「一見相反するものから成り立つ ”ひとつ”」(nida’s newsletter no.4 より)

こちらの記事は,2017/02/10nida’s newsletter 〜 living in the moment -no.4-〜より抜粋して引用したものを以下に掲載しています。

**********

先週,yogaやアーユルヴェーダで言う「五大要素」(地・水・火・風・空)のうちの「地」をテーマに扱いました。

「地」には,他の要素に比べて,安定していて,重く,かたくて,密度が高いといった特徴がありましたよね。

さて,考えてみれば,この「地」に対して「空」では,いわばまるで反対の特徴がほとんどです。

動き回るわけではありませんが,軽くて(というか重量がない),手触りはなく,密度が低い(というか0)わけですから。

でも,思い出してみてください,世界のすべてのものは,このまるで反対のように見える「地」と「空」にさらに異なる水・火・風をも包含している,ということを。

純粋な「地」の要素のみ,というのは基本的に存在しません。
例えば,土を考えてみても,その中には水分も空気も含まれていますよね。

もちろん,わたしたち一人一人も,互いに異なる,相反するようにさえ見える特性を同時に持ち合わせています。

これって,当たり前のこととはいえ,改めて考えてみると,とっても興味深くて不思議だなあと,思うんです。

だって,自分の中にそれが同居していて,しかも,片方が深まると,もう片方がさらに活きたりするから。

例えば,ポーズの中でも,基盤となる部分の「地」が増すと,上部の方では「空」が増す感じがしませんか?

例えば,心が安定して穏やかになるほど,周りの人や出来事に左右されなくなりますよね。
つまり,自分の自由,スペースが広がるということ。

重くなるほど,軽くなる。
安定するほど,自由になる。

美しいバランスって,多分こういうことなんじゃないかなあと思うのです。

相反するように見えるもののどちらかに偏るのではなく,相反するように見えるものが互いに互いを引き立て合うような。

わたしたちには,相反するように見えるもののどちらも必要なんですよね。

呼吸は,吸うことと吐くことから成り立っています。
横隔膜は,上昇と下降を繰り返します。
肺は,拡張と収縮を繰り返します。

波は,寄せては返すことで成り立っています。
木は,葉をつけることと落とすことを繰り返します。
季節は,夏と冬を繰り返します。

相反するように見えるものが,どちらも在ることによって「ひとつ」を成り立たせています。

それは,すべてのものに共通する「本質」の特徴と言われます。

yogaのクラスで唱える「オーム」の音も,まさにそれを示すもの。
Aは「始まり」,Uは「維持」,Mは「終わり」。
「終わり」はまた次の「始まり」。
そして,どちらも繰り返しながら「ひとつ」として続いていく。

わたしの内にある,相反するように見えるものが,
わたしという「ひとつ」を成り立たせている。

相反するように見えるわたしとあなたが,相反するように見える天と地が,世界という「ひとつ」を成り立たせている。

そのどちらも,「ひとつ」の異なる側面なだけ。

yogaのpracticeは,まさにそれを学ぶためのプロセスなのだと思います。

相反するように見えるものから「ひとつ」が,つまりは「すべて」が成り立つ。

それは,当たり前のようで,実はとても深遠で美しいなと思うのです。

======================
こちらの記事は毎週金曜配信のnida’s newsletter 〜 living in the moment 〜より一部抜粋です。
記事全文はnidaのnewsletterのみで掲載されています。
毎週のクラステーマ全文やWS・キャンペーンの先行/限定情報が満載の
newsletterの登録は→こちらから(購読は無料です!)  
======================

「Prithvi ~地~」(nida’s newsletter no.3 より)

こちらの記事は,2017/02/03 nida’s newsletter 〜 living in the moment -no.3-〜より抜粋して引用したものを以下に掲載しています。

***********

そう,そろそろ戻らないとね,五大元素!(笑)

今回は五大元素のうちの一つ,「地」(サンスクリット語:Prithvi)の話を。

yogaやアーユルヴェーダには,世界のすべては,地・水・火・風・空 5つの元素から成り立っているという根本的な考えがあります。

あ,以前からしつこく申し上げていますが(笑)…
純粋な実物を想定するんじゃなくて,その「質」(quality)を見ることがポイントでして。

じゃあ,「地」の質ってどんなものでしょう?
考えてみてください。

たとえば…「地」には,ほかの元素に比べて,

 ・動かない,安定している
 ・かたい
 ・重い
 ・乾いている
 ・粗大
 ・密度が高い

…などの特徴がありますよね。

この「地」の質って,すごく大事だなぁと,
いや,まさにこれが根本だよなぁと,わたしは,日々生きていて痛感しています。

と同時に,いまの日本に生きているわたしたちって,総じてこの「地」が弱い傾向があるんじゃないかなあとも思うんです。

それって,本当に「地」から離れていることとも関連が深い気がしています。

わたしたちは実際に土を踏んでない。触っていない。
アスファルトでも固められた都会に住んでいると特に,土を踏むことがない。
いつも靴を履いていて,(特に今の季節は)室内でも靴下という人も多いでしょう。
裸足で地を踏みしめることなんて全然ない。

…なーんて考えていたら,思い出しました。
『天空の城ラピュタ』のクライマックスシーンでシータが叫ぶことば。

「ラピュタがなぜ滅びたのか、私よくわかる。ゴンドアの谷の詩にあるもの。
”土に根を下ろし 風と共に生きよう 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう”
どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ。」

わたしたちは,本来の在り方からズレた「土から離れた」生活をしていることを改めて思い出させられるのです。

わたし自身,もっと「地」の比重を上げたいな~と感じています。

都会での不自然なくらしに加え,自身の性質として,「火」が強く、知性・ことばに頼りがち。

それは,「悪い」わけじゃありません。
自身の「長所」とでもいうべき特徴であるとも思うのです。

ただ同時に,もう少しことばを少なく,ただどっしりと在る,という「地」の質ももっと上げて行きたいとも思います。

「地」を上げるのには,瞑想や,ゆっくりと動くことなどももちろんいいですね。

それから,わたしはいつも,友人のNaoちゃんが作った天然石のアクセサリーをしているのですが,こういう石のような「地」の性質を象徴するものを身につけたり,身近におくのも一つの手とされます。

タイのトレーニングで,私の先生が,「地」の象徴として水晶を神棚に置いていたのを思い出します。
(でも,あくまでも象徴ですから!石自体は何もしてくれませんから(笑))

あとは,イメージすることってすごくパワフルだと思います。
自身をどっしりとした山のようにイメージして立ってみる,とか(「タダーサナ」ってまさに「山のポーズ」ですね)。

というわけで,クラスでは,
身体の中の「地」のエリア=足~脚にフォーカスして,足の裏から根をどっしりと張り,そこから「地」のエネルギーを吸い上げ,またエネルギーをお返ししたりするつもりで動いてみたりしました。
あるいは,横たわって,自分自身も大きな山の一部であるようにイメージしてもらったり。
その中で,それぞれにどんな感覚・気づきがあったでしょうか?

わたしたちはみなそれぞれ五大元素のユニークな比率で成り立っています。
そこには良し悪しも優劣もありません。

でも,自分の中で何かバランスの悪さを感じるときには,必要な元素を意識してみる。
そして,その力を借りてみる。

「地」の力、その安定感,力強さ,穏やかさ。

わたしたちは全て同じ本質から成り立っているんです。
感謝をもって臨むのならば,きっと力を貸してもらえますから。

yogaやアーユルヴェーダの知恵は深遠です。

あ,これまでの五大元素のお話はこちらへどうぞ~↓

Jala

Akash

Agni

======================
こちらの記事は毎週金曜配信の
nida’s newsletter 〜 living in the moment 〜より一部抜粋です。
記事全文はnidaのnewsletterのみで掲載されています。
毎週のクラステーマ全文やWS・キャンペーンの先行/限定情報が満載の
newsletterの登録は→こちら
から(購読は無料です!)
======================

「未知なる箱を解放する」(nida’s newsletter no.2 より)

こちらの記事は,2017/01/26 nida’s newsletter 〜 living in the moment -no.2-〜より抜粋して引用したものを以下に掲載しています。

***********

先々週,まあ正式には先週からですが,わたしなりに新しいことをスタートさせました。

といってもまあ,せいぜいこのnewsletterの配信ですから…
そんなにたいしたことではないんですけどね…

でも,わたしにとっては久しぶりにちょっと「プレッシャー」とも感じられることでして。

なのになんで始めたか?!といえば…まあ,いつも通りですよ。
思いついちゃったから始めたんです!(笑)

構想自体はもう昨年からありました。
 * newsletterを始めたもうちょっと深い(?)理由は→こちら

そして,今年の年明けに,なぜか一気にスイッチが入り,実質的な行動が加速して,2週間で具現化に至りました。

ところが,わたしおっちょこちょいなので,みなさんすでにご存知のとおり,テスト配信のつもりだったのに,一斉送信ボタン押しちゃって…

もう引き返せないじゃん…みたいな _| ̄|○

まあしかし,とにもかくにも,宣言しちゃった通りやらなきゃいけなくなったわけです…(当たり前)

でも,そのすぐ後のこと。

完全に心の準備ができてないままスタートしてしまったこともあり(笑),
正直,なんかちょっと恐れや不安のようなものが自分の中をよぎったんですよね…

「…わたし,別にすごく
お金があるわけでも 自信があるわけでも 経験があるわけでも 
後ろ盾があるわけでも すごい人脈があるわけでもないのに,なぜこんなことを,

もし自分の心身の調子がほんの少しでも崩れたらだれも助けても,だれも代わってもくれないような氷の上を歩くようなことを,何の迷いもなくやってるんだろうか?」…と(笑)

改めてちょっと離れたところから自分のしていることを見てみれば,ちょっと「フツー」と違うかも,とも。

そのときに改めて気づいたんです。

ああ,yogaは,わたしの奥深くにあった「未知なる箱」を開けてたんだなー…って。

以来,その箱の中に入っていたものが出て来るのが止まらない感じなんです,もうここ何年も。

だって,本来,外からやって来るものなんて一つもないのだから,すべて自分の内側の解放に過ぎないはずだと思うのです。

そして,「小さなわたし」にはそれを止める気がないのです。

「この社会に(無難に)適応する」ためには,もう少しコントロールした方がいいのかもしれないですよね(笑)
でも,無理にコントロールして合わせようとは感じないのです。

かといって,わたしの感覚としては,コントロールし切れないからしていない,あるいはコントロールをあきらめている,という感じでもないんです。

ただ,もっと繊細に気づくことが必要だなー,とは思っています。

内側のことも外側のことも。

(前回お話したように,わたしが気づいていないだけで,相手が耳鳴りを感じていたりすることもあるわけですから…)

気づく練習はしっかり積み重ねる一方で, 時折ふとこんなふうに不安や孤独を思い出したとしても,わたしは意識の解放とその具現化(=行為)をやめません。

yogaのことばを借りるならば,
わたしは,「小さなわたし」の中に現れてくる「大きなわたし」(Shiva)を信じる,と決めているので。

ちょっとした思いつきや欲望,ことばでは説明できないような直感には,奥深くにある未知の箱から湧き出る自分の本質が,チラッ と,あるいは,キラッ と垣間見えていると思うからです。

そのふとした瞬間を逃す,あるいは,見て見ぬふりをする,か?

それとも,そこから流れ星のように飛び出してきたものを見逃さずにとらえる,か?

これ,すごく大きな分かれ道なんじゃないか,と。

わたしは,後者を選択します。
その結果がどんなものであっても(イターい誤送信であっても(笑))

「成功と不成功を平等のものと見てヨーガに立脚して諸々の行為を」する(バガヴァッド・ギーター 2-48)ことを続けてみるだけ。

それは,やっぱり楽しいですから。
わたしにとって,それは喜びですから。

そして,とにもかくにも すべてがそのpracticeだから。

将来起こりうる危険への不安も,現在も振り返れば常に背中の後ろにある孤独も
ぜんぶ気づきながら,持ちながら,同時にそれらを越えた至福に満たされて生きて行くための手立てこそがyogaだと思うから。

yogaは,こんなふうに,あなたの「未知なる箱を解放する」だけの大きなパワーを秘めていると思います。

アーサナ(ポーズ)の先に待つ奥深いyogaの叡智には,きっとあなたの内側奥深くにある「未知なる箱」へのカギがあります。

それを受け入れるかどうかは,そして,箱を解放した後どうするか,も,あなた次第です。

…で,
元素の話の続きはどうしたかって?

もちろん,覚えてますよ!

ちゃんとしますから,たぶん来週こそは…(笑)

======================
こちらの記事は毎週金曜配信の
nida’s newsletter 〜 living in the moment 〜より一部抜粋です。
記事全文はnidaのnewsletterのみで掲載されています。
毎週のクラステーマ全文やWS・キャンペーンの先行/限定情報が満載の
newsletterの登録は→こちら
から(購読は無料です!)
======================

nidaよりお知らせ

今私はアメリカにきています。

*こちらでの様子はInstagramやFacebookにアップしています
こちら
こちら

そしてこれから,今回の旅の最大の目的地であるアシュラムに入ります。

そのため、東京でのクラスは10/9までお休みとさせていただいております。

また,本日より9/26(日本時間)まで,連絡が取れない状況となります。

(現在受付中の,10月のバリリトリート,12月のアンドレアのワークショップの受付案内のみ行っています。)

この期間中にいただいたメールについては,27日以降順次返信させていただきますので,あらかじめご承知おきくださいませ!

12/14-15 初開催!Andrea Boni(アンドレア・ボーニィ)アヌサラヨガ&瞑想 2日間東京ワークショップのお知らせ

ようやく!みなさんに正式にお知らせできる準備が整いました!

イタリアのアヌサラヨガ正式認定者で経験豊かな瞑想実践者でもあるすばらしいヨガティーチャー

Andrea Boni(アンドレア・ボーニィ),初の来日ワークショップ in TOKYO~~!!!

 
実は足掛け2年越しなんです(笑) …ようやく,ようやくここまでこぎ着けましたー!

アンドレアとは,2年前にロンドンで知り合って以来,バリ,イタリアでも何度もご一緒し,親交を深めてきました。

 
彼は,わたしが2年前,そして今年5-6月にも参加したイタリアでの瞑想リトリートの共同主催者であり,また,エミリーのバリでのティーチャートレーニングにおける哲学・瞑想のゲスト講師でもあります。

 
彼は,知識・経験の豊かなヨガーティーチャーであることはもちろんなのですが,とにかく愛に満ちたその存在そのものがすばらしく,いつかぜひ日本のみなさんに会わせたいと思って,2年前から来日をお願いし続けてきました。

 
しかし,彼はヨーロッパ中でワークショップやティーチャートレーニングに引っ張りだこの大人気のアヌサラヨガティーチャーなので,とにかくひたすらスケジュールが合わなかったんですよ~!

それでも,会うたびにしつこくラブコールをし続け(笑),待って待って…

 
ようやく今年の12月,
わたしも再びアシスタントに入るエミリーの11月のトレーニングでバリにいらした後,オーストラリアを経由して,日本にお越しいただく算段がつきました!

世界中にすばらしいヨガティーチャー,アヌサラヨガティーチャーが数多くいる中でも,わたしにとって,彼が他のヨガティーチャーたちと一線を画してスペシャルな理由は,彼が,特別な星の下に生まれた,生まれながらのヨギーだからです。

彼は,非常に献身的なヨギーのご両親の元に生まれ,彼自身も若い頃から瞑想し,さらにはグルのイタリア語通訳もしていたそうです。
アヌサラヨガティーチャーになったのはその後ずいぶん経ってから。
つまり,彼は「普通の」ハタヨガティーチャーではありません。
瞑想を主軸とする真のヨガの道のいわばサラブレッドなのです。

ヨガが深く染み込んだ彼のあり方が,わたしは大好きです。
だから,みなさんにぜひ会わせたい!と思って来たのです。

 
今回実施する12/14-15の2日間のワークショップについて,わたしはアンドレアに,すべてオープンレベルで実施してほしいとお願いしました。

 
アーサナ・瞑想の初心者さん~長きに渡る実践者の方まで,アンドレアに会いたい!学びたい!と感じた方をすべてのセッションにおいて受け入れたいからです。

 
ですから,このワークショップの全セッションがみなさん全員に開かれています!

このすばらしいチャンス,どうぞ奮ってご活用ください!!

そして,なんと,あの!カルロスから!そしてエミリーから!も,熱い推薦文をいただいています。
そちらも是非お見逃しなく!

 ⇒WS詳細はこちらをご覧ください。



 
【アンドレアより日本のみなさんへのメッセージ】

親愛なる日本のみなさんへ

わたしが子どもだったとき,父が家族を日本に連れて行ってくれたことがあります。ちょうど桜が満開の頃でした。お寺の境内の桜の香りを楽しむと,荘厳さの感覚や,不思議なことになぜか家に帰ってきたような感覚がやってきました。それ以来,日本のことを考えるといつも,まるで祝福されているかのように,同じような近しい感覚が湧いてきます。
ですから,12月にみなさんにお会いし,わたしのハートにとって最も大切な教えの一部をシェアできることはわたしにとって望外の喜びです。
ヨガと瞑想は,わたしにとって常にこの上ないインスピレーションの源であり続けていますから,それをみなさんとともにし,より良い日常のための実践的な手段とするのが楽しみで待ちきれません。

みなさんへの愛と敬意を込めてアンドレア

 
Dear Japanese friends and students,
When I was a kid, my father flew the family to Japan around the time when cherry trees were in full bloom.Enjoying their fragrance around the sacred temple grounds gave me a sense of majesty and for some mysterious reason I felt at home.Since then, every time I think of Japan the same sense of closeness dawns of me like a genuine blessing.I’m overjoyed to meet you all in December and share some of the teachings that are the dearest to my heart.Yoga and meditation have been such a steady source of inspiration for me that I can’t wait to partake them with you and make them a practical tool for a better daily living.
Sending love and respect to you all.Andrea

 【講師 Andrea Boni】

アンドレア・ボーニィ →詳細はこちら


  – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
2019/12/14(土)-15(日) 2日間ワークショップ in 東京
「あなた自身のハートのシンフォニーを奏でる」
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

【日時】 

*今回のWSの休憩時間は1時間です!あらかじめご了承ください。

2019/12/14(土) 開場9:40
10:00-13:00 
〔セッション1〕「あなたの楽器を調整する」(アヌサラヨガクラス)14:00-17:00 
〔セッション2〕「至福のシンフォニーの中で自らの楽器を響かせる」(瞑想クラス)

12/15(日) 開場9:40
10:00-13:00 
〔セッション3〕「ハートの音楽に心打たれて」(アヌサラヨガクラス)14:00-17:00 
〔セッション4〕「内なるハートの領域を探究する」(瞑想クラス)

  ⇒WS詳細はこちら