アクローダ〜怒りからの自由(追記)

「アクローダ ~怒りからの自由」
をテーマとしたクラスの中で,実は,一つのエピソードを織り込んでいました。

すでに言及した
グルマーイ・チットヴィラーサーナンダの『神は純粋な心を愛する』
に出てくる怒りについての小さな逸話を,
以下に追記しておきますね。
 
 
 
~あるヨガの修行者と洗濯屋の話(要約)~

あるとき,サードゥ(放浪して歩くヨーガの修行者)が川のほとりに座っていました。

彼は午前中とても快適に過ごしました。

清らかな流れで沐浴し,祈りを唱え,
森の木陰で精神修行を行い,
さらに,ある富裕者のもとでおいしい食事をしました。

そして今,彼は,とても満ち足りた気持ちで
昼寝をしようと,まどろみ始めていました。
 
 
そこに,汚れた服を載せた2頭のロバを連れ,
洗濯屋他がやって来るのが見えました。

サードゥは思いました。
「おお,こっちに来ないでほしい。
世間話をする気分じゃない…。
それに,あの男はひどい臭いがするに違いない。」

サードゥは素早く目を閉じました。

しかし,洗濯屋は大声でこう呼びかけてきました。
「おーい,バーバジ!
俺はうちへ帰って忘れ物を取って来なけりゃならないんだ。
 
俺が行っている間,ロバを見ていてくれないかね。

お願いだ。お前さんは聖人だ!
人助けをするはずだろう。すぐに戻ってくるから。」

サードゥは聞こえないふりをしました。
 
足音が遠ざかるのが聞こえ,
木陰で気持ちよい昼寝を始めました。
 
 
サードゥが目覚めると,すでに一時間が過ぎていて,洗濯屋が帰ってきました。

彼はサードゥの方に向かって金切り声をあげました。

「俺のロバはどこだ!」

「お前さんは俺のロバの番をしてくれるはずだったのに。
どうして見ていてくれなかったんだ。
お前さんはサードゥだろう!
俺のロバを探して,連れ戻して来い!」

サードゥは完全に怒り狂い,怒鳴り返しました。

「それが神に仕える者を扱うやり方か。
私には敬意を持って話しかけるべきだ。

おい!私を蹴るんじゃない。
私はお前のロバじゃないんだ!」

二人は大げんかを始めました。

とても健康で頑強な洗濯屋は,
ひ弱なサードゥをコテンパンにしました。

最後には,殴る方も殴られる方も完全に疲れ切って,泥の中に倒れ込みました。
 
 
一人取り残された哀れなサードゥに残っているのは怒りだけでした。

彼は,天を見上げてこう言いました。

「おお,神よ!
私は全生涯をかけてあなたを崇拝してきました。

この三十年間,一日たりとも,一晩たりとも
あなたを思わずに過ごしたことはありません。

私がやってきたことはすべてあなたのためです。

それなのに神よ,
私があなたを必要としたとき,あなたはどこにいらしたのですか 」

サードゥが不平を言うのをやめるや否や,
天から声がとどろき渡りました。

「おお,サードゥよ。

私はお前を助けたかったのだ。

私はお前に呼ばれるとすぐに来たのだ。

そしてお前を救おうとした。

しかし下を見ると,もつれ合った大きな怒りのエネルギーしか見えない。

どちらが洗濯屋でどちらがサードゥか見分けがつかなかったのだ」
 
 
グルマーイは,このエピソードの後に次のように記されています。
 
 
ひとたび怒りが噴出すると,
誰が正しくて誰が間違っているか,
誰が善人で誰がそうでないか,
識別できません。

怒りが支配するのです。

しかもそれは,あなたの存在の一つの側面を
支配するだけではありません。

怒りはすべてを支配するのです。

怒りとともに生きるのか…
それとも怒りに気づいて,捨てて行くのか…

私たちには常に選択肢があることを
いつも覚えておきます。

アーユルヴェーダマッサージ感想 03

アーユルヴェーダオイルの力、空間の力、施術者との周波数の一致…

いろんなことがうまーく重なると、身体と心にさまざまなデトックス効果があらわれるようです。

 
この感想に続く3回目の施術のときも、心までスッキリした面持ちでお帰りになられました。

いつもありがとうございます!またいつでもいらしてくださいね。

 
というわけで、その興味深い体験談をどうぞ~!

 
*****

わたしはオイルマッサージが好きで、スウェディッシュ、ロミロミなどなど・・

いろいろなマッサージをよく受けます。

 
もちろんアーユルヴェーダも経験していました。

 
nidaのアヴィヤンガを受けて、わたしが他で施術されるオイルマッサージと違いを大きく感じた点は、

精神面での作用をハッキリ実感する,ということ。

 
いつも休日に自宅で仕事をするのは憂鬱でなかなか進まないのに、

初回の施術の翌日、午前中からさっさと仕事を済ませ、スッキリした気持ちで

午後はあそびに出かけていました!

とてもポジティブな気分がしばらく続きました。

 
そして2回目の今回は、施術後帰宅するとほどよいだるさと眠さですぐに熟睡。

 
明け方みた夢には・・亡くなった恩師や大切な思い出の人が出てきて、たくさんお話しをしました。

 
心の何処かで「もう会えないから」と抑えてた気持ちが解放され、清々しい朝をむかえました。

 
こうした経験は、他のオイルマッサージではなかったことです。

 
インドから仕入れた薬草オイルもとてもスペシャルだと思いますが、

これはnidaだからこその体験だと思っています。

*****

 

What does “nida” mean?

“nida”

 
私の小さなホームスタジオ/サロン/ワークショップスペースの名前です。

「ニーダ」と読みます。

サンスクリット語で “nest” 「(鳥の)巣」を意味します。

 
個人的には,音も,見た目(スッキリした字数や小さくまとまった感じ)も,

何だかとても気に入っていて,愛着を持っております。

 
私は,地理からyogaに教える内容が変わっても,teacherとしては,

ある前提をもとに一環したスタンスを保っています。

 
それは,

自分のことは自分でできる

自分のことは自分で責任を持つ

 
他人に依存しない

他人に依存させない

 
という,極めてシンプルなこと。

 
言い換えれば,生徒さん一人一人の力に常に敬意を払うという,当たり前のことです。

 
でも,そんなえらそうなことを言う前に,先にやることがありまして。

それはもちろん,人のことをとやかく言う前に,

何よりも私自身が一人の人間として,そのように在ること。

 
だって,teacherと言っても,正直なところ,

人様に何か教えられるようなものすごーいものを持っているわけじゃありません。

 
もちろん,地理の学習内容とか,asana(ポーズ)とか,具体的なことはね,

多少勉強してきたのでお伝えできます。

職業的には,その意味では確かに一応teacherです。

でも,それはいわばskillにすぎない。

 
本当は,私は,あなたを変えられるわけではありません。

 
私は,あなたの人生の責任も持てません。

 
そういう意味では,私は,あなたに対して,本当は何もできません。

あなたを変えるのはいつもあなた自身以外の誰でもないと思うからです。

 
同じことは私自身にもいえます。

私を変えられるのは私自身。

私の人生の責任は私自身が負う。

 
それって結局,私がそういうスタンスで実際に生きること以外に伝える方法はありません。

でも,そうやって生きていたら,生徒さんにも何か自然に伝わるものがあるかもしれない。

でも,そもそもどうして伝わるということが起こりえるのでしょうか?

 
それは,タイミングなども大きく手伝って,あくまでも相手自身が

それをとらえられる力があってそれをとらえる準備ができていて

初めて伝わることがあるのだろうと思います。

 
つまり,結局は相手自身の受け取る力の賜物だと思うのです。

 
だから,どんなときも,私がskill以上に,teacherとして,もしかしたらできるかもしれないことは,

生徒さん自身の持っている力をちょっと刺激するくらいのこと。

 
みなさん一人一人素晴らしいですから,大丈夫ですよ,という姿勢で臨み続けるくらいのこと。

 
話,急に戻りますけどね(笑),

 
だから nida なんです。

nestは,永住するところじゃない。

私自身は特に,巣の中でも渡り鳥の巣をイメージしています。

 
ちょっと立ち寄って、羽を休めたら,またそれぞれに旅立って行く。

ちょっとお休みしたり,ちょっと刺激されたりしたら,自分の力でみんな元気に飛べますから。

 
要は,いつでもふらっとどうぞ~

私は別に何もできないですけど(笑)

 
ただ来て,yogaしたり,massage受けたり,workshopに参加したりして

みんなでお互いに何だか元気になれたらいいよね

まあ,自分を元気にしていくのも実はご自身の力なんですけど~

 
…という感じ。

 
あ,いや…ふざけてるわけじゃなく,無責任なつもりでもなく,これが私の正直なスタンスなのです。

 
これが,私にとっては,生徒さん一人一人の持つ力に敬意を払うということだと思っているからです。

 
だって,ここは home じゃない。

 
本当のhomeはみなさん自身の中にあるものですから

 
…なーんて,まあ,
実はそんなようなことを考えて nida だったりするわけです。

ただ,ふつうのnestと大きく異なるのは,もっとopenなnestである点かも。

 
鷹の巣には雀が行くわけないのももちろんですが(笑),

同じ雀でも血のつながりがない雀は,普通同じ巣にはいられない。

でも,ここは基本的に,年齢・国籍問わずどんな人にもopenです。

 
いろんな人が飛んで来て,知り合って,楽しんで,ご縁がたくさん広がって行くのが本当にうれしい。

それだけで,みんなお互いに認められ,刺激されて,元気にまた飛び立って行けると私は思っているんです。

 
ちなみに,もう一回だけ話をひっくり返しておくと,それもあくまでも見た目や血縁の違いの話で…

 
本当は「みんな同じ」ですから。

老若男女も雀もハエも。

それがyogaですから。

 
というわけで…

 
わたし楽しい⇔あなたも楽しい

わたしはわたし⇔あなたはあなた

 
お互い自身の人生を生きながら,それが交差する奇跡的な瞬間をともに楽しむ。

 
nidaはそのための場=nestです。

 
そんな私の趣旨に同意してくださるみなさま,

ぜひいつでもお気軽に nida にお立ち寄りくださいませ!

アーユルヴェーダマッサージ感想 02

夜施術を受けてから,一泊して翌朝yogaして出勤!

という,今のところいわば「裏メニュー」の女性のお友達限定プチリトリートコース
を体験してくれた友人の感想です。

 
***** 

 
nidaのアーユルヴェーダは、yukariの丁寧なカウンセリングから始まりました。

 
時間をかけて、じっくり、今の心と身体の状態を聴き出してくれます。

 
そこから、どのようなオイルを使い、どのような施術の方法を取るのか、

説明をしながらカスタマイズしてくれました!

 
初めてのアーユルヴェーダでしたが、安心して受けられました。

 
私は、仕事でバキバキになった肩まわりがとても気になっていました。

が、施術直後はもちろん、翌日以降も肩から首にかけてスッキリ!

身体中のむくみがなくなり全身が軽くなりました。

 
オススメは,夜のアーユルヴェーダで身体の中の毒素をyukariに出してもらい、

翌日の朝ヨガでエネルギーチャージ!の組み合わせです。

 
*****

 

アクローダ〜怒りからの自由

みなさんは,日常の中でイライラすること,ありますか?

私はかつて,めーっちゃくちゃありました。

小さいころから悪口や不満をよく言っていたように思いますが,
教員時代の初期は特に多かったと思います。

なんでこんなに一生懸命教えているのに,
この人たち寝てんの?!
なんでちゃんと勉強せんの?!とか

…ほかにもいろいろなことで不平不満を抱えていました。
 
 
それがねー,
今は本当に減ってるんですよね。
ずいぶんのんびりしたものです。

気持ちがこんなふうに穏やかになってきたのは,年をとったことももちろんあると思うけど(笑),yogaの影響が明らかに大きい。
 
 
「何か大きなもの(something great)」
に委ねることを学んだから。

でも,もちろんゼロじゃないし,
怒りの「種」は日常の中でたくさん生まれてくるんですよね。

別にイライラするわけじゃない。

だけど,
「うーん,これはちょっとどうかなあ…」
「え〜私だったらこうはしないけどなあ…」

心の内側にふと生まれる,
さざ波のような違和感。

これもまさに怒りの「種」なのだと,
ふと気づくときがあるんです。
 
 
 
グルマーイ・チッドヴィラーサーナンダは,
著書『神は純粋な心を愛する』の中で,
怒りについてこのように書いています。
 
 
「 基本的には,怒りとは,自分の思い通りにするために,自分自身や他人にしかける策略です。」
 
 
心の中にさざ波が立つということは,
裏返して言えば,自分の内側に何か期待や
欲望があるということ。

だから,思い通りに行かないと,私たちはイライラしたり,呆れたり,悲しくなったりするわけです。

グルマーイはこうも述べられています。
 
 
「怒りとは内なる敵の中で最悪のものです。

なぜなら,それは終わりのない欲望の鎖とつながっているからです。

不満足があるときには必ず怒りがあります。

一つの欲望がある所はどこでも必ず別の欲望があります。」
 
 
では,私たちは一体どうしたらいいんでしょう?

私は,このグルマーイの問いかけが
とても重要だと思っています。
 
 
「それ(怒り)について,
あなた自身の中で人生の中で考えてみてください。

他人の人生ではありません。
他人の人生は放っておきなさい。

あなた自身の人生の中で,あなたはいつ怒りましたか。

どのように怒りましたか。

なぜ怒りましたか。

怒りを何に利用しましたか。

その結果はどうでしたか。」
 
 
自らに問いかけ,自らの内に沸き上がって来るものに,いつも気づいておけるように
practiceが必要なんですよね。

そうしないと…
 
 
「怒りは,ほかの誰からも見えないように
どこか内側深くに隠すこともできません。

もしあなたがそう考えているのなら,
それは大きな間違いです。

あなたは気付いていませんが,
怒りはあなたの身体のあらゆる部分からにじみ出ます。

ですから,あなた以外は誰でもそれがわかります。

あなたは,とても前向きで,とても素晴らしく,いかにもヨーガの修行者であるというイメージを醸し出して歩き回っていると思っているかもしれません。

しかし,怒りが身体の細胞の中に巣食っていると,それは姿を現してきます。」
 
 

「あなたが本当に幸せなのはいつですか。

欲望が蓄積されて怒りへと変わる前に欲望を解消できたとき,

欲望の種子をつかまえて意のままに燃やすことができたとき,

あなたはとても幸せな人となります。」
 
 
 
グルマーイのおっしゃる通りだと,私も思います。

だから,まず自分の内に沸き上がってくるものに気づいていられるように,practiceを続けます。

そして,その後はどうしたら?

グルマーイの師,バーバ・ムクタナンダのことばを記しておきますね。

………………

人々がバーバに,
「どうやって怒りをなくすのでしょう」
と尋ねると,
バーバはいつもこう答えたものです。

「ただ捨てなさい」。

バーバがそう言うとき,人々にそうするための恩恵と意思も与えました。

それは実践するための崇高な教えです。
 
 
ただ捨てる。

ただ行う。
 
 
怒りを手放す過程で,

あなたは熟考し,自己探究をし,

心の周りに外皮のように蓄積した幾層もの印象と,そこから生じる必然的な結果を超越します。

それらは神の愛というヨーガの炎の中に溶けていきます。

精神の道において,
自分のやり方を通すことは,
あなたを解放へと導くものではありません。

解放は,あなたが神のやり方を見いだし,
それに従うときにやってきます。

 
 
(ちなみに,私は特定の宗教はありません。
 
なので,正直なところ,私には
「神」という語よりも”something great”とでもした方がしっくり来ます。

yogaでは実際,「神」以外の他の呼び方をしていっこうにかまわない。

あなた自身にすっとなじむことばで読み替えていただければいいと思います。
蛇足ながら。)

日々の中で,自分の内側の怒りの「種」,さざ波に気がついたら,
ちょっと思い出してみてください。

怒りが隠せないほど大きく広がったときにも,ちょっとここに戻ってみてください。

何も変わらないかもしれないけど,
何か変わるかもしれません。
 
 
 
私たちを先導する,
大いなるガイドの存在に感謝。

この本をくださった,
私の直接の先生にも感謝。

そして,クラスをご一緒してくださった生徒のみなさま,blogを読んでくださったみなさまにも,ありがとうです。

[memo] peak pose
for basic: twisted high lunge
for advanced: baddha parsvakonasan