all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」感想1

2018年2月からスタートし,全6回で構成しているall-in-oneヨガワークショップ「〈わたし〉をめぐる旅」。

去る10/14(木)にいよいよ最終回となる「6:When is the time?~わたしを〈解放〉する旅」がデビューしました。

そこで,いわばこのワークショップの初めての「卒業生」が誕生。

そして,涙涙のシェアで幕を閉じた初の最終回を受け終えた「卒業生」たちから,ものすごいフィードバックが続々と届き始めています。

彼女たちの学び・変化のすごさに,正直こちらが驚くばかり…

みなさんそれぞれに思いの丈を惜しみなく書き尽くしてくれた感想の数々を,少しずつアップして行きます。

 
アーサナ,瞑想,哲学,ヨガニドラー,チャンティング…

ここには,わたしが敬愛する先生方から学び続けているヨガのあらゆるエッセンスが盛り込まれています。

「人類みんなこれを知っていたら、きっとすっごく楽な世界が出来るんじゃないかな」との感想をいただいているパワフルなWSシリーズ。

今年のうちにぜひこの「旅」へともに出発しませんか?

 
 *詳細・今後のスケジュールはこちら

 
 
***** WS5回目を終えての感想

 
ゆかりさん、

先日は有難うございました。あの後ワークショップで起きた自分の変化をずっと考えていました。
翌日までずっと泣き続けましたが、それは決して悪い涙ではありませんでした。
まるで浄化されるような、そんな涙だったように思います。

nidaに通い始めた頃には正直そこまで、自分の根底にある何かまでどうこうしようというつもりはありませんでした。
というか、それはもう仕方がないと思っていたから。
ブラックホールのような、自分が何処までも抱えてしまっている心の闇とは共存するしかないと思ってましたから。
起きてしまった事実は変わらないし、誰かを責めても何にもならないしと理解したつもりになって痛みを押しつぶして生きてきました。

でも違うんですね。
プライヴェート・セッション、ワークショップを経てパチンパチンと何かが開いていき、過去と嫌がおうにも対峙する自分がいました。
正直苦しかったです。
思い出したくもない過去に改めて直面せざるを得なくなり、もう一度あの地獄を味わうのか、、そうか、と顔が変形するほど泣きました。

ですが、ユカリさんはやはり勘の良い人、そんな私に早々に気づかれたのでしょうか、言ってくださいましたね。
〜さん、大丈夫ですよ、と。
家主がタントリカで、来ているのは気の置けないクラたちばかりで、皆受け止めてくれる人たちだから、どんなものを吐き出しても、どんなに涙を流しても大丈夫ですよと、言ってくださいましたよね。
有難いなぁと思いながらも私自身はどこからどう説明すればよいかもわからず、もう、流れに任せよう!少なくとも湧いてくる感情を受け入れ、今までのように理性で抑え込むことは止めよう!と。

そうして来た先が先日のあの変化です。
驚きました。

私は何を見て来たのか。
物事には二つの側面があり、マイナスの方にばかり引っ張られる癖は理解してましたが、こんなに見えていない景色があったのか、、と。
そして今までならもう片方の側面に目も向けない自分をさらに責め、どこまでも落ちていたように思いますが、その時の私はただ「幸せだ」と感じただけでした。

今まで生きてきてこんなことはありませんでした。
本当に有難かった。
ゆかりさんにも、あの場にいて下さった方にも、本当に有難いと思いました。

 
*****

 
ゆかり先生

今日は「〈わたし〉をめぐる旅」最終回に参加させていただき、どうもありがとうございました。
なんだか最後のシェアで、ふっと自分の家族との向き合い方を、みなさんに聞いてもらいたくなりました。
そして帰宅してから、それが実は5の「わたしの使命」と繋がっていたのかと思いつきました。
ずっと焦がれていた「母性」、無いのなら作ってしまえ…とお母さんになった気がします(笑)。
そして家族との問題も「なるようになるさ~」と楽観できるなぁと、今回改めて感じました。「諦めている」というより、「委ねている」という感覚です。

全体を通しては、先ほどもお話ししたかもしれませんが、「何かの答えを探しに来た人」が、もちろん私みたいにふっと答えが浮かぶ事もあると思います。
でも「答えなんかなくても、あなたはあなたのままで、すでに解放されているんだよ」と、ゆかり先生に、そしてゆかり先生の背後にいる聖人達に、繰り返し優しく教えられ、赦され、受け入れてもらっている感覚が、とても大きかったです。
「神に委ねる」ことを、いろんなワークから体感として、感じさせてもらった気がします。

改めてゆかり先生のようなグルが存在してくれることを、神に感謝します。
信じて着いて行くと、グルがどんどん現代社会に合わせてバージョンアップしてくださる(笑)。
実はゆかり先生が修行に行かれている間、いつも少し不安だったのですが、その解決策が私の中ではチャンティングになりました。
簡単、便利、チャンティング(笑)。
最近チャンティングをしていると、すごく心の平安が保てている気がします。

本当にありがとうございます。
またよろしくお願いします。

2018年9月 仙台ワークショップ 感想3:参加者の声

・・・感想2より続く

***** 30代女性より

こんにちは!
この度はすばらしい体験に出会わせていただき本当にありがとうございます!

これまでの思い込み,気づくことさえしてなかったものに触れることができて,不思議で面白かったです。
あれから,忘れていた記憶がふと出てきて,「あぁ,そういうこと?」と繋がったりしてます。

実は,あの日の帰り道も不思議なことがありました。

2日間の体験にしみじみしながら自宅へ向かうため車の運転をしていました。
通いなれたいつもの道のはずでした。。。
時々,おかしな感覚になるのです。
まったく新しい道を通っているかのようなのです。
あれ?どこ?,合ってる?右と左が,逆になってるような,あれ?曲がるんだっけ?進行方向合ってる?みたいな時間が続いて少し混乱(笑),
結局変なところで曲がったりして,寄り道しながら自宅につきました。

そして,なんとなく思いました。
いつもの同じ道もわたしが少し変わると,まるで違う新しい道にも感じる!
学んだことのおさらいをプレゼントしてもらった気分でした。

そして大きななにかに包まれるような温かさを感じたのでした。
これが安心感なんですかね~

ワークショップで特に心に残っているのは,
ふたをして気づかずにいた悲しみが溢れて泣いたこと。
女性らしさを表現することに強い抵抗感があると気づけたこと。
(これも,後日ふと思い出したことがあり,そうだったんだぁと紐解いていく感覚です。トラウマとコンプレックスでした。)

全体的にみなさんとシェアしながらすすめるスタイルがいいなと思いました!

yukariさんに出会えたこと,yukariさんの声,マントラ心に染みます。
あれからずっと聞いていて,やっぱり落ち着きますね!

cayoちゃんのごはん,向き合う姿勢すばらしかったです。
うちの米があんなにかわいくおめかししてて嬉かったし,それを通してすごく可能性を感じました!

まゆゆ,すばらしい企画をありがとうございます!

きっと必要な人はもっとたくさんいると感じています。
わたしもまた参加したいです。
ぜひよろしくお願いします!

興奮して長くなりました。
では,また!
ありがとうございました。

***** 20代女性より

仕事や予定の合間を縫って,タイミングが合う時間のクラスを受けました。

ヨガ友のSNSを見た時から,何か呼ばれていたのかなと感じるほど,いまの自分へ生き方のアドバイスやヒントが散りばめられていたWSでした。

Anusara yogaクラスは,参加者さんの空気が柔らかく,心地よかったです。

こころのヨガWS実践編では,「〜」―これを聞いて楽になった気がします。
人生で起こることに対して,自分に意味があること,と無理して解釈していたけれど,
「〜」と聞くとふっと肩の力が抜けて,楽しむ目線ができた。
他にもたくさんありますが,あえて1点とさせていただきます。

ヨガインストラクターとしても気づきがあり,とても有意義・幸せな時間でした。

cayocoさんのお弁当も含めて“繋がり”を感じました。

yukariさんの分かりやすく貴重なシェア,素敵な体験をありがとうございました。 
少人数での素敵なワークショップ,また開催いただけたら嬉しいです。 

 
***** 50代女性より

先日は仙台でのWSありがとうございました。

東京でワークショップ1を受け,2を仙台で開催すると聞き,
自然と温泉と組み合わせたら すてきなリトリートになるかな,とひらめき(降りてきた?(笑)),参加を決めました。
〜で麻由さんにお会いしたのも最後の一押しになり,これはもう呼ばれてるな ,と思いました。
ご縁に本当に感謝してます。

復習ぐらいな軽い気持ちでいたのですが,ぐさーっと 刺さり ,Bigな気づきがありました。

感情に執着しないようにしていましたが実は感情に蓋をしていたことに気づきました。
ていねいに自分の内側をみてあげるようにしようと思います。

私はすでに完璧で足りないものはない
何度も聞く言葉ですが,以前はよく理解できなかったし 腑に落ちなかったのですが,ようやく腑に落ち始めました。
「〜」,まさにー!
今回のWS参加と旅にそれを感じました。
主催して頂き本当にありがとうございました。

今回の参加は,WSと自然と温泉と美味しいかよこさんのご飯と地方グルメを合わせたら素敵なリトリートになるんじゃないかなーと閃いただけでしたが,
本来の自分を取り戻したような,とても大きな効果がありました。

感謝しかありません。
いつもありがとうございます。

P.S
〜と温泉入りながらWSのフィードバックやお互いの気になることとか話してとても楽しかったです。
同じようにnidaで学んでるので,自分の友人とはまた違ったやりとりができて,nida仲間は有り難いなぁと思いました。

***************
 

2018年9月 仙台ワークショップ 感想2:参加者の声

・・・感想1より続く

 *ワークショップ内容や個人が特定される内容等にかかわる部分は一部伏せてあります。

 
***** 30代女性より

私たちは日常で毎日ずっと頭を使って過ごしていると思います。
その思考は止まることがない。 意識しないと止められない。
止めようともしないと思います。

ヨガの瞑想のなかで,思考を止めて頭をからっぽにして,自分の内側や肌に触れる外側の感覚に集中したら,
今生きていることの尊さ,毎日休むことなく動き続けてくれている心臓,自分のからだに感謝の気持ちと愛おしさを感じました。
それはまるで自分自身,人間の存在の原点に立ち返ったような感覚でした。

これからも人生の中で迷ったり,悩んだりすると思いますが,
そんなときはここに戻ってくればいい,そんな心の支えを得たような気がします。

本当に貴重な体験でした。
多くの人にこのワークショップに参加して頂きたいです。

 

 
***** 30代女性より

まゆさんと仙台で知り合って,FBで友達申請をしたときに,ゆかり先生のことを教えてもらい,頭の片隅にありました。
2月に仙台でイベントがあったときは,行きたい気持ちはほんのりあったのですが,心の準備が整わず行けませんでした。
徐々にパズルのピースが揃っていくような感じで,今回はようやく参加できました。

哲学の授業から得るものが多かったです!
 
① ヨガの語源が,yuj=結合だということ。
〜とのつながりを感じ,〜の新たな解釈を発見しました。



② 自分の人生がいままで,説明できなかったのが,説明できるようになりました。
たとえば,アルジュナとクリシュナの話が,自分の人生に重なることに気づきました。

すごく個人的な話ですが・・・

実は,私の両親はともに東大卒で二人とも専門と誇りを持って忙しくバリバリ働いている人です。
両親は完全に放任主義で,特に何も言われないのですが(忙しすぎて大した会話をしたことがなかっただけでもあるのですが・・・),
背中を見て育っているので,私は小さい頃から勉強はするものだと思ってしてきて,楽しかったので,自分は東大に行くものだと思っていました。

ところが,高2の最後だか高3のはじめの進路相談で,担任の先生から進路希望を聞かれて,東大に行きたいですと言ったときに,なんで?と聞かれました。
その時に,それまでそういうものだと思ってきたので,あらためて聞かれるとなんでかわからなくなってしまい,そこから勉強に手がつかなくなって,自分が何者かもわからなくなったんです^^;
普通の家に生まれたかったとか,こんな大変な人生いやだと思うようになっていました。
たぶんアルジュナのような心境になってしまったんです。

1年間そうして苦悩しながらもできることはやりましたが,心が見定められてないことが達成できるわけがなく,不合格。

浪人を決めましたが,家にいても落ち込むばかりなので,散歩に出ました。
近所を気力も体力も使い果たしたフラフラの状態で歩いていて,気づくと森というか緑道にいました。

そこで不思議な体験をしました。

木々が母のように感じられて,やさしく抱かれて,大丈夫だよ,自分は自分そのままでいいんだよ。と言われているような感じがして,希望がわいてきて。
そして冷え切った体に,エネルギーがわいてきて。
熱いものではなくて,ほわんと心地よい温かいのものでした。

それからすかさず,これまでの生い立ちや,やってきたことが一瞬のうちに整理されて,気づきました。
そして,真っ暗だった視界が晴れて,自分の進む道筋もわかりました。
自分はこの体験を説明して,世の中に広げたら,みな希望をもって明るく暮らしていける社会にできるかもしれない。
なるほどと。
そういう思いで,もう一度東大を志ました。

っていうのが,18歳くらいのことなので,そこからいま30歳になるまで,まだまだその先いろいろあるんですが・・・
あまり長くなるので,書かないでおきますね。

そこから先も自分でもなんなんだろうなっていう摩訶不思議な人生なので,いままで言葉で人に説明できるわけがなく,履歴書に収まるわけもなく,言ったところで信じてもらえるかもわからず,ずっと悩ましかったんです。

まゆさんの言葉を借りれば,超現実的で。。
それが,ゆかり先生のギュッと要約された哲学の話を聞いて,ようやくこうして言葉にできるようになりました。
自分用にはノート1ページくらいに集約しました(笑)

③ 〜っていうのは,論理的思考から脱し直観を信じること。

そして,これまでの人生で心身に蓄積されたトラウマや傷(最近,ACEっていう研究が気になっています。)を癒すこと,それを繰り返さないようにすること。

その他にもあるかもしれませんが,それらがヨガに集約されているんじゃないかということをいま感じています。

④まぁなにはともあれ,森に行くことが,自分にとってはヨガ!(笑)
 

土曜日にゆかり先生から強力なパワーをいただき,自分には強すぎて,熱が出るくらいでしたが(笑)
その後,聞いたお話しを思い返し,旦那に話したり,レジュメを何度も読んだり,枕元に置いてみたり(笑)
自分の中で消化していました。

結果,ワークショップのその場では整理しきれなかったことが,あとからあとから整理されて,
3日経ってここ何年もの自分の悩みが解けました。

これから先もきっと今回のワークショップが自分に気づきを与えてくれると思いますし,そうしていきたいと思います。

なんだか雑然と長くなりました。。

今回のイベントに招待していただき,ゆかり先生に引き合わせていただいてありがとうございました。
ご縁って本当にすごいものですね。

ゆかり先生,かよこさん,みなさんにもよろしくお伝えください。
本当にありがとうございました。

 

 
***** 30代女性より

『大いなる流れに身を任せる』と,何度も言ってもらううちに,自身の今の想いと重なり,すんなり受け入れられた瞬間があった。

とても良い時間でした。あの場の雰囲気が柔らかく,心地良かったです。

 

 
***** 40代女性より

こんなに良いヨガのワークショップなのに参加者が少なくてもったいないと思いました。

ヨガはエクササイズ的な感じで人気がありますが,最近私は哲学的なところにひかれます。
なのでこのようなワークショップはホントに嬉しいです!

このような機会を作って頂きホントにありがとうございました。

・・・感想3に続く

2018年9月 仙台ワークショップ 感想1:主催者 高田麻由さんより

20018/9/21-23に,高田麻由さん主催で,第2回仙台ワークショップを開催!

東京から,敬愛する料理家のcayocoさんも同行し,すばらしいお弁当も作ってくれました!

 

 
おかげさまで,その後,参加してくださったみなさんからたくさんのフィードバックをいただいています。

東京からいらして参加してくださった方も!

ひたすら感謝です(泣)

 
実は,今後,今年から来年にかけて,美作(岡山),名古屋,そして,再び仙台でも出張WSを実施予定。

 
マットの上でのポーズ以上に,マットの外で,日常を生きていく上で使える

「本質的でありながら,理想論じゃない,超現実的なヨガワークショップ」(by 麻由さん)を

今後ますますさまざまな場所で,たくさんの方にシェアできることを心から楽しみにしております!

 
参加者のみなさまから寄せられた以下のフィードバック,ぜひご覧くださいね。

*****

【20018/9/21-23 第2回仙台ワークショップ スケジュール】


9/21(金)


10:00-13:30

「生き方が自由になるall-in-oneヨガWS
 ~ポーズ・瞑想だけじゃない!誰でもいつでもできる〈こころのヨガ〉の ススメ」
〈基礎編〉最初の一歩 ~生き方が自由になる〈こころのヨガ〉へようこそ! 



19:00-20:30

Anusara yoga オープンレベルクラス(90分)



9/22(土)


9:30-13:30
 
all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる1:Who am I? ~〈わたし〉と出会う旅」



15:30-19:30

「cayocoさんのベジお弁当つき☆ 生き方が自由になるall-in-oneヨガWS 
~ポーズ・瞑想だけじゃない!誰でもいつでもできる〈こころのヨガ〉の ススメ」
〈基礎編〉最初の一歩 ~生き方が自由になる〈こころのヨガ〉へようこそ!



9/23(日)


9:30-13:30
 
all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅2:Where am I going?~わたしの〈意図〉を見出す旅」



15:30-19:30

「ayocoさんのベジお弁当つき☆生き方が自由になるall-in-oneヨガWS
 ~ポーズ・瞑想だけじゃない!誰でもいつでもできる〈こころのヨガ〉の ススメ」
 2. 〈実践編〉 ~〈こころのヨガ〉を生きる日常へ


 
***** 主催者・高田麻由さんによる後日報告

【日常の全てがyogaであり,本質である。
だから,わたしが,それをどう捉え,どう生きるか。
すべては,自分。そしてすべてがPractice。】

 
東京表参道で生き方が自由になるヨガスタジオnidaを主宰するyukariさんによる3日間におよぶ,生き方が自由になるAll in one ヨガワークショップ,終了しました!!

笑いあり涙あり,それぞれに深〜い気づきや発見。
そして,それを受け入れてくれる暖かいコミュニティ。
さらに,一口食べただけで愛が伝わって来るyogaを体現したような かよちゃんのお料理。

 

 
本質的でありながら,理想論じゃない。
超現実的なヨガワークショップだと感じました。

たくさんの人が感想を投稿してくださっているので見ていただけるととても嬉しいです。

身体(感覚や思考も)も,起こる出来事も,すべてが本質につながる扉である。
だから,「良い」「悪い」ではなく,その全てを大切にする。

ポーズや瞑想はそのツールの一つに過ぎず,日常の全てにおいて,yogaを実践することができる。

ていねいにご飯を作る。美味しくいただく。味わう。
温泉につかる。自然を体感する。
悲しい時,嬉しい時,いら立つ時,自分の感情の付き合い方(つかみかた)を変えてみる。

今回のyukariさんのワークショップで,yogaの目的,背景を知ったことで,そのすべてがヨガだと心から思います。

私の言葉で言うと,やるべきことは,
一つ一つのこと(出来事も感情も)大切にすること。
かな。

 
個人的な感想としては(上記も個人的な感想ですが),超複雑なyogaの目的や,人々が5000年もの間考えてきた本質的なことを,4時間で超わかりやすく伝えられるYukariさん,改めてすごい!!

そして,それが単なる精神論じゃない,
日常に使えるヨガ,とっても「現実的である」ことがさらにすごいな,と感じました。

私も。
今回を受けて,これから,どんどん変化していく気がしています。

ご参加いただいたみなさま,本当に本当に,ありがとうございました。

私がこのワークショップを主宰する「意味」というか
「あ,やるべくしてやってるんだな。これでいいんだな」ってことを,しっくり受け入れることができた3日間でした。

 
・・・感想2に続く

 

 

仙台ワークショップに向けてチャージ中

今週末の仙台ワークショップに先駆けて一足早く東北入りしています。

 

 


 

産直市が好き過ぎて,すでにトランクにカボチャやリンゴを詰め込んでいますが…

何か?(笑)

 

 

昨日プライベートガイドをしてくださった美宇さん、本当にありがとう〜!!

 

 

瞬間瞬間すべてが完璧で輝いていて,

神聖さはすべてに宿っています。

ヨガが伝える通り。

 

 

 

 

 

川辺でチャンティングしていたら,

トンボたちがフラリと近くに飛んできてくれました。

 

 

 

 

明日,ここでいただいたエネルギーとともに仙台に向かいます。

主催者 高田麻由さん、お弁当担当 cayocoさんと合流して

三日間のワークショップに臨みます^ ^

東京からの参加してくださる方もいらっしゃいます!

三連休ですから、♨️がてらぜひご一緒に〜!

 *詳細はこちら