯の出が悪く、少し不便でした。
-スタッフ:ヴィラのスタッフは皆さん親切でやさしかったです。」

「施設貸し切りというのは素晴らしいなと思いました。安心感が違います。
各自の部屋がヴィラになっていて贅沢でした。
バリならではだな~ということは色々ありましたがそれも楽しみのうちです(笑)」

「最高  庭、大きな貸切プールが申し分ない!」

「現地に入った当日に出かけて戻って来たら、部屋がどうして開かなくてスタッフの方に聞いたらすぐ来てくれて、鍵を取り替えてくれてました。
夜だったのですぐに対応してくれて良かったです。
トイレもチェーンが外れた時も、それも早く対応してくれて良かったです。
ベットメイクもキレイにやってくださったので満足でした。
貸切でリラックスできました。
人の目を気にしなくて、セキュリティも私達しかいないので、いつもの旅行より安心感がありました。」

「静かで落ち着いた場所で安心して過ごすことが出来ました。
プールでプカプカ浮いて気持ちよかった!
プール奥からみた朝日は忘れられない。素晴らしかった。
設備は、日本のように便利ではないですが、特に困ったことなく快適 安全に過ごせました。
スタッフさんも朝早くから フランジパニーを摘んでくれたりされてました。優しく接して下さいました。」

「スタッフのゆるやかな関わりが良かったです。
何かお願いしたい時も、自分で依頼することができなかったので、ゆかりさんにお願いすれば伝えてくださる規模がありがたかったです。」

「天蓋付のベッドで、心地よくぐっすり眠れました。
電気が一つ点かなくて暗かったけど、ろうそくを付けて、それはそれなりに良い空間になりました。
そして自分でも信じられないほど虫を恐れなくなったのが成長?!の証でしょうか。
プールは広くて十分深くて泳ぎ甲斐があり満足です。
スタッフも問題なしです。」

「welcome goods が素敵な内容でうれしかった。
ビラ貸し切りなので、他のグループに遠慮等不要でとてもよかった。
初めてnaoさんと会えてよかった。」

 ⑥ 参加費

「6日間フルにセッションが組まれていて、ゲスト(エミリー、ヨーヨー)のセッション、沐浴ツアー、なおちゃんのWS x 2、数回のお食事が含まれていることを考えると、非常にお得だと思います!」

「内容の濃密度、得られたものの大きさに鑑みると、十分に参加費の価値はあるものだと思います。」

「有り難い金額。満足。」

「あのスケジュールとイベントを含めたら安すぎるのではと思いました。
それくらい充実して満足しました。
でも、20万以上なると正直支払いに躊躇してしまうかもしれないです。」

「参加した人は、絶対安すぎだと言うと思います。金額的には、頑張らないと出せない金額ですが、内容から考えたら ゆかりさん大丈夫ですか?と思います。」

「この内容ならめちゃくちゃコスパ良しです。凄くありがたい値段設定です。」

 ⑦ 日数(6日+前泊1)

「参加しやすい日数だと思います。」

「日常から離れ、リトリートの様々なプログラムを満喫するには6日はベストな気がします。
充実したセッションの他に、少し遠出をした沐浴もすばらしかったですし、移動中ウブドの人々が暮らす通りや深い森の風景を見られたのもよかったです。
自由時間もあったので、思い思いにウブドを満喫できたかと思います。」

「始まる前から十分に期間はあるな~と感じていたのですが、
今回、「時間」のもたらすパワーをすごく実感したので、もっと長くてもいいな~と思ってしまいました。
多くの日本人にとっては現実的に難しいかもしれませんが、10日くらいあってもいいと思います。」

「バリ、前回と今回。どちらも良い!」

「前泊に入って初日から動けたので良かったです。
日数はイベントもあったし、私にとっては深い気付きを得るにはちょうどいい長さでした。」

「最初は、6日間は長いんじゃないか?と思ってました。
1日目 2日目の内容が濃すぎて身体や気持ちが追いついてなくてまだ2日目ですか?と言っていたくらいでしたが、6日間があっという間でした。
3泊では出来ない内容があるので意味のある6日間だと思います。」

「ちょうど良いです。でも4月のリトリートも充実していてその日数も良かったです。」

「もっと長くセッションを受けたかったくらいですが、もし仕事をしていたら1週間が捻出できる時間の限度かなと思うので、色んな人が体験するためにも適切な日数だと思います。」

「満足。前泊の配慮、及びタクシーの手配は大変助かった。」

⑧その他何でも

「深夜便は、辛そうだなー。夕方に着く便がいいな~。」

「クロージングセレモニーは正直言うと4月の時の方が感動大でした。
参加メンバーとの距離感も4月の時の方が密接な気がしました。
セッションの場所が狭かったからでしょうか?
色々勘案するとやはり2回参加して大正解ということですね。」

「ヨガニドラー!!!!!これが何よりも最高でした。
毎晩毎晩、ゆりかごの中で大切にされて、なつかしい子守歌を聞いているような、赤ちゃんに戻ったような大きな包容感がありました。
屋外で虫や鳥の声を聴いて、風が頬をなでて、夜の暗さに包まれて、というのもリラックスするのにとても重要なスパイスだったので、バリ島ならではの環境が最高の条件をそろえてくれたと感謝しています。」

「参加されたみなさんがオープンで愛情に溢れていて、ほとんど初対面であったにも関わらずリラックスして過ごすことができた。
nida に集うみなさんは本当に優しい。
スケジュールに余裕があるので、spa とか買い物等できた。」

・・・感想③へ続く

「プログラムの充実がすごい!」「完璧です!」感動の反響続々! 女性限定 10/20ー25 5泊6日バリリトリート!感想①

涙と笑顔が一杯の中大好評のうちに幕を閉じた春のバリリトリート ショートバージョンに引き続き,10/20−25に女性限定の6日間のバリリトリートを無事終えることができました。
ご参加の皆様ありがとうございました!

大満足の声をたくさん頂き,感動のフィードバックが続々と寄せられました。

みなさんの承諾を得て感想を以下に掲載させていただきます。
(プログラム内容や個人的な部分等は一部伏せさせて頂いております。)

ちなみに,2020年もバリリトリートを2回開催予定!
まず4日間のショートヴァージョンは5/31(日)~6/3(水)に実施!
5/30前泊込みで実質4泊,男性のご参加もOKです!

今度の新たな会場はこちら!↓

詳細はこちら

また,今回同様の6日間ロングヴァージョンは女性限定で秋に実施予定です!
詳細は春以降に公開しますので,どうぞお楽しみに〜

*****今回のリトリートで特に良かった,心に響いた点・内容は?

「すべての時間が充実して思い出深いです。
強いて言えば、特に心に響いたことは「私たちのヨガのプラクティスは、~」ということ。なんと実践的、実用的なんだ!と肚落ちしました。
本来備わっているはずの力に気付き、目覚めさせることかなと私なりに解釈しました。 それは、エミリーの言葉でいう「~」にも通じます。
それから、聖水沐浴も大変貴重な経験でした。 神聖な空気と水に包まれ心が震え、沐浴後は本当に清々しい気分で生まれ変わった気がしました。」

「一人一人がそれぞれの心の中にあることをシェアできる点。
年齢、職業、仕事をしている/いない、既婚/未婚、子供がいる/いない、など立場や置かれている環境は異なっても、シェアし、聴くことで、お互いを尊重し、どこか共感し、つながれるところ。」

「特定のプログラムが良かった、というよりも、 あくまでも全体の流れの中において、個々のプログラムが相乗効果を生み、それらが積み重なって大きな効果をもたらしてくれた感じがしました。
リトリート中のどの瞬間も素晴らしかったと思います。
別に特別なことをしなくても、ただ仲間とサークルを囲み、否定のない安心した環境で、 ゆかりさんという信頼できるガイドがいて、身体を動かしたいように動かして、チャンティングして、瞑想して、シェアリングして、一緒にご飯食べて遊んでいればそれで十分だし、それが一番パワフルなのだと思いました。
終わってみれば、このリトリートが私にもたらしてくれたものはとても大きかったと感じますが、それは何より、6日間という比較的長い時間、上記のようなパワフルな環境に身を置いていたからだと思います。
その「時間」がなくては潜り込めなかったであろう、タッチできなかったであろう、自分の深い内側を観られたこと、それが何より有難いことだったと感じます。」

「沐浴です。
初めての経験で恐れ多い感じと、おおいなる自然に包まれ慈愛に癒されるような感覚になり、感謝に震えるようでした。
その後のスッキリ感、浄化されたようなクリアな感覚は鮮明に記憶に残りました。」

「全部どれも素晴らしかったです。
女性だけのリトリートということで、女性だけが感じていることを中心にシェアが出来たことが特に良かったです。
特に女性の妊娠、出産については私自身問題を抱えてたのですが、いろいろな経験を聞いて心に響き、本当に心が軽くなりました。EmilyのWSも私にとっては絶妙なタイミングでした。
“~”ということをすんなり受け入れられました。
前の日ブレスワークで子宮で感じられたからだと思います。
子宮で感じるのは知っていたけど、色んな話を聞いても、今まではなんでか分からないけど腑に落ちず、、、今回は腑に落ちました。
女性だけということが、とても大きかったのかもしれません。
それと一緒に過ごしたみんなだったからこそ話せたのかもしれません。
すごく素敵な体験でした。」

「全てが良すぎて答えられないというよりまとめられない。
やっぱり ウブドの自然の中に身を置いて
風を感じ 緑を観て 太陽の輝き、温かさ
雲の流れ 自然がもたらしてくれる幸福感。
その中で みんなと過ごす濃厚な時間。
あー生きてるな~幸せだな~安心する~
あの時 味わった感覚を思い出すとまた涙出てきます。
頭で考えるのではなく、ハラで感じること!を大事にしていきます。」

「あたたかな気候と美味しい食事。
サークルを囲む度に、その時の自分をシェアして、相手の話をただ聴くことが、「そのままの自分でいい」と感じられたこと。
今思い出すと、シタール演奏の中でのリラックスヨガが、一番安堵して、わきあがる気持ちがあっても「~」ができて心地よかった。
音の中に身をゆだね、風や光を感じられたのが一番良かった体験でした。
聖水沐浴は、儀式も素晴らしく、沐浴した後のスッキリ感が半端なく棚田での朝ごはんと共に爽快でした。」

「聖水浴(あの場所・あの水・あの流れの力で穢れを落とす実感がありました)
そして棚田の風景、朝のマラウォーク(清々しい空気に包まれて一歩一歩がとてもありがたく幸せに感じました)」

「日本に戻って何度も何度も思い出すのは「~」です。
~な職場にいたので、身にしみついてしまった~を、もう一度見つめ直すのはとても貴重でした。
~をしなくていい(本当に実践できたら)と思ったら今までの悩みの98.7%解決するような気がして、鬼に金棒状態じゃんとちょっと自信になりました(笑)。
金棒をつかみたいという目標?のようなものができて、これからの自分が楽しみになりました。
また、論理人間の私にとっては、「~」というのがとーーーっても分かりやすい説明で、目からウロコでした。
リトリートのハイライトはyoyoの演奏するシダールの音色の中で瞑想したときのことです。
どうやってあそこに行ったのか、ほんとにそこにいたのか、戻りたくても戻れない、幻のような瞬間です。
あのとき、ゆかり先生の手が私の肩に溶けていきました。
魔法学校で、ホウキに乗っちゃった瞬間でした。もう一回味わいたい…。
もともと「セルフラブ」は個人的に人生の大きなテーマだったんですが、ゆかり先生がそれを「~」と訳したときに、不思議なくらいストンと腑に落ちたのです。
「~」という二文字がするすると「腑」に吸い込まれていくように、「そうそう、それ!!!」とパズルのピースを見つけた気分でした。
ゆかり先生は「あなたの準備ができたときに師に出会う」とおっしゃいました。
あの6日間の中では実感できなかったんですが、帰国して振り返ると「なるほど、自分にとってとてもパーフェクトなタイミングだったのでは…」とジワジワ思います。」

「温暖な気候かつ、ヨガの聖地とも言うべきバリで心身ともにリラックスし、新たなエネルギーをもらうことができた。」

*****このリトリートの中,あるいはその後も含め,何か変化は?

「100%ワクワクのつもりでリトリートに臨んだはずが、途中から予期せぬモヤモヤが心を占めるようになって、これはきちんと向き合えというサインだなと思いました。
プライベートセッションで今まで気付かなかった肚の声に気付いたり、それをきっかけに日に日に「いまここ」の意識が高まり、内側が満ちていく一方、不安や孤独な気持ちはいつのまに消えてました。
水と風と太陽と一体となれる環境、否定もジャッジもない、女性だけの安心できる環境が、私の心を開き行動を起こさせたのかもしれません。」

「リトリート中は、参加者の皆さんとともに自然に包まれ、穏やかな気持ちを味わいました。
同時に、今後の人生で、自分のやりたいことを一つ一つ積み重ねていこうという気持ちが固まっていきました。
私自身は、ヨガが生活のベースにあることで、急に劇的な変化が訪れるというよりは、時間をかけて少しずつ 自分の考え方や見方が変化していっていると感じています。
リトリートから日常生活に戻り、これからどのように毎日の生活を送っていけるか、時間をかけて見ていきたいと思います。」

「変化は色々とありましたが、 自分以外の誰かとつながっている感覚を得られたのは特に良かったなと思います。
あのサークルの中で自分が受け入れられ、その一員になれている感覚。 独りではない感覚。 誰かとのつながりの中で安心して自分の身を委ね、晒し出す感覚。
自覚できた範囲でも多くの気づきを(それも深いレベルで)得られたなーと思いますし、無意識レベルで、気づかないうちに流れ落ちていったものも沢山あったのだろうと思います。
帰国後は、身体が新しいエネルギーに順応する作業が行われているようで、 ひたすらぐったりしています(笑)」

「チャンティングしたり、説明を受けた~が身近になり、~目線で~する事が増えました。
それにより、現象の受け止め方や価値観が広がり、愛と強さが深まりつつあるような気がします。
また、日常生活のなかで、感動して感謝するシーンが増えました。」

「リトリートに行く前から、私の問題は”~” ~なかったこの事が、ずっと小さな棘が刺さっているということは分かってて、それをどうにか俯瞰できるようになりたいと思ってきました。
もちろん諦めた直後よりは、ずっと明るくなりましたし、前の私に戻ってましたが、何かがあると出てきてしまい、それに対しての受け取り方に落ち込んでました。
2日目のブレスワークをして結構濃いお話をさせてもらってしまいました。
私の中ではもう少し日にちが経ってから、みんなの前で言えるのかなと思っていたのですが、こんなに早く言えるとは思っていなかったです。
でも、言っても良いと自分にGoサインをすぐに送れた事が変化の始まりだったと思います。
それからは湧き出る自分の思いと感じたことを言いたいと思い話すようになりました。
上記にも書きましたが、EmilyのWSが絶妙だったので、奥の奥で感じてた事出て、驚きと新たな気付きを体感できました。
その時点で少しすっきりしたので、日程が短くても充分なのかもと少し思いましたが、その後、ヨガクラスをやって、また気付きが出てきて、「こんなのもあった!」といっぱいになりました。深化している話を聞いた時は「あーこれで良いんだ」と心底思い、「大丈夫だ、私」と思えるようになりました。
また、これからもこれらの感情が揺れ動くことはあると思いますが、~に問うこと、それは~を信じることに繋がり、揺るぎのないものだと感じ、揺れを味わう事が、以前より軽やかにできるのではないかと日にちが経って強く思います。
その場面になった時の私に会うのが楽しみになってます。
帰国直後からずっと、昼間は尋常じゃない睡魔が襲ってきて、夜は早い時間でぐったりしてました。
先週までは何にもしたくなく、状況に慣れなかったです。」

「日帰りリトリートを含めて今まで3回リトリートに参加しててこれまでは、日頃の感謝を家族に向けてしていて改めて家族のありがたみを感じるためにリトリートに参加していたな~と感じました。
確かにそれも間違いではないと思います。 シェアリングの時もそのようなことを話していました。
だんだんとみんなとシェアすることによって今回のリトリートは私自身のためのリトリートだと強く思えました。
あと、シェアリングの中で~さんのおかげでここにいられる。と話していたことに帰りの飛行機の中で違和感を感じて~さんに聞いてみたりして、 私は、飛行機の予約から手配するもの~さんに全てやってもらい、申し訳ない気持ちを抱いていた。
でも ~さんは 全く大変だとかなんにもそんな感情はなく、私と一緒にいたかっただけだからと言ってくれました。
出来ないことは出来る人が補ってくれるからそれでいいのだ~と気づく。
頼ったらダメは母カルマだった。
わたし 今までドラえもんののび太くんがきらいでした。
ドラえもんに頼りっぱなしで自分でなんにもやらないからイライラムカムカ…
それが最近のび太くんの生き方もいいな~と思えます。怠け者になりそうだけど笑
リトリート終わり、ランチしていた時悪い知らせをラインで受けとり、ショックを受けました。
しばらく受け止めてられなかったけども ~を歌い、私は、~だと思うと気持ちが楽になりました。
次の流れに乗れば良いのだと…
以前まででは考えられない心の変化です。」

「日常と切り離されて自然の中で過ごしているにも関わらず、私にとってはかなりヘビーな毎日でした。
毎日のアップダウンが激しく、正直とてもしんどかった。。。
リトリートの中ではアップダウンがありながらも、「~する感覚」「シェアリングのもつ、~ている感覚」「~の自分に戻る感覚」「~を感じてその中に溶け込む感覚」などを感じられました。
2週間経って、混乱は加速していて安らぎがありません。
日常に戻った時、体感や感覚が思い出せず、思考にぐるぐる巻きになっている。」

「落ち着いた幸福感に包まれました。
帰ってから会社の同僚にきれいになったと言われ嬉しい限りです。」

「リトリートを終えてじわじわと、特に友人たちと接する中で「私変わったのかな」と気づきました。
「何が変わったか」と問われるとうまく言葉にできませんが、エネルギーに少しだけ敏感?になった気がするのです。
例えば、前の私だったら我慢していた場面で「ここはエネルギーが合ってないから離れよう」と思えるようになりました。
それはリトリートで、「~」の練習を教えてもらえたからこそだと思います。
「理由は分からないけど、多分腹の底で行きたい方向はこっちだな」という選択の仕方をしたら、毎日がすごく楽になりました。
本当はずっと前から体の奥で声が湧いていたのかもしれません。
でも、ずっとその声のすくい方を知らずに、空耳のようにやり過ごして来ちゃったのかなあと思うと、自分を労わりたい気持ちが溢れてきました。
私自身の「体の声」や「心の声」を~を介さずに~したいと思います。
また、如実に現れた体の変化がお通じです!!!!
そこまで深刻ではなかったですが、思春期からずーーーーっと便秘気味だった私が、リトリート後は、毎日朝ごはんのあとにお通じが来るようになりました。
こんなの人生で初めてで、滝行よりも神秘体験でした。
(日にちがたつにつれ、魔法が解けたように元に戻りつつありますが…笑)」

「毎日夜のチャンティングが新鮮で感動的であった。
声を出して唱えることで内からエネルギーが沸き出てくるような感覚を覚えた。
音階もとても自然で、はじめてのチャンティングが多かったけれども違和感なく唱えることができたことは驚きであった。
聴くだけでなく、チャンティングをスムーズに唱えられるようにチャレンジしたい。」

*****このリトリートへの参加を決めた理由は?

「ずっと前から行きたいと思ってましたが、仕事の都合上、休暇が難しい時期であることが懸念でした。
けれど冷静にみると、休暇を取ることで周りに迷惑かかるのではなく、周りからどう思われるかを気にしているだけと気付いた瞬間、休暇宣言の覚悟はできました。
すると不思議なことに、10月に入ってから自分の業務分担が変わり、リトリート前に大きな仕事を終えてすっきりした状態でリトリートに臨むことができたのです。
今となっては、こういう流れになるのは必然だったんだなと感慨深いです。」

「ゆかりさんが、数年越しで計画されていたリトリートなので、ぜひ参加したいと思いました。
バリという自然豊かで神様が生活と密接にかかわる地で行われることも魅力でした。
今年転職する前までは、まとまったお休みが取りづらかったのですが、新しい仕事に就き、自分でスケジュールをコントロールしやすくなったので、6日間日常から離れ、ゆっくり自分を見つめる時間を持ちたいと思いました。」

「春のバリリトリートに参加された方の話を聞いて、そんなに良かったのかあ~と興味を持ったこと。
Emilyに会いたかったこと。
自分の奥底に眠る重ーい足枷のようなものをずっと感じていて、リトリートの効果が高いのは知っていたので、バリという力の大きい土地での長期間のリトリートなら、その足枷が外れるかもしれないなと思ったこと。」

「人生の大きな転機を前に、自分に向き合い自分を整えるのに絶好のチャンスだと思ったので。」

「バリは今まで行ってみたいと思わなかったのですが、nidaのHPを初めて見て行ってみたいと思ったからです。
実は、母の実家が寺院なのですが、最近建て直されて私の部分の色んな事が繋がっていることを知りました。バリもその一つです。
申し込みをしてから思い出したのですが、住職だった祖父はヒンドゥー教(バリ)の寺院を見たい、行ってみたいといっていたので。
それを思い出したら余計ワクワクしてました。」

「行きたかった!貸切プライベートヴィラ!プール付き
行ってほんとによかった!決心する前は、不安が大きかったです。
1人でなんか行けない。怖い…でも、 行きたい方が次第に大きくなってました。
~さんが一緒に行きましょ!と言ってくれて 心強く、不安がなくなりました。ただただ感謝。」

「9月10月と自信喪失と不安を抱えたまま日常生活を送ることに限界を感じていて、ジャッジされることなく、自分の不安や自信のなさをそのままでいてもいい環境に居たいと思ったこと。
nidaにはそれがあり、バリというゆったりとした時間に身をゆだね癒されたいと思ったこと。
そしてその不安や自分が空っぽに感じていることを手放して新しい感覚を内に感じたいとおもったこと。」

「4月のリトリートに参加してその凄さを体感したので10月も絶対行くと即決してました。」

「たまたま魔法学校に迷い込んでしまいました…(笑)
ヨガやれて、バリ行けるならラッキーくらいの気持ちで参加しました、すみません。
nidaの生徒さんで、参加したくてもできなかった方がいらっしゃったはずなのに、自分のような新参者にはもったいない贅沢な時間でした。」

「yukari先生のリトリートを経験したかったのと、バリで1週間という十分な時間と多彩なプログラムが魅力的であったため。」

・・・感想②へ続く

大反響!Emily Kuserと過ごす「魂を満たす」女性のための一泊リトリート in 鎌倉 「笑ったり、泣いたり、生きている実感を得た2日間でした!」感想④


感想③の続き


*****このリトリートはどんな人にお勧め?

「年齢や生き方に関係なく、女性に受けてもらいたいです。」

「女性性について、子宮や性について知りたい。
または、この文字を見て、なにか気になったり、変わりたい・解放したいと思ってる人。」

「リトリートの案内を読んで、何かが引っかかった方。
ご自身が女性であることに向き合ってみたい方。
職業や肩書き、普段背負っている役割などから離れて、ただ一人の人間同士として付き合える仲間と出会いたい方。」

「素晴らしい内容なのであらゆる方にお勧めしたいとも思う一方、ある種の「秘密」を共有しているような感覚も大事にしたいので(笑)、大切な友人にこそお勧めしたい、という感じです。」


「他の人にもおすすめできます。でも私が声を大にしてとか、詳しくおススメするのはちょっと違う。
「とっても素敵なの」と伝えた時に、縁とタイミングを掴んで、nidaに足を運んだり、Emily、yukariさん、Naoさん、cayocoさんに会いたいと行動する人、リトリートに参加することを選ぶ人に、このリトリートをお薦めします。」

「女性って何?って感じの人。」

「個人的に 職場の女性 同年代の方。
子宮内膜症を患い激痛を痛み止めで痛みをごまかしながら仕事をやっていて、他の人に迷惑かけるからと、外向きを気にしていて内面をみていないな~もっと子宮と会話してほしいと思う気持ちから。
家庭のある女性の方は、是非参加してほしいと思います。
自分自身と向き合う時間がない、少ないと思う中 1人の女性としてじっくりと自分に向き合える贅沢な時間を味わえます。
エミリーの行なっている女性のための深いワークショップは、世界でもっと広がるといいなーと思います。
若い子から男性にも女性のこと知ってほしいし、これから社会も変わっていくべきだと思った。」

「特に女性性に特化した内容なので、それがテーマの方に。
運動量も少ないから、普段ヨガしていない人や、年齢も問わず参加できる間口の広さが良いと思いました。
事前にもう少し内容が分かってたら声がけできる友人もいたなぁと感じました。」

「女性のためのとおっしゃってましたが、むしろ男性も聞きたい内容だなあと思いました…特に、4つのシーズンを持ってるからこんなにも女性は変わるんだよ。という内容とか……。
ただ、わたし自身がこのリトリートを人におすすめする時、どうやって説明しよう……とまだいい言葉が見つかりません…。」


*****その他,Emilyやyukariへのご意見・ご要望,メッセージ

「今回のリトリートでは「学び」と「癒し」が別々の要素ではなく、「学びこそ癒し」「癒しこそ学び」というような、
学びと癒しの統合感、学びと癒しは、吸う息と吐く息の関係のような、互いに切り離せない関係性にあることを感じました。
素晴らしい場をありがとうございました。
1年位前から「休むこと」や「女性性」と向き合うことが、私の日常の中で非常に現実的な、そしてyoga的な取り組みになっていましたので、最高のタイミングでこのリトリートに参加できたように思います。
またの機会を心より楽しみにしています。」

「>Emily 
2年前 初めてワークショップに参加してから会うだけで涙が止まりません。
愛に満ち溢れていて全てを受け入れてもらえていて幸せです。
ただただ 同じ空間に居るだけでパワーを感じます。
英語に自信がなく、喋ることができなかったけれど、同じ時間を過ごせたことに感謝致します。ありがとうございました。

>yukariさん
この2日間貴重で楽しくて私こんなことしてもいいんだ~。
この安心感と開放感を体感することが出来ました。幸せな時間をありがとうございました。
私リトリートは苦手だと思っていたけど 大好きになりました。
たった2日間でしたが、あまりにも充実しすぎていたため、月曜からの感覚が違っていてもっと休んでいたような気分でした。
なんて言っていいかわからないけど、ゆかりさん凄い!
あれだけのことをやって通訳して言葉をわかりやすく伝えて頂き、ハルモニウム弾き歌い口が休まる時がなかった。
喉大丈夫なのか?と思ったりして笑
Emilyとyukariさんのお二人の信頼関係が素晴らしくステキなお2人でその輪に参加出来たことありがとうございます。」


「Emily、ゆかりさん、このリトリートを開催してくれて、本当にありがとうございます!
リトリートが終わっても、お二人の存在、一緒に参加したクラの存在を近くに感じます。
ゆかりさん、来月のnidaリトリート、どうぞよろしくお願いいたします!!」

「私にとっては新しい自分発見が色々あって有意義なリトリートでした。
親密さを大事にされているEmilyとYukariさんに心から尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。」

「私を正しい道に導いてくれたゆかりさん、魂のこもったパワフルな言葉でインスパイアしてくれたエミリー に感謝の気持ちでいっぱいです。
私を巡る旅を続けるなかで、少しずつ変化を感じ始めてますが、今回のリトリートは大きな転機になったような気がします。
今までできなかったことを悔やむよりこれからの可能性にわくわくします。
本当にありがとうございます!
そして、これからもよろしくお願いします」

「今回のリトリートでは、kulaの有り難さをめちゃめちゃ実感しました。
参加人数が多かった分、全員の前でのシェアの時間はそんなにありませんでしたが、
その分、休み時間などにkulaの皆さんとシェアし合ったり、何も話さなくてもただハグし合ったりすることで、流れ、癒され、救われた瞬間が多々ありました。
まるで子どもに戻ったようにわいきゃいと騒ぐのもとても楽しかったし、気がついたら素の状態に随分と近くなっている自分に気づいて驚いたりもしました。
yukariさん、
素晴らしいkulaと出会う場を作ってくださって、Emilyに会わせてくださって、そしてプライスレスで深淵なヨガの智慧を学び、体感する機会をつくってくださって、本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。」

「想定外で、衝撃を受けました。
社会で働くうちに、知らぬ間に女性である事を忘れていた自分に気付き愕然としましたが、気持ちを切り替え、これからの女性としての人生を大切にしたいと思います。」

「あふれでるEmilyの優しさと包容力とそのユニークな導き。
yukariさんの企画力・行動力そしてきめ細やかな気遣いと愛情。
毎食あの人数分丹精込めてお料理を作ってくださったcayocoさんとNaoちゃん。
スタッフそして参加した仲間みんなに心からの感謝と敬意を捧げます。
あの場に参加できたことに本当に幸せを感じています。」


「今回も素晴らしく豊な時間を提供していただき、ありがとうございました。参加者の方々、いろんな背景も状況も年齢もフェーズも違う女性の集まりなのに、シェアしてシェアされる体験が「安心して安全である」と感じるし、大きな気づきになる。ウーマンズサークルのエンパワメントを実感しています。
女性だけに限らず、nidaにはそのパワーがあると思う。
<わたし>をめぐる旅も少しずつ参加します!楽しみにしています!
ご縁のあったみなさんに、感謝しています!
2日間本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。」

「参加者が多く、なかなかアレンジとか色々大変だったのかな~と思いました。
そんな中全てを滞りなく気持ちよく過ごせる環境を作っていただきありがとうございます。
またEmily にも会いたいです!」

「念願のエミリーさんのワーク、体験できてとても嬉しかったです!エミリーさんの笑顔を見てるだけで幸せになれるのがすごい!エミリーさんの存在が愛ですね。
この素晴らしいワークのために来日してくださったエミリーさん、実現してくれたゆかりさんに心より感謝です。
かよちゃん、なおちゃんにも。あの場を共有しくれた参加者の皆さんにも。そして送り出してくれた家族にも。
たくさんの愛に溢れた温かな、豊かな二日間でした。ありがとうございました!
ここで私が受け取ったものを、日々の暮らしの中で拡げていきます。」

「エミリーやゆかりさんと一緒に鎌倉ですごせてうれしかったです!!
また来年も会いに行きます^^」

「日本で、日本語でこのような素晴らしい機会を作っていただき、ありがとうございました。
お二人に出会えて、今回も参加できて、凄くラッキーです。
これからどんどん変化されると思いますが、また参加したいです。」

「リトリート、頑張れば参加できるとわかったのでまた参加します!
また、nidaの方にも伺います!まだわたしのめぐる旅が終わってないので…少しずつ参加していきますね!」

「リトリートに参加できて、ほんとうによかったです。
ほんとうに、なんというタイミングだろうと驚いています。
この機会を与えくれたゆかりさん、エミリー、参加された女性の方々、家族に、ほんとうに感謝します。ありがとうございました。」

大反響!Emily Kuserと過ごす「魂を満たす」女性のための一泊リトリート in 鎌倉 「笑ったり、泣いたり、生きている実感を得た2日間でした!」感想③


感想②の続き


*****このリトリートへの参加を決めた理由は?

「絶対に何かが起こる!愛に溢れているEmilyにまた会えるから
cayocoさんとNaoさんの贅沢コラボな食事」

「去年のエミリーWS,リトリートがすごく良かったので、今年の開催の連絡がきたとき、すぐに行く!って決めました。」

「ゆかりさんが師事する、Emilyに会いたい。ゆかりさんのやるリトリートに行きたい。ブレスワークやりたい。」

「楽しそう! の直観」

「エミリーが好きだからWS全参加を最初から決めてました。」

「去年の日帰りリトリートを含めて今までnidaで参加したものは全て良かったので
今回のリトリートも絶対良いと確信していたから。」

「yukariさんが敬愛する女性、Emilyに会ってみたいと思ったこと
5月のリトリートに参加前後からの、気づきの相乗効果を継続させたいと思った」


「昨年Emilyのリトリートに参加したみんなが楽しそうだったので。
東京を離れて鎌倉でというのも海を想像して、楽しそうと思いました」

「Kulaの仲間たちと2日間過ごしたかったからです。」

「何度となく話を聞いていたEmilyに会ってみたかったこと、できれば親密な関係を築ける機会が良かったこと、
cayocoさんとNaoさんがすべてのお料理を担当してくださるということ、
「女性」という視点で自分と向き合ってみたかったこと。
yukariさん主催で、Emilyのリトリートで、cayocoさんとNaoさんのごはんで、
いつもnidaでご一緒している濃ゆいkulaの皆さんが少なからず参加する1泊2日なら、
超贅沢だしまあ行けば絶対に楽しいし何かしらそのときに必要なものを得て帰るんだろうなあ、という確信に導かれての参加でした(笑)」


「前回のリトリートで、海をみんなで見ながらおやつを食べるそんな気持ちや風景が忘れられなくて。
また、めまぐるしくて自分に何もしてやれてないと思った時にリトリートの文字を見て慌てて休みをお願いしに行きました。
諦めずにキャンセル待ちしてよかったです。」


*****今回のリトリートにおける以下の点について,ご感想・ご意見・ご要望


・プログラム内容,スケジュール

「いずれも素晴らしい学びと癒しの場でした。
ゆかり先生の通訳によって、Emily先生の「思い」をまっすぐに私たちが理解できるメッセージとして受け止めることができたと思います。
セッションの中では、「女性のためのヨガ」で紹介していただいたシークエンスが子宮そのものになっていくような曲線的な動きが美しく、繰り返すごとに「受容する力」を花開かせてくれるようで印象に残りました。」

「Emilyの存在が、本当にパワフルでした。
スケジュール、忙しすぎなくて良かった。
ゆかりさん、運営から通訳まで、本当にたくさんのことをされていて、それでも焦っている感じが全然なく、とっても落ち着いて、見守っていてくれていたので、それがとても心地よかった。」

「内容たくさんではありましたが、振り返る時間や人との物理的距離もそこそこあり、スペースがあって無理なく自分の内側を掘れた感じがあります。」

「全てにおいて素晴らしかった。
キールタンでは、腹から声をだしみんなの声と一体感があり、終わったときの気持ち良さが良かった。
フリータイムでも シェアしたりして共感できて涙もでたり笑ったり共有し合えたことでグッと近くなりなんでも話せるようになった。」

「すべてのプログラムに大満足です。贅沢で幸せだなぁと何度も思いました。
セッションについては特に女性のからだのしくみ、リズムについては次世代にも伝えたいと思ってます。」

「Emilyは話に聞いていたとおり、本当に不思議な力を持った女性だなあと思いました。
一緒にいるだけで相手の何かを融かし、引き出し、光へと導いてくれるような感じがしました。
リトリートのプログラムはとてもよく計算され、無理のないように組まれ、またスムーズに運営されていて素晴らしいなと思いました。
フリータイムの時間もちょうどよかったです。
yukariさんがお一人でずっと通訳し通しなのは、大変そうだなあと思ってしまいましたが・・・yukariさん、本当におつかれさまです!!」


「yukariさんの同時通訳、すばらしいです。
何の違和感もなく、Emilyと過ごすことができました。
キールタン、歌詞もメロディーもまったくわからずでしたが、思考であれこれ考えず、耳で聴いて心に響く音やひびきを味わってみました。
キールタンの時間があって、より心の中の余白がふくらんだ気がします。」

「女性のサイクルについて学べたのは有意義でした。
メモが取りやすい環境の方が良いかなと思いました。
ブレスワークは参加者が多かったのに、場の雰囲気が落ち着いていて、良かったな~と思いました」

「内容も場所、ごはんも、満足です!静と動のバランスもよく、生活を共にしたかんじがあって、日帰りでもかなり充実度が高かったです。今度は宿泊参加してみたいなあーと思いました。」

「あっっっっと言う間に終わってしまったので、ものすごく楽しかったんだと思います。
まだ余韻が身体に残っていて、ずーっと流れていた音楽も購入して(笑)日々流しています。
わたしは英語が本当に苦手なのですが、yukariさんの通訳は流れるように違和感なく耳に入ってくるのでとても嬉しいです。
今度はちゃんとEmilyの言葉を直接聞き取れるようになりたいと思います。
キールタンも初めてだったので最初は戸惑いましたが、するすると伸びてくる歌声が金色の糸のようで、それがだんだんと紡がれて太くなっていく感覚がとっても綺麗でした。
最後には大木になるんじゃないかって思ってしまうほどに。
伸びやかなエネルギーがいつまでも自分の中にいて、根拠はないけどこれからの自信へと繋がりました。」

 
・食事

「めちゃめちゃ最高‼︎
なんて贅沢な!幸せなお食事をありがとうございました。」

「かよこさん、なおちゃんのごはんが本当に本当においしくって、優しくって、自然と笑顔になりました。
リトリートに来てくれて、本当に感謝です!」

「お二方と素材がもつエネルギーあるお食事を作っていただき、美味しかったし、うれしかったです♡そして見た目にもかわいらしさもあってとても満足です。」


「最高のご飯でした!かよさん、なおちゃん、筋肉痛、睡眠不足になるまで頑張ってくれて感謝です!」

「最高です!いつにもましてエネルギーに溢れ、美味しく元気が湧いてくるお料理でした。
まさに「一皿の宇宙」。
その小さな宇宙を身体に取り込むことで個々の空腹が満たされるだけでなく、
食事のビフォー/アフターで空間そのものがなにか決定的に変わってしまう(笑)。
食事を通してかよさん、なおさんの「女神性」を存分に感じられました。」

「cayocoさんとNaoさんに4食+おやつを作っていただけるなんて、めちゃめちゃ贅沢!!幸せすぎました。
美味しかったのは言うまでもありません。
お二人とちょこちょこ会話できたり、最後にサークルを一緒に囲めたりしたのも嬉しかったです。」

「愛情たっぷりのお料理を頂き、美味しくて、なんとも言えない感動と感謝に包まれました。」

「満足というだけでは言葉が全然足りません。最高です!幸せを思いっきり味わいました。」


「素晴らしかったです。心のこもった食事とセッティング。
バジルの入ったお味噌汁のさわやかさが忘れられない。
5月リトリートの後にcayocoさんのレッスンに参加したのと相まって、美味しさが体にストーーンと入ってきました。
毎日あんな食事をいただけたら幸せ。
それを受け取ることを身につけた気がします。
Naoさんのお料理も、今回の帰国中には残念ながら他で伺えずですが、また機会を得たいと思います。」

「とても良かったです。
なおさんとかよこさんがバタバタしていて、大変そうなのが気になりましたが、全ての食事を用意して頂けるのはとても楽でしたし、贅沢でした。
おやつも美味しかったです。」

「なおちゃん、かよちゃんの心のこもったごはんが染み入りました。
二人のごはんがそれぞれの旅を見守ってくれている、、そんな安心感がありました。
まさか、朝ごはんまで用意してもらえるとは思ってなかったのでびっくり!!おやつも美味しかった!」

 
・参加費

「値上がりしちゃうと困っちゃうな~ですが値段以上の内容です。」

「内容を考えると適正だと思います。」

「正直、もう少し金額が低かったら、とも申し込みの時に思いましたが、実際受けてみて、盛りだくさんだったので、この金額を支払えて満足です!」

「参加しやすい金額ですが、内容を考えると安すぎなのでは、、と正直感じました。」

「あまり覚えていないですが、人数が多い分ちょっと薄まる感じはしました。」

「妥当だと思います。」

「即決できる参加費なので、裏方で頑張っていただいてる、yukariさん自身も価格に見合った負担なのか心配です。」


・・・感想④へ続く