心理占星学ってなあに? by まこ(池内昌子) yoga×心理占星学コラボWSによせて①

nidaでは,yogaとさまざまな他分野とのコラボレーションを積極的に行っています。

もちろん、yogaへの入り口を広げるという目的もありますが…
本当はそれはあまり考えていなくて(笑)

正直なところ,スタート地点はいつも,
「こんなのあったら楽しそう~!」という,シンプルなわくわく感。

そんなふうに誕生したコラボワークショップの一つが,「yoga×心理占星学」です。

心理占星学のパートを担当してくださっているのは,私の大切な友人,まこさん(池内昌子さん)。

そのまこさんが,心理占星学について一筆寄せてくださいました!

このWS気になるんだけど,「心理占星学って何だろう~?」と思っていらした方,ぜひぜひお読みになってみてください。

まこさんとのコラボWS第3回

「秋の夜長のyoga×心理占星学コラボWS」は

11月19日(木)夜19:15~です!

みなさまのご参加を,まこさんとともに心よりお待ちしております。

***** 以下,まこさんよりの寄稿↓

占星術といえば、まず思い浮かべるのは、
雑誌などの12星座占いでしょう。

でも,心理占星学はその手のアプローチとはちょっと違うのです。

運命を占う
吉凶を占う
相性を占う
性格診断

…などを目的にしていないのです。

表で起きている現実の出来事や問題に注目するのでなく、

それによって
『私は何に気づこうとしているのか、何を学ぼうとしているのか』に光をあてるのです。

なぜならそれを解決しない限り、問題は形を変え、繰り返し現れることになる、と考えるからです。

普段なかなか意識できない内なる「自己」(深層心理)は、体験を通し、常に成長しようとしています。

たくさんの潜在能力や可能性が、扉の奥で出番をまっています。

出生図(ホロスコープ)は、内なる自己を
うつす象徴的な地図のようなもの。

可能性の扉を開けるカギを見つけ、
開くことができるのは「私」だけ。

私たちは確かに宿命的にあらがえない環境、時代におかれ、その流れの中にあります。

しかしその一方で、その流れの中にいるからこそ、唯一無二の「私」は積極的に創造的な人生を選択することができるはず。

自分を再発見する旅、それが心理占星学だと思います。

まこ(池内昌子)

*まこさん プロフィール*

プロフェッショナルリフレクソロジスト。

2002~2007年まで名古屋Green Fellow(http://green-fellow.jp/)の一員として、リフレクソロジーとボディトリートメントのサロンHolistic Relaxation MOONを開業。

東京への転居の後、自由が丘のハーブショップ店長、セミナー企画運営、講師を務める。

現在は,心理占星学を含めたこころとからだのアプローチを、日々実践、探究中。

アーユルヴェーダマッサージ感想 06

昨夜届きたてホヤホヤの感想です♫

 
先週末にnidaでアヴィヤンガ(足裏込み)を受けてくださいました。

 
何だかとても「おもしろいこと」があったと聞いてはいたのですが…

こんなことがあったんですね~!

施術の効果は人それぞれですが、それにしても…

すご~い!私もとっても嬉しい~~!

 
ちなみに、この方もyogaや瞑想はされています。

その前提は、非常に重要だと思います。

 
それが、すでにさらなる変化への内側の土台ができていたこと、

私への信頼をもって臨んでくださったことにつながっていると思うからです。

 
その意味では、施術者の私がtherapistである前にyoga teacherであることは、

nidaの施術の最大の特徴と言えるのかもしれません。

 
***** 以下内容修正0です(笑)どうぞ~↓

 

ユカリンさん(*^^*)

 
先日はありがとうございました!

 
カウンセリングから施術、最後のお見送りまで、すごく丁寧に迎えて、送り出してくださって、

私自身がしっかり自分と向き合うことができました。

 
カウンセリング前のアーユルヴェーダのドーシャ*診断で、

現在はヴァータ*が強く、幼少期はピッタ*ヴァータだったと出て、

そういえば気が強くてしたい事がはっきりしていたな~とか、色々思い出しました。
(どっちの自分も自分なんですけどね!)

 
その中で、
小さい時のわたし→
寝つきがよく、深い眠り
寝相が悪い
寝起きが良い
早起き
朝の寒さが好き
お腹がすいて起きる

現在のわたし→
眠りが浅い
朝起きたら肩こりがあったりする
早起き苦手
寒いの苦手

 
というような違いがあったのですが、マッサージの翌朝、

「小さい時のわたし」の状態で目が覚めたんです!

 
そして目が覚めた瞬間、「お腹すいた!これがしたい!!」とすぐしたい事が決まり、

行動していました。

 
10年も悩んで考えていた事の答えが、マッサージの翌朝出たんです…!

 
本当にびっくり!!

 
また、最近感覚を大事に楽に生きていけるようになっていたのですが、

どうしても「また昔みたいに生き苦しくなったらどうしよう」と不安があったのですが、

今はそれも全くなくなりました。

 
それは、ユカリンさんが、「良い事も悪い事も、全部平等なんだよ。」と、

教えてくれたからです。

 
全てが必要なんだから、受け止めて、その中で選択していくだけなんだな

って思うと、すごくシンプルで楽だし、わくわくしています☆

 
1日にして全てが変わる事があるというけれど、わたしにとっては

ユカリンさんのマッサージがそのきっかけでした!

 
これから、このいただいたきっかけを大事にして自分の道を進んでいきます。

 
本当にありがとうございました(^ ^)♡

*****

 
この方は、この後すぐ、ある養成講座に申し込みをし、今月からさっそく

勉強を始めることにしたそうです!

 
*ドーシャ=3種のエネルギー。

アーユルヴェーダでは、

ヴァータ(風)DASH!
ピッタ(火)メラメラ
カパ(水)汗

の3種のエネルギーのバランスによって、人間の心身における様々な現象が生じている

と考えています。

 

朝yoga & 朝ごはん

nidaでは、毎週平日の3~4日間、朝yogaクラスを実施しています。

 
その朝yogaクラスにのべ半年くらい?
毎週通い続けてくださっている生徒さんがいます。

いつも朝ごはんの写真をおいしそ~!に撮ってくれる(笑)彼女が、
朝yoga&朝ごはんの感想を寄せてくれました~

いつも本当にありがとう~~!!

 
***** 以下にご紹介します↓

 
平日休みの仕事に転職したタイミングで、ゆかりさんのヨガ教室がオープンし、

以来「平日休みの朝には、早起きをしてヨガ&朝ごはんを堪能する」
ということが習慣になりました。

ともすると、お昼近くまで寝てしまう休日の朝に早起きをする予定があるのはとても心地よく、

朝のヨガはいつも清々しくて身も心もヘルシーになる気がしています。

 
はじめは、運動不足を解消したくて始めたヨガでしたが、

はからずも大きな影響をくれているのが、ヨガクラスの前後にゆかりさんが話してくれる言葉。

 
わかりやすく、身近な語彙で語られる言葉たちが、

そのときの心境や、仕事で直面していることに不思議とリンクしていて、

毎回ヨガが終わって帰る頃には一歩を踏み出す力をもらっている感覚になります。

 
そして、ヨガとともに習慣になっているのが、ゆかりさんお手製の朝ごはん。

 
旬のお野菜や、気候に合わせて作ってくれる身体にも心にも美味しいごはんが、
動いたあとのご褒美になってます。

素朴な味わいの身体が喜ぶごはんのおかげで、

また一週間をまっすぐ頑張ろうっていう気持ちにしてもらっています。

 
もはや、ヨガをしに行っているというより、

ごはんを食べに来るついでにヨガをしている感じかもしれません(笑)

 
平日にレッスンを受けて朝ごはんを食べないなんて、半分以上損してる!

と思うくらい、ヨガと朝ごはんはセットで満喫するのがオススメです。

 
仕事が立て込んで、のんびりペースになるときもありますが、

いまでは週に1回のヨガと朝ごはんが、
自分の心と身体と向き合う大事な時間になっています。

これからも気持ちよいヨガと美味しい朝ごはんを楽しみにしています!

ガネーシャ3〜謙虚な知恵〜

しつこいようですが…
もう一つガネーシャにまつわるエピソードをご紹介します。
 
 
ガネーシャには実は兄弟がいます。
スカンダです。

スカンダ(カルティケーヤ)は,「軍神」などと呼ばれるように,他の神様たちからも恐れられる超~~腕っぷしの強い神様です。

あ,そうそう,足の速い人のことを
「韋駄天」と言いますよね。

この「韋駄天」って,スカンダのことなんですって。

つまり,スカンダは,運動神経抜群で力自慢の神様なんです。
 
対するガネーシャはといえば…

ええ,そうですとも,ご存知のとおり,
象頭の太鼓っ腹です。

さて,あるとき,この凸凹兄弟の間で,
「どっちが上か決めよーぜ!」ということで議論になり,ある勝負をすることになりました。

それは,世界をグル~ッと回って,
先に帰って来た方が勝ち!というもの。

…ガネーシャさん,あなた馬鹿じゃないの…(象じゃなくて(笑))

勝てるわけないじゃん…

ネズミに乗った象頭が,
華麗なクジャクを乗りこなす俊足の神に…
 
 
よーいドン!で,
颯爽とクジャクに乗ったスカンダは
当然のことながらばーっと飛び出しました。

さて,「ふふーん,楽勝だ~!!」
と確信して帰って来たスカンダですが…

なんと!すでに勝負はついていたのです。
 
 
ガネーシャの勝利!!
 
 
さて,一体ガネーシャは何をしたのでしょうか?
 
 
よーいドン!の後,
ガネーシャは駆け出しもせず,お祈りの姿勢をとり,とことこと歩き出しました。

向かった先は…両親,
シヴァとパールヴァティです。

ガネーシャは両親の周りをぐるりと回り,
合掌してペコリとお辞儀。

そんなガネーシャに,シヴァは尋ねます。

「お前はなぜそんなことをしたのかね?」

ガネーシャは答えました。

「私にとっては,あなた方こそが世界の中心です。だから,あなた方の周りを回ったのです。」
 
 
シヴァは,ガネーシャのこの謙虚で忠実な姿勢と深い知恵を大変喜びました。

こうして,勝負はガネーシャの勝ち、ということになったのです。

力はあれどそれにうぬぼれていたスカンダは,勝負に敗れました。
 
 
ガネーシャの謙虚な深い知恵は,私たちにとって, 本当に身につけなければならないものは何かを教えてくれているような気がします。

それは、謙虚さ。

それは、真の知恵。
 
 
真の知恵とは,
知識が豊富だとかそういうことではなく,

「私とは何か?」
「世界の本質とは何か?」

ということについての理解。

それを育むためにはまず謙虚な姿勢が必要です。

いつも大きなものに支えられて在ることを,
謙虚に受け止めることなくして,
真の知恵を得ることはできないのだと思います。
 
 
「シヴァ」とは,
世界の本質そのものを示すことば,
真の知恵の核心そのもの,だそうです。

ガネーシャが周りを回った青首のシヴァ神は,その「顕れ」「象徴」です。
 
 
yogaのpracticeを通じて,
私たちはその真の知恵を少しずつ育んで行くのです。

ガネーシャのような深い真の知恵を。

[memo] peak pose
for bacic: humble warrior or Parsvottanasana
for advanced: twisted pre Eka Pada Raja Kapotanasana 1 with anjali mudra

アーユルヴェーダマッサージ感想 05

今回ご紹介するのは、1歳のお子さんのいるお母さんの声。

 
nidaは完全なプライベート空間なので、事前にお知らせいただければ、

お子さんを連れて来ていただいてもOKですよー!

 
ただ、施術にかかりきりの私一人なので、お子さんをあやすことはできません。

 
泣いていても大丈夫ということでご了承いただければ、どうぞお越しください。

 
nidaでオイルマッサージ(アヴィヤンガ)を受けた後は、身体だけでなく

メンタルの変化を感じた,というご報告をいくつも寄せていただいております。

 
あくまでも効果は人によって様々ですが、以下に示す体験談も興味深いものです。

 
***** 

子連れでアヴィヤンガのフルバージョンをお願いしました。

 
1歳の娘がすぐにグスってしまうのを覚悟して伺いましたが、母が心地よいのが伝わるのか、

yukariさんのパワフルかつ癒しのエネルギーが伝わったのか、ほぼご機嫌で一人で遊んでいてくれました。

 
施術はとても丁寧で力強く、凝り固まった身体中の滞りが一気に流れたのを実感しました。

 
血の巡りがよくなったせいか、翌日頭痛を感じ、それがおさまると

そこから2日間とにかく大量に汗をかき続け、身体中の余分なものがスッキリ出た!

という感覚を感じています。

 
ヨガのアーサナでも格段に動きやすくなったのを感じました。

 
もうひとつ施術後に感じた大きな変化は、食べ過ぎなくなったこと。

普段の食事もそうですが、そのあと甘いものを食べないといられなかったのが、

不思議と自然に欲さなくなっていることに気づきました。

 
今、身体が必要としているものが感覚でわかるようになり、同時に生活面でも、

今の生活において自分に必要なもの、そうでないものが見えてきたような気がします。

 
ということで、この機会に断捨離始めました!

 
施術していただいて時間が経つにつれ、メンタルの変化を感じています。

*****