ワークショップ・リトリート

newsletter購読者のみなさまには
各種ワークショップ・イベントについての先行情報公開・予約受付を行っております

登録・講読は無料!いつでも解除できます

→ご登録はこちらから

 

 
現在,予約受付中のワークショップ・イベントは以下のとおりです

会場についての特に記載のないものは,nidaにて行います

→詳細なスケジュール確認とご予約はこちら

 
all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回) 2019年末までのスケジュール

【受講者限定】新WSシリーズ ”Deep Dive into the Self”

10/12 秋の和ーユルヴェーダ・ヴィーガンちらし寿司プレート by MAKIRON’S KITCHEN

10/14
“Sing, Breathe, Meditate.“〜夜のクレンジング&ヒーリングspecialクラス

【開催決定!】10/20-25 女性のためのスペシャルバリリトリート
〜豪華ゲストが次々参加!Emily Kuserによる一日WS,NaoちゃんのWSやバリ人聖職者と行く聖水での沐浴等々!

12/14-15 初開催!Andrea Boni(アンドレア・ボーニィ)アヌサラヨガ&瞑想 2日間東京ワークショップ
 


all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回) 10月までのスケジュール

 

 
「すごいことを教えて頂けて,貴重な体験をさせて頂けて本当に幸運でした」

「これを学んでいたらうつ病/パニック障害にならなかったかも」

「頭でわかっていたことが腑に落ちて,感覚でわかった」

たくさんの喜びの声をいただいき,シリーズを連続受講される方が続出している
all-in-oneヨガワークショップ「〈わたし〉をめぐる旅」全6回。

今のわたしを通じて提供できる最大限を,最小限に詰め込んだ濃密なWSシリーズです。

各回,もちろん単発受講もできます。
連続でご受講いただくことで,なお理解が深まります。

また,その際,特に1回目でお話しする内容が最大の核となって2回目以降に続いていきます。
1回目に出られなくても,2回目以降に出ていただくことはできますが,
連続してご参加いただくことで より大きな収穫が得られる構成になっています。

*ただし,4回目は少々特殊な回ですので,ここからではなく,
ぜひその他の回からスタートしていただくことをお勧めします。

また,最終回は,その効果を高めるため,可能な限り最後に受講されることを強くお勧めします。
少なくとも,シリーズ後半に,特にシリーズ第1・2回は受講済みの上で進まれることをお勧めします。

なるべくセットでご参加いただきたいので,2回目以降は割引も設けさせていただきました。

このシリーズのどこからご参加いただいても,
シリーズ内のご参加2回目以降は500円割引とさせていただきます。

また,ご要望にお応えして,再受講料金を設定させていただきました。

深遠なヨガ哲学に満ちたこのWSは,
どのタイミングで受けるかによって受け取るものが大きく変わることでしょう。
再受講されたいときに気軽にいらしていただくことで,得られるものが大きくなることと思います。

まずはピンと来たテーマ,ご都合のよいタイミングから,
ヨガの核心的なteachingをスパッと明快にお伝えし,体感していただく
アーサナ~哲学セッション~瞑想までのパワフルなフルコースWSをぜひご体感ください!

*参加者のみなさまからの感想は,こちらをご覧ください。

 
【WS内容詳細】

yogaのエッセンスを「全部盛り」にし,「凝縮」した
新しいall-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回予定)を
2018年2月よりスタート!

夏にかけてこのWSシリーズ(全6回予定)を続々と展開していきます。

「あなたは誰ですか?」

「あなたはどこへ向かっているのですか?」

「あなたは何をしている(考えている/感じている)のですか?」

あなたは,そう問われた時に,考えて出て来る答えに本当に納得できますか?

それがわからないから,
あるいは答えが出て来ていても納得できていないから,
わたしたちは迷ったり苦しんだりしているんじゃないでしょうか?

アタマで考える・理解するだけでも,単にカラダを動かすだけでも
人間,「納得」はできないんですよね。

でも, アタマもカラダも大切なんです。

だったら,全部使ったらいいんです!

だから,

アーサナで〈カラダ〉を動かして感じる

哲学セッションで〈アタマ〉や〈ココロ〉を通して理解する

瞑想でより深い〈ハラ〉とつながって観じる

…のセットなんです。

ええ,「どっちかじゃなくて,どっちも」ですから!(笑)

ここからちょっとギアチェンジして,かなりスパッとはっきり書きますけどね(笑)

こういうテーマを掲げることってね,
カラダを動かすだけじゃないから「流行り」のヨガじゃないし,
「宗教くさい」(ヨガは宗教じゃありませんけど)とか「回りくどい」とか「面倒くさい」とか「難しそう」とか(笑)
敬遠される方もいるだろうことは百も承知なんです。

でも,そんなの関係なく,わたしはこれをやらざるを得ないのです。
だって,その大きな力を自分自身の人生の中で体感して来ちゃったからです。
しゃーない!すごいものはすごいのです(笑)
そして,これが伝えられなければ,ヨガが伝えられたことにならないと感じるのです。

さらに,自身の体験を通じてこう感じるわけです。

本当は,これらの問いをどこかで避けてるからますます迷ったり苦しんだりするんじゃないかなあ?と。

わたしは,それこそ「回りくどい」んじゃないかなあと思うんですよね(笑)

もちろん,無理に向き合うことないんです。それは多分逆効果です(笑)
それぞれにはそれぞれに適したタイミングがありますから。
合わない方は合わない。要らない方は要らない。それでいいんです。

ただ,それでもなんでこんなWSをあえて打ち出すのか?

何よりもわたし自身が
ずっと宗教が苦手だったし,今も特定の宗教はありません。
論理が通ってないことは苦手で,受け入れられません。
すっごく面倒くさがりで,大変そうなことは避けがちです。
体験できないこと,小難しいことは苦手で,納得できません。

だからです。
だからこそ,こういうワークショップをやっているんです!

だって,
ちゃんと学んだ方が怪しくないってわかって恐れがなくなるから。
シンプルかつ論理的にわかりやすく説明された方が理解できるから。
ちょこちょこ小出しにするよりスパッと核心に切り込んだ方が手っ取り早いから。
カラダを動かしたり瞑想したり,ことばを超えた体感こそが納得につながるから。

だから,偉大なヨギーたちもそれを残してくれているわけですよね。
だったら,それをもっとみんなで使っちゃいましょうよ!という単純なお話です。

なるべく早くそれと出会って,それを実際に使って,さらに自分の可能性を拓き,
一層楽しく生きられる時間が長くなったらいいじゃないですか?
そういう人が増えたら,世界はもっと楽しくなるじゃないですか?

だから,このWSシリーズでお伝えしている内容に,
なるべく多くの方になるべく早く出会っていただけたらと思うのです。

もちろんヨガの伝える「真実」は,もちろんいつでもどこでも変わりません。
なにせ「真実」だからです。

ただ,人間が媒介となって伝えられる場合,アプローチの仕方や表現方法はそれぞれ異なります。

合うもの,合わないもの,すごく納得できるもの,できないもの…人によって違います。

わたしも,国内だけでなく,海外でもたくさんの先生に学び,それを経験して来ました。
そうやってわたしなりに学んで来た上で,
現時点で一番自分自身が「納得」し,「腑に落ちている」方法・形でお伝えするだけです。

ですから,このシリーズには,わたしがこれまで学んで来たヨガの哲学や瞑想を中心に,
中高教員としての11年の経験,プライベートセッションの蓄積,
どぅる~んタッチやNLPなどこの数年積み重ねて来たヨガ以外の学び,わたし自身の人生における経験…
すべてが凝縮されています。

今のわたしを通してなされる最善を提供させていただきます。

それをお使いいただくかどうか,その選択はあなたのものです。

哲学といっても難しく考える必要はないですし,何の予備知識も不要です。
アーサナレベルもオープンクラス。
瞑想をしたことがない初心者さんも歓迎です。

このWSをきっかけに,きっと自分自身が,そして,世界が違って観え始めるでしょう。
あなたの心の苦しみも小さくなっていくでしょう。

少なくとも,わたしはそうでした。

このWSは,わたしがそのように自身を実験台(笑)に実践・実感して来たことに基づいています。

もしご興味と好奇心があり,大いなる流れがあなたをnidaへ導くようでしたら,
あなたの「生き方が自由になるヨガ」の智慧を学ぶ場をどうぞご一緒に。

 
*****「1:Who am I?~〈わたし〉と出会う旅」

1回目のテーマは

「Who am I?―わたしは誰?」

あなたなら,この問いにどう答えますか?

名前? 性別? 仕事?
これらは本当に〈わたし〉?

この問いは,すべての人にとって根幹となる問いです。
「哲学」の起点となる問いです。

この問いに明確に,一点の疑念も迷いもなく「真に」答えることができるのなら,
そのとき,人生における苦しみは一切ない状態でしょう,と言われるくらい。

そして,yogaはまさにその問いに,知識だけでなく体験を持って迫る手段です。

この問いに改めて向き合うことは,
あなたの人生においてとても有意義な経験となるでしょう。

この1回目のWSでは,身体を動かした後,
この問いを核にお互いに語り合い,yogaが考えてきたことをともに学び,
最後にはこの問いに直結する瞑想へと進みます。
その中で何を感じるのかを楽しんだ後,お茶を飲みながらシェアをします。

 
*****「2:Where am I going?~わたしの〈意図〉を見出す旅」

2回目のテーマは

「Where am I going?―わたしはどこへ向かうのか?」

わたしはよく「目標」(goal)がありません,とお話ししています(笑)

が,〈意図〉(intention)はあります。

これ,大~~きく違います。

あなたは,自らの「目標」ではなく,「意図」に気づいていますか?

yoga nidra(仰向けになったままのガイド瞑想)を経験したことのある方は,
その中で「サンカルパ(決意)」というのを唱えますよね。

あなたがその時に唱えていることは「目標」ですか?「意図」ですか?

そして,それは本当にあなたのハラに,内側深くにつながっているものですか?

〈意図〉に気づいていることは極めてパワフルです。

それには,ちゃんと理由があります。

わたしも身をもって体感しています。特にちょうどこの1年ほどの間に。

このWSでは,身体を動かした後,
「目標」と〈意図〉の違いや,〈意図〉の持つ力の背景・意味をお話しした上で,
あなた自身の〈意図〉をクリアにすくいとって行くためのワークを行います。
その上で,それを持ってyoga nidraへと向かいます。
最後にはお茶を飲みながらシェアをし,一緒にとても大切なステップを踏みます。

 
*****「3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」

そして,3回目のテーマは

「What am I doing?―わたしは何をしているのか?」

ばかげた質問に聞こえます?(笑) 「は?何聞いてんの?~してるに決まってるじゃん!」と。

逆にわたしは,今はっきりと言えます。
わたしは,30代半ばまで,自分が「何をしているのか」まったく観えていませんでした,と。

自分が何をしているのか,何を感じているのか,何を考えているのかー
まったく観えていなかったから,人生が大変だったんです。

30代の前半の一時期,わたしは泣き暮らしていました。
大げさでなく,毎日泣いて苦しんでいました。

30代半ばまで,わたしは毎日グチり続けていました。
大げさでなく,悪口や文句を言わない日はありませんでした。

それが今や,感情はめちゃありますが,涙もグチもてんで要らない生活に。

そう,わたしの人生を180度変えてくれたものこそ,この〈俯瞰〉でした。

あなたは自分を〈俯瞰〉できていますか?

何を,誰が,どのように〈俯瞰〉しているのでしょう?

この〈俯瞰〉ってシンプルで簡単そうに聞こえるかもしれませんが,
これ,とても深淵でパワフルです。

そして,これをやろうとするとき引っかかりがちな「トラップ」がすごく多いんです。

単なる「マインドフルネス」じゃ済まされません。「マインドフルネス」は入り口にすぎません。

「わたしは何をしているのか」を〈俯瞰〉するというのは一体どういうことなのか?
特に日常生活の中でそれをどのように行うのか? そうするとどうなるのか?

具体的かつ実践的な方法をご紹介しつつ,実際にそれを使うワークも行います。

このWSでは,身体を動かした後,
わたしの人生を180度変えてくれた〈俯瞰〉する力の意味,効果,コツを
ヨガ哲学やわたし自身の経験をふまえてお話するのはもちろん,
アーサナ,ワーク,瞑想の体験を通じて,腑に落として行きます。
最後にはお茶を飲みながらお互いの体感をシェアをしながら
すぐに使える状態に準備をして各々の日常に戻って行きましょう。

 
*****「4:How do I live this reality? ~わたしと世界を〈創造〉する旅」

続く4回目のテーマは

「How do I live this reality? ~わたしはいかにこの現実を生きているのか?」

言うまでもなく,わたしたちは日々「生きて」いますよね(笑)

でも,わたしたちが生きるこの「世界」について,
本当は一体何をどれほど知っているというのでしょう?

「わたしとは誰か?」と並ぶ重大な哲学的命題こそ
「この世界とは何か?」です。

ここで言う「世界」とは,地球の地理や国々のことではありません
(まあ,それも講義できますけど(笑))。
わたしたちが生きているこの「現実」のことです。

この「現実」とは一体何なんでしょう?

ヨガではこの「現実」をいかに捉えてきたのか,はもちろんのこと,

現代科学における知見や
谷田学先生の,陰陽五行に基づくどぅる~んタッチなども網羅しながら
一緒に探究して行きます。

このWSでは,身体を動かすクラス,どぅる~んタッチ,
視覚資料も用いた哲学セッション,さらに瞑想を行います。

アタマで理解するだけでなく,
カラダやハートを通じてハラに落ちて行く体験をしながら,
世界の新たな観方が拓けて行くのを楽しみましょう。

そして,それこそまさに
あなたが新たな世界を,現実を〈創造〉する行為そのものなのです。

 
*****「5:Why am I here?~わたしの〈使命〉を探る旅」

さて,5回目のテーマは

「Why am I here?~わたしはなぜここにいるのか?」

自分はなぜここにいるんだろう?
何のために生まれてきたんだろう?
…それは,誰もが人生の中で一度は直面する問いだと思います。

そして,この問いは,
人を自殺やひきこもりに追いやるほど強力な力を持つ場合もあります。

わたし自身がこの問いで最も苦しんだのは,高校生~大学生のときです。
高校2年生のときに,毎日一緒に通学していた友人が,持病の発作で急死。
彼女は,信仰を持ち,医師になることを目指していた,心優しい子でした。

「なんであんなにいい子が死んで,
特別な才能も将来の目標もないわたしが生き残ってしまったんだろう?」

わたしは,この「理不尽」に,その後何年も苦しみ続けました…

この苦しみは数年経ってだいぶ軽くはなりましたが,
どこかしら「罪悪感」のようなものがその後も長くわたしにつきまといました。

また,
「何のためにわたしは生き残ったのか?」
「わたしは何がしたいのか?」
「わたしのすべきことは何か?」
…といった問いに対する「答え」は,その後15年以上もまったく見出せませんでした。

今から思えば,見つかるはずもありませんでしたけど(笑)

しかし,その後,大きなヒントがやって来たのです。

わたしの「使命」とは一体何なんでしょう?
それはどうやったら見出して行くことができるのでしょうか?

ヨガにおける〈使命〉についてのお話はもちろんのこと,
谷田学先生の,陰陽五行に基づくどぅる~んタッチや
その他の領域からのヒントも援用しながら一緒に探究して行きましょう。

このWSでは,身体を動かすクラスの後,
さまざまなワークや瞑想を取り入れながら,哲学セッションへと進みます。

アタマで理解するだけでなく,
カラダやハートを通じてハラに落ちて行く体験をしながら,
わたし自身の〈使命〉を見出す道へと踏み出しましょう。

 
*****「6:When is the time?~わたしを〈解放〉する旅」

さて,最終回,第6回目のテーマは

「When is the time?~”その時”はいつ?」

スタートから半年以上の歳月を経てこのワークショップのシリーズも最終回に到達。

ここまで〈わたし〉をめぐってさまざまな旅をして来ました。

あるときはヨガの聖典とともに,あるときは現代の偉大なヨギーたちの言葉とともに,
あるときは自分の無意識の底へ,あるときは宇宙の向こう側へ,
あるときは体を動かし,あるときは熟考し,あるときはチャンティングし,あるときは瞑想しながら。

ヨガの旅の究極の目的は,いわば「悟り」=究極の〈解放〉です。

でも,わたしたち一人一人がヨガをするとき,あるいはヨガになんとなく興味を持つとき,
その目的は「悟り」である必要なんか全然ないと思います。
わたし自身もそうでしたから。
肩こり・頭痛の改善のためにヨガスタジオに足を運んだのが始まりですから(笑)
そして,わたし自身,今も「悟り」の境地には至っていません。

そう,わたしは〈解放〉へ向かうことを意図していたわけではないし,
「そのために」努力しているというわけでもありません。

しかし,明らかに,自ずとそこへ続く道を歩いている感覚があります。

そして,わたし自身,その道の途上,小さな〈解放〉を積み重ね続けて来たことを認識しています。
それは今も日々続いています。

この最終回では,
ここまでであなたが学んで来たことが
より多くの体感を通して「統合」されて行くことを意図しています。

そのため,これまで以上に講義部分は少なく,ワークやシェアリングが中心となります。
それは,ヨガニドラーを含む,ゆったりと体を動かすクラスから,すでに始まります。
その後のセッションでも,さまざまなペアワークやグループシェアリングを通じて,
互いに,自身の内にあるものや経験を語り,聴き合います。
そして,ともに瞑想へと進みましょう。

そのプロセスの中で,
過去と現在が,
カラダ・アタマ・ココロ・ハラが,
他者と自己が,
そして何よりも,わたしと〈わたし〉が「統合」されて行く経験を通じて
「今この瞬間」に自ずとあなた自身の〈解放〉が進むのを感じるでしょう。

この最終回への「参加条件」はありませんが,可能な限り最後に受講されることを強くお勧めします。
あるいは,少なくともシリーズ後半に,シリーズ第1・2回は受講済みの上で進まれることをお勧めします。
その方が明らかに効果が高まりますから。

さあ,この先のあなた自身の「〈わたし〉をめぐる旅」へとさらに進むために,
本シリーズ最後の「〈わたし〉をめぐる旅」へと,ご一緒に出かけましょう。

 

 
タントラヨガ哲学・瞑想の世界的な講師 Carlos Pomeda や Sally Kempton,
さらにyoga nidraの世界的な権威 Kamini Desai Ph.Dらに学び,
インドやアメリカのアシュラムでの経験や
バリ島・ウブドでのEmily Kuserのティーチャートレーニングでのアシスタント経験など,
特にここ数年間に授かった学びと経験を,これまでの人生の中で体験し得て来たすべてと合わせて
(本当はもっと長い時間やりたいんですけど(笑)やむを得ず何とか4時間に)
ギュギュ~~~っと凝縮した新しいWSシリーズが
この 「〈わたし〉をめぐる旅」 です。

アーサナレベルは初心者さんからOKのオープンレベルですから,
今回のテーマに掲げた問いに関心のある方はどなたでも歓迎です。

このシリーズの成果は,いわゆる「コーチング」のように実感できると思いますが,
でも,わたしは「コーチ」ではありません。
あくまでも「ヨガティーチャー」です。

揺るぎない〈真実〉へとつながる道,「ヨガ哲学」を拠りどころに
あなたとともに〈わたし〉をめぐる旅に出かけることを楽しみに,
nidaでお待ちしています。

 
【all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」全6回 2019/10までのスケジュール】

*yukariは,2019年,半分海外に滞在する予定のため,実施できる回数が限られております。
特に9~11月の3ヶ月間は,10月半ばの10日間しか日本におりませんので,この後の開催はすべて12月以降となります。
あらかじめご承知おきの上,どうぞシリーズ全体の実施日程を見渡した上で,ご自身のスケジュールを組んでみてくださいね。

 
「1:Who am I?~〈わたし〉と出会う旅」

12/8(日)13:00-17:00

 
「2:Where am I going?~わたしの〈意図〉を見出す旅」

12/28(土)14:00-18:00

 
「3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」

10/12(土)14:30-18:30
次回は来年に実施予定

 
「4:How do I live this reality? ~わたしと世界を〈創造〉する旅」

*この回は初回以外に受講なさってくださいね!

12/22(日)13:00-17:00

 
「5:Why am I here?~わたしの〈使命〉を探る旅」

次回は来年に実施予定

 
「6:When is the time?~わたしを〈解放〉する旅」

*この回は可能な限り最後に受講なさってくださいね!

次回は今年12月以降に実施予定

 
*参加者のみなさまの安全と集中力維持のため,
遅刻してのご参加は原則としてご遠慮いただいております。
15~10分前の到着を目安に,どうぞ余裕を持っておこしください。
(20分前からお入りいただけます。)

 
【定員】 10名(先着順)

*最低催行人数は4名です。
実施3日前までにこの人数に達しなかった場合は延期とさせていただき,
お申込みいただいた方に個別にご連絡差し上げます。

 
【料金】

各WS 8,000円(税込)

*このWSシリーズについてはnidaの回数券をお持ちの方への割引対象外とさせていただきますが,
シリーズご参加2回目以降は各回500円割引とさせていただきます。

*前日以降のキャンセルは,どうぞご遠慮ください。

再受講料金 6,000円(税込)

*すでに受講された回を再受講されたいときは,この料金で受講できます。

*満席の場合は,新規受講者を優先させていただきます。あらかじめご承知おきください。

 
【持ち物】
・動きやすい服装
・必要に応じて、筆記用具,水、タオルなど

 
【予約方法】
こちらからあらかじめご予約ください

 


【受講者限定】新WSシリーズ ”Deep Dive into the Self”

 

 
6月末よりいよいよ「〈わたし〉をめぐる旅」の続編とも言える新たなWSシリーズ

”Deep Dive into the Self”

をスタートさせていただきます。

タイトルの通り,みなさんとともに〈わたし〉へと深くダイヴするヨガWS。

全5回で構成します。

このWSシリーズは,「〈わたし〉をめぐる旅」全6回をすべて修了された方のみお進みいただけます。

 
この ”Deep Dive into the Self” シリーズには,
「〈わたし〉をめぐる旅」と決定的に違う点が3点あります。

 
一点めは,ほぼ「実技」「実践」「体験」で構成される,という点です。

つまり,基本的に,確固たる講義部分というか,
わたしから提供するあらかじめ決まったコンテンツがほとんどない,という点です。

でも,それは,わたしが何も準備しないということではありませんよ(笑)
ちゃんとガイドさせていただきますから,ご安心を(笑)
アイディアはたくさん抱えていますので。

要は,各回のテーマに沿って,その時のわたしと,その時の参加者のみなさんの
化学反応によって生み出される「体験」で構成される,ということです。
シェアリングも「〈わたし〉をめぐる旅」以上に多く含みます。

ですから,率直に申し上げて,誰にでもお勧めできるものではないかもしれません。
「自己探究=アートマ・ヴィチャーラ」にご興味をお持ちでない方,
あるいは,その学びのプロセスを経ていらっしゃらない方には,
出会いのタイミングが少し早すぎる内容かと思います。

でも,それはもちろん元来誰にでも開かれた道です。基本的にはどなたでも歓迎なのです。
ただ,今の世界,今の日本では,通常,その道がほとんど見えなくなってしまっているように感じます。
わたし自身の体験から,そう思います。

だから,その前のステップをちょっと踏んでから来ていただきたいのです。

そのため,「〈わたし〉をめぐる旅」全6回を終え,
いわば基礎的な前提の「理解」を共有し,
その「理解」を「体験」として深く落とし込む段階へと進む準備のできた方のみをご案内させていただきます。

付け加えておくと,効果をより高めるためには,「〈わたし〉をめぐる旅」をただ受け終えただけでなく,
焦らずに,それを日常の中で応用する時間をある程度経られてからご参加されることをお勧めします。

 
この一点めの違いは,そのまま二点めにも関わって来ます。

それは,同じテーマであっても,毎回内容は変わるということです。

「〈わたし〉をめぐる旅」にはレジュメもあるように,
いつ出ていただいても大きくは変わらない,いわば一定の講義内容を準備していました。

しかし,今回のシリーズでは,各回のテーマに沿って
自身の学びを経てどんどん変化して行くその時その時のわたしによって
ガイドする内容やフォーカスするポイントが明らかに変わっていきます。
数ヶ月経ったら,もう相当違うことをやっている可能性があります。
そのため,同じテーマに何度でもくり返しご参加いただく価値があるということです。
毎回新しい発見,体験が訪れることになるでしょう。

 
三点めの違いは,この新たなシリーズにおける「体験」には,「〈わたし〉をめぐる旅」以上に
通常「ヨガ」と言われるカテゴリーを超えたプラクティス内容が多く含まれる,ということです。

アーサナ,哲学,瞑想,チャンティング…ももちろん入りますが,
それ以外のプラクティス―ペア/グループでの様々なワーク,シェアリング,ソマティックムーヴメントなどを多く含みます。

もしかしたら「ヨガ」,特にアーサナをまじめ~に練習されて来た方ほど戸惑われるかもしれません(笑)

でも,だからこそ「ヨガ」だとわたしは本気で思っています。
だって,「ヨガ」は本来の「自由」に気づき,そこへ立ち戻って行くための手立てなのですから。
練習するほど「型」にはまるとしたら,それって本末転倒じゃないですか?

 
この新たなWSシリーズ ”Deep Dive into the Self” は,
正直なところ,わたし自身にとってもチャレンジングなものです。

とはいえ,恐れや不安はまったくありません。
わたしの内には,明確な意図と確信,覚悟,そして,ワクワクがあります。
このWSは,nidaの新たなステージへの移行にふさわしいパワフルな場になると確信しています。

 
第1回のテーマは ”BODY”。

そして,第2回のテーマは ”ENERGY”,

第3回のテーマは”MIND” ,

第4回のテーマは”WISDOM” です。

 
2019年の実施は,各回2日間ずつのみです。

ですから,「〈わたし〉をめぐる旅」全6回を修了されている,もしくはこの実施日までに修了予定の方は,
万障お繰り合わせの上,どうぞこの機会をお見逃しなく

 
このシリーズ全体を通じてのキーワードも,各回のテーマに関する明確な意図も
なぜこういう構成になったのかも,ここではあえて記しません。
すべて,実際のWSの中でお伝えします。

その時その時の最新ヴァージョンのわたしで,
通常クラスでは様々な制約からとても伝えきれないものを,あらゆるレベルで惜しみなく提供し,
「〈わたし〉をめぐる旅」よりもさらに先へ進むパワフルな体験へとみなさんをガイドします。

 
順番通りに受けられなくても構いません。第2回からのご参加でも大丈夫ですよ。
とはいえ,順番にはもちろん意味がありますので,可能でしたら順番通りがオススメ。

毎回みなさんとともに,各テーマを足がかりに〈わたし〉へとより深くダイヴする5時間
(途中少々休憩あり,最後のシェアリングまで含む)のプラクティス。

好奇心と信頼をもってこの新たな旅にご一緒してくださる方を
心からの愛と敬意をもってお迎えします。

 
【日時】

“Deep Dive into the Self 1 : BODY”

今年の実施は終了
来年以降の予定は後日公開

 
“Deep Dive into the Self 2 : ENERGY”

今年の実施は終了
来年以降の予定は後日公開

 
“Deep Dive into the Self 3 : MIND”

10/13(日)13:00-18:00(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)
10/16(水)10:00-15:00(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)

 
“Deep Dive into the Self 4 : WISDOM”

12/7(土)13:00-18:00(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)
12/18(水)10:00-15:00(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)

 
【料金】
各回 ¥15,000 (各回再受講 ¥12,000 *新規受講者優先)

 
【持ち物】

・動きやすい服装(しめつけが少なく,床座りしやすい服装をお勧めします)
・筆記用具,ノート
(あらかじめ「〈わたし〉をめぐる旅」のレジュメを貼ったものや,
レジュメとセットで整理できたりするものがお勧めです)
・「〈わたし〉をめぐる旅」のレジュメ(必要に応じて復習に参照)
・水,軽食など(休憩時間に自由に召し上がれるように)

 
【予約方法】
こちらからあらかじめご予約ください

 


10/12 秋の和ーユルヴェーダ・ヴィーガンちらし寿司プレート by MAKIRON’S KITCHEN

 

 

毎回大好評!Makiさんのアーユルヴェーダヴィーガンランチカフェ!
9月はyukariが在外のため,次回は10月,10/12(土)に開店します!

今回は,アーユルヴェーダの知恵を取り入れた初の和食ベース!

どうしてそうなったのか…経緯はMakiさんからのコメントをご参照くださいね〜!

ランチの前にはいつも通りアヌサラベーシック オープンクラス,
後にはワークショップ「〈わたし〉をめぐる旅3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」も実施しますので,
どうぞ合わせてお越しください^ ^

ちなみに,11月は再びyukariが在外のため,カフェの実施はありませんので,
この機会をどうぞお見逃しなく~!

月に一度のお楽しみ★
久しぶりにnidaでみなさんとご一緒できるのを楽しみに,Makiさんとともにお待ちしております!

お子さんも含めたご家族,ヨガにご興味のないご友人もご一緒にぜひどうぞ〜

 
【メニュー】

秋の和ーユルヴェーダ・ヴィーガンちらし寿司プレート 1,800円(税込)

・お野菜ちらし寿司
・小松菜の塩麹ナムル
・旬野菜のオーブン焼き 〜タヒニソース〜
・かぼちゃと小豆の煮物
・きのことわかめのお吸い物
・グルテンフリースイーツ

ドリンク(豆乳使用) 500円(税込)

・抹茶ラテ
・マサラチャイ

*全てにおいて一切の動物性食品&白砂糖不使用です。
野菜は可能な限り、無農薬野菜を使います。
メニューは予告なく変更になる場合があります。

 
【Makiさんより】

2ヶ月ぶりにnidaで開催のMAKIRON’S KITCHEN。

今回は和食!!

アーユルヴェーダ料理を2年間毎日作って食べていたのは,去年の夏まで。
その間,自宅にはお醤油や味噌など日本の調味料は置いていなかったし,作ることもありませんでした。
和食を食べるのは年に3回だけという話を以前にも聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれません。

そこからの変化があり,今はもっぱら和食。
玄米ご飯にお味噌汁,日本の発酵食品を取り入れた食生活です。
塩麹や味噌,梅干しを自分で作るようにもなりました。
週3回作っているPlus Veganique JIYUGAOKAのスタッフ弁当にも和食を取り入れています。

yukariさんにこの話をしたところ,「マキさん,今度nidaで和食やればいいじゃん?」と。
やります!(笑)と即答。

食事が変わっても私のアーユルヴェーダ精神は変わらず。
エネルギーのある旬のお野菜を使い,消化力に合った食事をすること。
調味料にもこだわり,昔ながらの製法で丁寧に作られているものを使うようにしています。
これを私は「和ーユルヴェーダ」と名付けました。

どこか懐かしい味のするちらし寿司。
日本のスパイスである胡麻を入れたナムルや旬野菜のオーブン焼き。
ほっこり甘いかぼちゃと小豆の煮物。
きのことわかめから出るダシの美味しさを感じられるお吸い物。

食後のデザートは当日のお楽しみ!

選べるドリンクは,豆乳で作る抹茶ラテか,MAKIRON’S KITCHENではお馴染みのスパイスの効いたマサラチャイ。

皆様に楽しんでいただけるよう,心を込めてお作り致します!

ちなみに,最近少しまた変化がありました!
このときにお話し致しますね!

 

 
【日時】

10/12(土) 12:00-14:00(13:30ラストオーダー)

*ランチ前,10:00-11:30には,アヌサラベーシック オープンクラスがあります。

*ランチ後,14:30-18:30には,ワークショップ「〈わたし〉をめぐる旅3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」を実施いたします。

*ご予約は前日まで受け付けております。

 
【予約】

通常通り,nidaのウェブサイト上のこちらからご予約ください。

*アレルギー等のある方は,あらかじめ備考欄やメールにてお知らせください。

 


10/14
“Sing, Breathe, Meditate.“〜夜のクレンジング&ヒーリングspecialクラス

 

マントラは,インドに長く伝わる,パワフルな音です。
特別な響きが宿っています。

わたしのグル(真の精神の師)はおっしゃいます。

「チャンティングをする時は,意味を分析する代わりに,その音の中に身を委ねなさい。
その音であなたを完全に満たしなさい。
その音がもっともっと満ちるように,あなたの内面を聞きなさい。」

「チャンティングをすると私たちの心が開き,全身全霊が大きな愛で包まれてしまうのです。」

キャンドルのほのかな灯りの中,
ハルモニウムの伴奏とともに,
いろいろなマントラをチャンティング(詠唱)します。

ただそうしているだけで,
涙が溢れて来たり,急にある感情や記憶が沸き上がって来たり…
内側から自然にクレンジングとヒーリングが起こります。

歌うこと自体も瞑想的なのですが,
その後の余韻の中で訪れる静寂はさらに心地よく,
自ずと瞑想的な状態に引き込まれて行きこまれていくでしょう。

歌うのが苦手,という方もどうぞご心配なく。
チャンティングで大切なのは,
「チャンティングとともにその瞬間そこに在ること」だと思います。

チャンティングの後はブレスワークへと進みます。

このブレスワークは一見極めてシンプルで,ただ呼吸をするだけなのですが,
実はパワフルな浄化や癒しを伴う,深いエネルギーワークです。

そして,その後は,そのままリラクシングな瞑想へ。

瞑想から戻って来たら,最後にお茶を飲みながらシェアします。

チャンティングもブレスワークもメディテーションも,
それぞれ極めてパワフルな浄化と癒しのプロセスなのですが,
それを組み合わせてやってしまおう!という欲張りなspecialクラスです。

このspecialクラスは,2018年夏以降,可能な限り毎月定期的に実施しています。
毎回異なる歌や瞑想法で変化があり,リピートする方がとても多い大好評のクラスです。
特に,ブレスワークは繰り返すほどパワフルです。
毎回異なる体験があるでしょう。

平安な心持ちでわたしたちの本質を思い出すべく歌い,
安心して深く呼吸し,穏やかに瞑想できる場をご用意します。

老若男女どなたでも心から歓迎いたします。
身体を締め付けないリラクシングで座りやすい格好でお越しくださいね。

 
【日時】

10/14(月・祝)17:00-19:00

*同じ内容で構成されますが,チャンティングするマントラは毎回変わります。
また,ブレスワークは繰り返すほどパワフルです。毎回異なる体験があるでしょう。

 
【参加費】 4,500円(税込)

 
【定員】 11名

 
【予約方法】
こちらからご予約ください

 


【開催決定!】10/20-25 女性のためのスペシャルバリリトリート
〜豪華ゲストが次々参加!Emily Kuserによる一日WS,NaoちゃんのWSやバリ人聖職者と行く聖水での沐浴等々!

 

 

ようやくみなさんに詳細をお知らせできる準備が整いました,
今年10月の6日間バリリトリート!

今回は,10/20(日)~25(金)の5泊6日に,19(土)夜の前泊もつけて,
女性のみなさんだけを対象に実施させていただきます!

ご関心を持ってくださっている方,
すでに「10月も行きます~!」と力強く参加の意思を表明してくださっている方,
本当にありがとうございます!

おかげさまで,この4月にショートヴァージョンで実施した初のバリリトリートは,
参加者全員から満足度5段階で「5:すごく良かった」,
さらにはは「5!というか選択肢の100倍位上。想定外のスケールでした」というお言葉まで頂戴し,
大好評のうちに幕を閉じました。

涙と笑顔がいっぱいの時間の中で,みなさんが変化していく姿は本当にすてきでした!

*このリトリートの感想は3回にわたってこちらに掲載しています。

 
さて,わたしの先生Emily Kuserもゲストに1日迎え,
バリ人聖職者もお呼びし,
さらにはNaoちゃんも全面的にサポートしに来てくれるこのリトリートの最大の特徴は,
何と言っても,「親密さ」と「内容の濃さ,充実度」です!

わたしがあえてこうした濃ゆいリトリートを実施している理由は,
これまでも繰り返しお話しして来た通り,
わたしのリトリートの原点が
わたし自身が6年前に参加した,Emilyによる
人生の転機になったと言っても過言ではないインパクトを持っていた
濃密なプログラムにあるからです。

「…わたしは,それ以外の道を知らずに30年以上生きてきて,
自己嫌悪と劣等感と嫉妬にさいなまれ続けてきました。
いわば,その道の申し子,プロフェッショナルでした。

でも,違う選択肢が見え始めて,ビビりつつもちょっとずつ試してみて,
あ,わたしはこっちの方が自由で楽しくていいなあ,と感じただけ。

以来,かつてのルートで鍛えられた「思考」優位のわたしももちろん未だに抱えながらも,
年々,この新たなルートを「感覚」とともに歩む覚悟が自然と深まっているというだけです。

振り返ってみると,わたしがこのルートを歩むことになった最初のきっかけとなったのは,
30代に入って起きた,それまでのわたしの想像をはるかに超えた,
「思考」を完膚なきまでにぶっ壊される人生体験でした。
それから,「統合」に長い時間がかかりました。

ヨガで促進されたその「統合」のプロセスの中でも特にわたしにとって大きかったのは
Emilyとバリとの出会いでした。

6年前に彼女に初めて出会った彼女のリトリートは,振り返ってみれば人生の転機となりました。

ヨガのリトリートって,たいてい,
ヨガ,瞑想,自由時間,健康食とかで構成されていますよね。

彼女のリトリートって,全然違ってたんですよ。

結構深いワークを色々やったり,ダンスしたり,特別講師を呼んで映画を観てシェアしたり,
みんなで一緒にお料理を作ったり,シタール奏者の伴奏付きクラスがあったり…
何というか,アーサナはプログラムの中のほんの一部で,
もっと自由で,「感覚的」で,魂に触れるようなものだった。

その中でわたしに残ったのは「ああ,わたしは大丈夫だ」という根拠のない「感覚」でした。

それは,わたしの今に大きく繋がっています。今もその感覚とともに生きているから。

だから,わたしにとって「リトリート」っていうのは,
自然の中で身体動かしてスッキリ!みたいな表面的なものじゃなくて。
もっと深く魂に触れるようなもの,人生がより自由に拓けるきっかけになる濃密な時間,
というイメージなんです。」(newsletter no.68より引用)

 

 

実際,2017年7月以降nidaで提供させていただいてきたのは,そんなリトリートです。

そして,いつかはわたしの魂の故郷 バリで,Emilyにも来てもらってリトリートを!
…そう頭の片隅でイメージを描き続けて5年以上。

時間をかけて,現地の友人たちとの信頼関係も構築してきた末に,
今年4月にようやくショートヴァージョンにて初のバリリトリートが実現しました。

そして,この10月,いよいよ長年の構想通りのロングヴァージョン
5泊6日(+前泊1)のリトリートを,バリ島ウブドのプライベートヴィラにて,
これまでnidaでのリトリートで培ってきたものをベースに,バリならではのエッセンスをふんだんに取り入れつつ,
フリータイムとのバランスも配慮しながら,可能な限り内容の濃いプログラムで初実施いたします!

また,より安心して深い体験をしていただけるようにと考慮した末,
このリトリートは女性限定とさせていただくことにいたしました。
(男性のみなさん,ごめんなさい。)

 

 

…というわけで,改めて,このリトリートの最大の特徴は,

「親密さ」と「内容の濃さ,充実度」です。

 
まず,「親密さ」。

バリ島ウブドにある大きなプール付きのプライベートヴィラを貸し切って,
女性のみ,最大15人程度までの少人数で行います!

このプライベートヴィラにはものすごく大きなプールがあり,
空き時間には気兼ねなく泳いだり日光浴を楽しめます!

また,ヨガクラスやセッションのための広いスペースも。
同じ敷地内にあるツインあるいはシングル(ダブルベッドのシングル利用)のお部屋で
実際には前泊を含む6泊,ゆっくりお過ごしいただけます。

自然に囲まれた,静かでプライベートな空間で
安心して共に体を動かし,寝食を共にし,さらに,多くのペア/グループワーク,シェアリングも通して,
参加者のみなさん同士はもちろん,
わたしもEmilyもNaoちゃんも含めた深いつながりが自ずと育まれて行きます。

 
そして,最大のポイントは何と言っても「内容の濃さ,充実度」。

必然,お金も,宿泊施設以上にプログラム内容にかけています。

時間も,身体を動かすヨガクラスよりも,
哲学セッション,様々なワーク,ブレスワーク,チャンティング,ヨガニドラーなどに多く割いています。

この3年間来日ワークショップを主催し大好評を博しているわたしの先生Emily Kuserも
10/22に,彼女の専門である 「女性のためのセルフケア」をテーマに
わたしたちのためだけの特別なワークショップを実施しに来てくれます!

さらに,親しくしているバリ人聖職者のご夫妻にお願いして
ウブドから離れた聖水の地へ共に沐浴に行ったり,
リトリートの最後には特別なセレモニーを執り行なっていただいたりする予定!

また,4月に引き続き,Naoちゃんも全面的にサポートしてくれるほか,
今回は,みんなで一緒にバリでさっそく腕や素足につけられる
天然石ビーズのブレスレット/アンクレット(どちらの目的でもあなた次第で)作りと
火を使わないロースイーツ作りをガイドしてくれます!

このほか,シークレットゲストをお呼びしての特別なヨガクラスなど,サプライズのお楽しみもご用意!

さらに,今回のリトリートは女性限定ですので,
女性のためのシークエンス,女性で囲むサークルでのシェアも大きなポイントです。
また,みんなで一緒に食べる食事は,4月とはまた別のyukariのお気に入りのレストランにもお連れしますよ~!

 

 

…と,そんなわけで,この盛りだくさんのリトリートは,

日常を離れ,バリならではの楽しみも大いに味わいつつ,
より内側からのクレンジング&ヒーリングに溢れた
深い“atma vichara”(アートマ・ヴィチャーラ)=「自己探究」の時間を持ちたい
という意思をお持ちの女性に向けてお届けいたします。

これまた常に申し上げていますが,
リトリートに参加されるにあたって何よりも大切にしていただきたいのは,
あなたの内側の「響き」です。

あなたの中で何かが響き渡るとき,
あなたの中で何かが意識的な「意志」を超えて
ただシンプルに「あ,これ行こう!」「これに行くことになっているんだな」と指し示すとき,
すべての障害は自ずとあなたに道を明け渡しますから。

そして,そういう方に10人以上集まっていただけたら,
もうその時点で間違いなくパワフルな成果の約束されたリトリートになりますから。

ハタヨガ経験の有無も一切問いません。
ヨガクラスは老いも若きも関係なく誰にでもでき,日常に取り入れてもらえる動きのみを行いますので。

ただ内なる「響き」に導かれていらっしゃる方を,
わたしが世界で最も愛する場所バリ島・ウブドにて,
心からの愛と敬意を込めて,歓迎いたします。

それでは,以下の詳細をご覧いただき,
ピンと来た方,何かが心に「響いた」方は,
どうぞお早めにご予約くださいね!

 
*************
このリトリートのポイント!
*************

 
【ハタヨガ,瞑想だけじゃない!まさにヨガの「全部盛り」リトリート!】

ハタヨガ,瞑想はもちろんですが,
それ以上にヨガ哲学セッション,ヨガニドラー,チャンティングなど,贅沢なヨガの「全部盛り」リトリート!
さらにはウィメンズサークル,ブレスワークやどぅる~んタッチなどのパワフルなワークも取り入れます。

朝の女性のためのハタヨガ・瞑想から始まり,日中のセッション~夕方のリラックスヨガ,
夜のチャンティング,就寝前のヨガニドラーまで。

このほか,ちょっと趣向の異なる特別なクラスも企画しています^ ^

カラダ・アタマ・ココロ・ハラのすべてに働きかける広範なヨガのプログラムの中で,
あふれんばかりの気づきと学びがやってくることでしょう。

また,ペアやグループでのワークやシェアリングによって,参加した女性たちとのつながりが深まり,
安心感と一体感が広がるとともに,
あなたの内側で,クレンジング・ヒーリングが自ずと起こることでしょう。

 
【Emily Kuserに「女性のためのセルフケア」を学ぶ一日】

このリトリートの3日目,10/22には
わたしが7年間師事している,すばらしいヨガティーチャーEmily Kuserをゲストティーチャーに迎え,
「女性のためのセルフケア」をテーマとした1日ワークショップを行います。

すでに3回にわたり彼女の来日WS・リトリートを主催していますが,
おかげさまで毎回大絶賛のお声をいただいています。

Emilyは,長年にわたり,ウブドにある大きなスタジオThe Yoga Barnで
レギュラークラス,ワークショップ,トレーニングを実施し,
的確な指導とあたたかく愛に溢れた人柄で人気と信頼を博してきました。

しかし,現在ではレギュラークラスをすべて手放し,
日本も含めた世界各地でのトレーニング,ワークショップ,リトリートに飛び回っています。

そのため,今やバリでは基本的に年間2回のティーチャートレーニングと
若干のワークショップを実施するのみとなっている彼女のWSを
朝から夕方まで丸一日,それもこんな少人数で受講できるのは,本当に貴重な機会です!
どうぞお楽しみに!

*すべてyukariによる通訳が入ります。

*体を動かすヨガの時間も含みますが,メインはセッションです。

 
〈講師 Emily Kuser〉
 

Yoga Alliance認定 E-RYT500
High Vibe Yoga 主宰 highvibeyoga.com

バリ島・ウブドのThe Yoga Barnを拠点にヨガを教えている。

毎年2回,同スタジオで200時間 High Vibe Yogaティーチャートレーニングを主催。

さらにヨーロッパやインドなど世界各地でワークショップや
女性のためのセルフケア50時間トレーニングを実施するなど,
世界各地を軽やかに飛び回って精力的に活躍中。

ホリスティックなセクシュアリティも専門とし,
「性を理解する」などのワークショップも実施。

また,近年はネパールで瞑想を学んだり,各種トレーニングに参加したりと
自らの研鑽のためにも世界中を駆け巡っており,
陰ヨガや瞑想にも通じている。

エミリーのHigh Vibe Yogaプロジェクトのヴィジョンは明快。
「旋風を巻き起こそう(‘shake things up’)」!

 
Emily Kuser 500 E-RYT

Emily is a teacher at The Yoga Barn in Ubud, Bali and offers classes
in Hatha Yoga, Yin Yoga & Meditation as well as weekly Women’s Circles.
Emily also specializes in holistic sexuality and facilitates workshops called
Understanding Sex. Her 200 Hour High Vibe Yoga Teacher Trainings are
held twice a year as well as her 50 Hour Women’s Self-Care Trainings.
Emily’s vision for the High Vibe Yoga project is clear.
She wants to ‘shake things up’.

*Emilyについてわたしが語ったブログ記事はこちら

 
【多様なゲストによる様々な特別プログラム!】
 

今回のロングヴァージョンのリトリートでは,
ようやくみなさんをウブドの外へとお連れすることができます!

親しくしているすばらしいバリ人の聖職者の夫妻と共に
バリの人たちが古くから大事にしている聖水の地に出かけ,
全身を浸して内側からの深い浄化を体験しましょう!
また,彼女たちはこのリトリートを締めくくる最後のセレモニーも執り行なってくれます!
前回のリトリートでもシークレットでお呼びし,
感動のお声をたくさんいただいた祝福のセレモニーを,あなたもぜひ体感してください!

また,
nidaで大人気のアクセサリーをすべて手作りしているNaoちゃんが
今回のリトリートでも,みなさんを全般にわたって親身にガイド&サポートしてくれます!

さらに,今回は,
彼女が自らインドで仕入れてくる美しい天然石ビーズの中から
バリのヴァイブレーションがあなたの感性を刺激するままにお好きなものを選んで,
さっそく腕や素足につけられるブレスレットあるいはアンクレットを
あなた自身の手で作り上げましょう!

ここでのあなた自身の,さらにはウブドやグループのエネルギーを編み込んだ,あなただけの特別なアクセサリーは,
帰国後の日常生活においても,常にパワフルなリマインダーとしてあなたをサポートしてくれることでしょう。

さらに,Naoちゃんはロースイーツ作りもガイドしてくれます!
バリ産のカシューナッツやカカオなどをたっぷり使って
火を通さないヘルシーでおいしいスイーツをみんなで作っていただきましょう!

また,このリトリート中も,オプションにて,Naoちゃんが
天然石のマクラメアクセサリーのオーダーメイドも受け付けます!
対面セッションにて、たくさんの天然石の中から、
今のあなたのぴったりのサポートをしてくれる石を選びます。
このオーダメイドアクセサリーは,12月のyukariの帰国時に日本にお届けいたしますね!

*料金は石によって変わりますので,直接現地でNaoちゃんにご相談くださいね。

 
【オプション:yukariとのプライベートセッション】

リトリート中のフリータイムはもちろん,開始前日の10/19(土),最終日10/25(金)の午後も
ご希望に応じて1時間のプライベートセッションを実施します。
お部屋でどぅる~ん×アロマタッチセラピーの施術を受けることも。

通常15,000円で実施しているセッションですが,
この10/19-25の間は,1時間につき10,000円の特別価格にてお受けします。

事前のご予約はもちろん,
このリトリートの中で何かじっくり話したいことが出てきたとき,
深くにあるリリースしたい何かを感じ始めたときには,
現地でいつでもお気軽にお声かけくださいね。

 
【大きなプール付のプライベートヴィラを貸し切り!】
 

今回のリトリートは,とっても大きなプール付のプライベートヴヴィラを貸し切って実施します!

ポジティヴなエネルギーを持った信頼できるバリ人マネージャーが,
わたしたちのリトリートを全面的にサポートしてくれます。

このヴィラは街の中心から車で10分もかからない便利なところにありますが,静かで,広いお庭があります。

しかも,わたしたちだけの貸し切りですから,心から安心してお過ごしいただけると思います。

また,ヴィラの中でバリニーズマッサージを受けることもできますよ~!

フリータイムは,街に出かけるだけでなく,
どうぞこの敷地内で,太陽の光をいっぱい浴びながら
のんびりとご自分の時間を満喫なさってくださいね。

 
【yukariが6年以上通い続けているウブドの魅力をギュッと凝縮!】
 

わたしは,この7年間で12回ウブドに通っています(笑)
この間に,多くの現地の友人ができ,お気に入りのレストランやショップも見つけました。

今回のリトリートの開催場所も,わたしのお気に入りのレストランの一つのすぐ近くにあります。
ウブドの中心地から車で10分弱のところにあるので,
フリータイムにもサッと街へ出かけてお買い物やディナーを楽しめますよ!

ウブドの街にあるわたしのオススメスポットもたくさん教えちゃいますし,
みんなで行く食事も,お気に入りのおいし~いレストランへご案内しますので,どうぞお楽しみに!

また,みなさんの到着時には小さなウェルカムギフトとして
yukariセレクトのバリグッズもお部屋にご用意してお待ちしていますね~^ ^

 
****
実施日程
****

2019年10月20(日)~25日(金) (5泊6日)

*特に直前に日本から来る場合,フライトスケジュールの都合上,
ほぼ確実に10/19(土)からの前泊が必要になります。

そのため,リトリート自体は10/20からのスタートとなりますが,
宿泊は前日夜から6泊抑えてあり,料金にも含まれていますのでご安心を。
10/19夜までに確実にウブド入りしてくださいね。

(万一前泊が不要な場合のみ,予約時にお知らせください! )

*このリトリート中には国民の祝日「天皇即位の日」(10/22)が含まれています。

 
**********
スケジュール(予定)
**********

*スケジュールは変更になることがあります。予めご了承ください。

【2019/10/19(土)】
正式なリトリートプログラム開始前ですが,前泊のため,17時以降チェックインできます
(夜中の到着でもお待ちしていますね)

【〈1日目〉 2019/10/20(日)】
7:00- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
9:00- オープニングサークル~セッション1
11:30- レストランへ移動し,ウェルカムランチ~その後,フリータイム(プール,プライベートセッションなど。また,この時間から翌日にかけて,各自10分程度,yukariとのプライベートセッションが入ります)
14:30- ロースイーツ作り with Nao
16:00- セッション2~リラックスヨガ
18:00- みんなでディナー ~その後フリータイム(プライベートセッション,シャワーなど)
21:00-22:00 チャンティング&ヨガニドラー

【〈2日目〉 2019/10/21(月)】
7:00- モーニングヨガ&瞑想
8:45- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
9:30- セッション3
11:30- みんなでランチ ~その後フリータイム(プール,プライベートセッション,お昼寝,マッサージなど)
14:00- アンクレット/ブレスレット作り with Nao
16:00- リラックスヨガ~セッション4
18:00- フリータイム(ディナー,プライベートセッション,ショッピング,マッサージなど)
21:00-22:00 チャンティング&ヨガニドラー

【〈3日目〉 2019/10/22(火)】
7:00- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
8:00- ゲストティーチャー Emily Kuserを迎えて:モーニングヨガ&瞑想~セッション
11:30- みんなでランチ ~その後フリータイム(プール,お昼寝など)
13:30- 引き続きEmilyを迎えて~セッション
17:30- フリータイム(ディナー,プライベートセッション,シャワーなど)
20:00-22:00 セッション5~チャンティング&ヨガニドラー

【〈4日目〉 2019/10/23(水)】
7:00- ウブドを離れ,聖水の地へ沐浴に
13:30頃 みんなでランチの後,ヴィラに到着予定 ~その後フリータイム(プール,お昼寝など)
15:00- リラックスヨガ~セッション6
18:00- フリータイム(ディナー,プライベートセッション,ショッピング,マッサージなど)
20:00-22:00 セッション7~チャンティング&ヨガニドラー

【〈5日目〉 2019/10/24(木)】
7:00- モーニングヨガ&瞑想
8:45- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
9:30- セッション8
11:30- フリータイム(ランチ,プール,プライベートセッション,お昼寝,ショッピング,マッサージなど)
17:30- レストランへ移動し,フェアウェルディナー
20:00-22:00 セッション9~チャンティング&ヨガニドラー

【〈6日目〉 2019/10/25(金)】
7:00- モーニングヨガ&瞑想
8:45- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
9:30- セッション10
11:30-12:30 クロージングセレモニー


 

**
場所
**

インドネシア バリ島 ウブド中心街に近いプライベートヴィラにて

(詳細はお申込みいただいた方にお知らせします。
大きなプールや無料Wi-fiも完備の広くて静かな心地よいヴィラです。)

 
***
参加費
***

【通常早割料金(8/31までの予約分)】
・ツイン(前泊込みの6泊): 175,000円(税込)
・ダブルのシングル利用(キングサイズベッド)(前泊込みの6泊):188,000円(税込)
・ダブルのシェア利用(お二人で同時にお申し込みいただける場合のみ)(前泊込みの6泊):170,000円(税込)

【通常料金(9/1以降の予約分)】
・ツイン(前泊込みの6泊): 185,000円(税込)
・ダブルのシングル利用(キングサイズベッド)(前泊込みの6泊):198,000円(税込)
・ダブルのシェア利用(お二人で同時にお申し込みいただける場合のみ)(前泊込みの6泊):180,000円(税込)

 
*ツインは,お誘い合わせの上でお申し込みいただくか,ご希望をお預かりしてこちらでマッチングします。
いずれのお部屋についても先着順で受け付けます。
ご希望のお部屋が満室の場合は,別室のご案内を差し上げますので,予めご了承くださいませ。

*一人部屋をご希望の場合,ダブルルームのシングル利用となります。

*ダブルルームはキングベッドのため,十分な広さがあります。
お友達同士あるいは母娘・姉妹同士でご同意の上,お二人で同時にお申し込みいただける場合のみ,シェア利用価格を適用させていただきます。
(こちらでのマッチングは承りませんので,あらかじめご了承くださいませ。)


 

*費用に含まれるもの
・宿泊費(前泊を含めた6泊分,プール・無料Wi-fi完備,タオル・石けんあり)
・yukari & Emilyその他ゲストによる全てのヨガクラス・セッション・セレモニー等
・フルーツなど軽めの朝食6回
・ランチ4回
・ディナー2回
・ウェルカムギフト(yukariセレクトのバリグッズをお楽しみに!)

 
*費用に含まれないもの

・往復航空券
直行便はガルーダ航空やJALのみ。
前日夜には現地入りできるよう,ご自身で手配なさってください。
(お値段は上がりますが,ガルーダ航空はとにかく便利!
一方,ソウル乗り換えの大韓航空便,クアラルンプール乗り換えのエアアジア便などでしたらもっとお得です!)

・空港からの往復タクシー代(ご要望に応じて手配します。必要な方はフライトが決まり次第お知らせください!乗り合わせるほど安くなりますので,フライト自体,他の人と合わせて手配するのもオススメです。)

・ランチ1回,ディナー3回(街のレストランでお好きなものをどうぞ!もちろんオススメはお教えしますし,グループで行くのもアリ!)

・Naoちゃんのオーダーメイドアクセサリー

・オプションとしてのyukariとのプライベートセッション

・その他,個人的なおみやげ等,費用に含まれていないもの一切

 
*費用は事前に銀行振込にてお願いいたします。
開催確定後にお振込ご案内メールを差し上げますので,速やかにご入金ください。

*キャンセル料については以下のように対応させていただきます。
返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。
また,航空券等ご自身で手配されたものについては,一切の対応はいたしかねます。

9/31まで 全額返金
10/11まで お申込みいただいた合計金額の半額
10/12以降 お申込みいただいた合計金額の全額

*このヴィラでは延泊のご希望は承れません。この期間以外の宿泊については,ご自身で手配いただけますようお願いいたします。

*お子さんがいらっしゃる方がご参加をご希望の場合,ご家族でウブドにいらして,
一人がリトリートプログラムに参加,一人がお子さんと過ごすということも可能ではあります。
ただ,率直に申し上げて,ご家族や日常から離れないと,リトリートの効果は十分には得られないかもしれません。
その点はどうぞあらかじめご承知おきの上,お気軽にご相談くださいね。

 
****
予約方法
****

通常通り,まずはnidaのウェブサイト上のこちらからご予約ください

★お申し込み時,備考欄に,必ずご希望の部屋タイプをご記入ください!
(シングル/ツイン/シェア のいずれかを簡潔にお書きください。
*シェアの場合は,「シェア 山田花子」のように同室の方のお名前もご記入を!)

ご予約受付後に,確認メールをお送りします。
さらに,開催確定後にお振込ご案内メールを差し上げます。

また,このリトリートに関して何か気になること,ご相談になりたいことなどありましたら,
お気軽にこちらよりお問い合わせくださいね

 


12/14-15 初開催!Andrea Boni(アンドレア・ボーニィ)アヌサラヨガ&瞑想 2日間東京ワークショップ

 

 

実は調整に2年… ようやく開催のお知らせにこぎつけました!

イタリアのアヌサラヨガ正式認定者で経験豊かな瞑想実践者でもあるすばらしいヨガティーチャー
Andrea Boni(アンドレア・ボーニィ),初の来日ワークショップ in TOKYO~~!!!

アンドレアがいかに特別なヨガティーチャーであるかは,
この後わたしもたっぷり書かせていただきます(笑)

 
…が,その前に!
まずはこの2人からの熱い推薦文をご覧くださーい↓↓

 
「アンドレアは,誰もが好きにならずにはいられない稀有な先生の一人です。
それは,彼の愛―自分が教えていることへの愛(しかも言動が一致しているのですから!)と生徒への愛の組み合わせがなすものです。
プラクティスに関する彼の知識にその愛が加わったなら…
絶対に見逃せない先生になるのは必然です!」

―by Carlos Pomeda (カルロス・ポメダ)

“Andrea is one of those rare teachers who is impossible not to like-it’s a combination of his love for what he teaches (and he walks the talk!) and love for his students.
Add that to his knowledge of the practices and the result is a teacher not to be missed!”

 

*カルロス(写真右,詳しくはこちら)は,studio yoggyにもこれまで足掛け約10年間招かれているだけでなく,常に世界各地を飛び回って教えている,世界的な瞑想・ヨガ哲学講師です。
わたしが心から敬愛し,世界中追いかけて学んでいる
わたしが最も影響を受けている先生の一人であり,同時に,この精神の道におけるお父さんのような存在です。
近年はstudio yoggyでの彼のワークショップで通訳を務めるという光栄も授かっています。
カルロスは,アンドレアが若い頃から深い親交があり,その成長を見守ってきた一人です。

 
「わたしたちはアンドレアが大好きです!
アンドレアは,バリ島・ウブドでのわたしのHigh Vibe Yoga ティーチャートレーニングで瞑想とタントラ哲学を担当している先生です。
彼の心あたたまる教えと親愛は,周りにいるみんなを楽しませてくれます。
彼はわたしの親しい友人であり,また何十年にもわたる知恵と経験を持ち合わせた美しい先生です。
彼のワークショップに参加されることを,心からお勧めします!
帰り際には,愛され,インスパイアされ,支えられた気持ちになっていることでしょう。」

―by Emily Kuser(エミリー・クーザー)

“We LOVE Andrea Boni!
Andrea is a meditation and tantric philosophy teacher on my High Vibe Yoga Teacher Trainings in Ubud, Bali.
His warmhearted teachings and friendliness are so enjoyable to be around.
He is dear friend and a beautiful teacher with decades of wisdom and experience.
I highly recommend joing any of his workshops!
You will leave feeling loved, inspired and supported.”

 

*エミリーについてはもう説明不要ですね(笑) →詳しくはこちら
バリ島に拠点を置きながら,世界中でトレーニング・ワークショップを開催している
わたしのメインティーチャーであり,友人であり,同僚でもある,すばらしいヨガティーチャーです。

 
…というわけで,もう十分おわかりですね。
カルロスやエミリーに,あるいはわたしに何かしら結びつきを感じてくださっているみなさんは,
もうアンドレアのワークショップに行くしかない!ってことが(笑)

この後にもくり返し述べますが,
今回実施する12/14-15の2日間のワークショップについて,
わたしはアンドレアに,すべてオープンレベルで実施してほしいとお願いしました。
アーサナ・瞑想の初心者さん~長きに渡る実践者の方まで
アンドレアに会いたい!学びたい!と感じた方をすべてのセッションにおいて受け入れたいからです。

また,わたしは,土日2日間とも
午前はアーサナ(ポーズ),午後は哲学・瞑想のセッションをリクエストしました。
そのすべてをオープンレベルとしていますので,
アーサナの経験が短い方も,哲学・瞑想をあまり学んでいらっしゃらない方も
全セッションにおいて歓迎いたします。

つまり,このワークショップの全セッションがみなさん全員に開かれています!
ますます行かない理由がありませんね(笑)

では,そういう前提でこの後のさらなる詳細をお読みになり
ワクワクに導かれるままご予定を空けてすぐにご予約くださいませ~!

*****

 
冒頭でご紹介したカルロス&エミリーの推薦文で,もうすでにお心は決めていらっしゃると思いますが(笑)
わたし自身からもちょっとアンドレアのことをご紹介させてください。

 
*え?まだ決めてない?!?!
彼の愛に満ちたあたたかい眼差しを見たら100%会いたくなること請け合いだと思うのですが,
それでもまだ彼の写真が見足りない方(笑)は→こちら

 
アンドレアとは,2年前にロンドンで知り合って以来,
バリ,イタリアでも何度もご一緒し,親交を深めてきました。

彼は,わたしが2年前,そして今年5-6月にも参加したイタリアでの瞑想リトリートの共同主催者であり,
また,エミリーのバリでのティーチャートレーニングにおける哲学・瞑想のゲスト講師でもあります。

 

 

彼は,知識・経験の豊かなヨガーティーチャーであることはもちろんなのですが,
とにかく愛に満ちたその存在そのものがすばらしく,
いつかぜひ日本のみなさんに会わせたいと思って,2年前から来日をお願いし続けてきました。

しかし,彼はヨーロッパ中でワークショップやティーチャートレーニングに引っ張りだこの
大人気のアヌサラヨガティーチャーなので,
とにかくひたすらスケジュールが合わなかったんですよ~!

それでも,会うたびにしつこくラブコールをし続け(笑),待って待って…

ようやく今年の12月,
わたしも再びアシスタントに入るエミリーの11月のトレーニングでバリにいらした後,
オーストラリアを経由して,日本にお越しいただく算段がつきました!

 
世界中にすばらしいヨガティーチャー,アヌサラヨガティーチャーが数多くいる中でも
わたしにとって,彼が他のヨガティーチャーたちと一線を画してスペシャルな理由は,
彼が,特別な星の下に生まれた,生まれながらのヨギーだからです。

彼は,非常に献身的なヨギーのご両親の元に生まれ,
彼自身も若い頃から瞑想し,さらにはグルのイタリア語通訳もしていたそうです。
アヌサラヨガティーチャーになったのはその後ずいぶん経ってから。
つまり,彼は「普通の」ハタヨガティーチャーではありません。
瞑想を主軸とする真のヨガの道のいわばサラブレッドなのです。

エミリーも「アンドレアが大好き」と言っているように,
ヨガが深く染み込んだ彼のあり方が,わたしは大好きです。
だから,みなさんにぜひ会わせたい!と思って来たのです。

 
こうしたわたしの思いから,
今回実施する12/14-15の2日間のワークショップは,すべてオープンレベルでの実施をお願いしました。

アーサナ・瞑想の初心者さん~長きに渡る実践者の方まで
アンドレアに会いたい!学びたい!と感じた方をすべてのセッションにおいて歓迎いたします!!

また,わたしは,土日2日間とも
午前はアーサナ(ポーズ),午後は哲学・瞑想のセッションをリクエストしました。

そのすべてをオープンレベルとしていますので,
アーサナの経験が短い方も,哲学・瞑想をあまり学んでいらっしゃらない方も
全セッションにおいて歓迎いたします。

 
とはいえ,こっそりと(?)わたしたちの正直な意図を申し上げると…

このワークショップは,はっきり言ってすべて瞑想のためのもの,
すべては瞑想に向かうために構成しています。

つまり,午前のアーサナクラスも,午後の瞑想のための準備という明らかな意図をもって構成しています。

ですから,
可能な限り,午前/午後をバラバラにとるよりも,
1日でもお時間をとって,午前-午後を組み合わせて参加されることを強くお勧めいたします。

もちろん,それが難しい場合,
たとえ1セッションでも,アンドレアのエネルギーを感じにお越しいただくことも大歓迎です!
特に,彼の本領が遺憾なく発揮される午後の哲学・瞑想のセッションに,ぜひいらしてくださいね!

 
それでは,以下の詳細をどうぞじっくりとご覧ください。

アンドレアは場のもつエネルギーを非常に重視する先生であることもあり,
会場も新たにすてきな場所を確保しました。
受け入れ可能な人数に限りがありますので,参加を決意された方はどうぞお早めのご予約を!

 
*瞑想未経験の方でももちろんご参加可能ですが,このWSでの学びが一層広がるように
未経験あるいは経験の浅い方には,参加される前に,可能な限りnidaでの瞑想クラスや
瞑想を含むWS「〈わたし〉をめぐる旅」を体験されることをお勧めします!

 

 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
2019/12/14(土)-15(日) 2日間ワークショップ in 東京
「あなた自身のハートのシンフォニーを奏でる」
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 
【ワークショップ概要】

2019 アンドレア・ボーニィ 2日間アヌサラヨガ&瞑想ワークショップ in 東京
「あなた自身のハートのシンフォニーを奏でる」

A two-day Anusara Yoga and meditation workshop with Andrea Boni in Tokyo, 2019.
PLAY THE SYMPHONY OF YOUR OWN HEART.

プラクティスにおける繊細さを見出すことで,マットの上でのあなたの経験は劇的に変わります。
それは,楽器の調弦に似ています。きつすぎず緩すぎず,ちょうどいい具合に弦を張るように。

この2日間のワークショップでは,肉体への繊細なアプローチを取り戻しながら
あなたのアーサナのプラクティスを効果的なアラインメントによって強化していきます。
わたしたちのこの冒険への主要なポイントとなるのが
「内なるフォーカス」と「やさしさ」です。

瞑想の世界に深く通じたアンドレアのガイドによって,瞑想へのアプローチは
初心者から上級者まで,あらゆる生徒にとって,より気楽で楽しいものになることでしょう。

Finding the subtlety of your own practice can radically change the experience you have on the mat.
It is like keeping the string of an instrument at just the right tension- neither too tight nor too loose.
This two-day workshop is intending to strengthen your asana practice by efficient technical alignment while regaining access to a sensitive approach to the physical body. Inner focus and gentleness will be the leading qualities to our adventure.
Andrea’s proficiency in the meditation world will make the approach to meditation easeful and fun for all types of students, from the newcomers to the most advanced practitioners.

 
Day 1 オープンレベル(初心者さんからどなたでもOK)

〔セッション1〕 12/14(土)10:00-13:00
「あなたの楽器を調整する」(アヌサラヨガクラス)
Tune your instrument

音楽家がその技量と自信をもって楽器に触れるのと同じように,
ハートのパワーは,思慮深い身体的アラインメントをもって,
より情熱的にそれ自体を表現することができるようになります。
身体的な制約を和らげ,地面との力強い関係を築くことで,後屈は最高の体験となることでしょう。
また,このプラクティスは,細やかに観察することと委ねることとが鍵となる
午後の瞑想のワークショップへの準備となります。

In the same way a musician touches an instrument with ability and self-confidence, similarly a thoughtful physical alignment allows the power of the heart to express itself with enthusiasm.
By softening physical boundaries and strengthening the relationship we have with the ground can make back-bends an ecstatic experience.
This practice will be preparatory for the afternoon meditation workshop where close observation and surrender will be the key qualities.

 
〔セッション2〕 12/13(土)14:00-17:00

「至福のシンフォニーの中で自らの楽器を響かせる」(瞑想クラス)
Play your own instrument in the symphony of Bliss

パタンジャリが『ヨガスートラ』の第1章で説いた瞑想への4つのステップは
「サマーディ」あるいは深い瞑想の経験への安全なハシゴと言えるでしょう。
細やかに観察すること,例えば粗大な対象物,微細な対象物,内なる至福の経験,
そして,わたしたちの存在そのものの意識に集中することは,
わたしたちが内なるフォーカスと,プラクティスに委ねること
―その双方の間でいかに振れればよいかを教えてくれます。
音楽家たちが,いかに個々の演奏を見失うことなく,毅然として指揮者の指示に従っているかを想像してみてください。
このワークショップでは,まさにそれと同様,
内なる世界に委ねることで容易にやってくる内なる至福(「アーナンダ」)との結びつきを保ったまま,
自身の集中を高めていくことを目的としています。

The four steps to meditation taught by Patanjali in the first part of his Yoga Sutra can be considered a safe ladder to the experience of samadhi or deep meditation.
Close observation, such as focusing on a gross object, a subtle object, the experience of inner bliss and the awareness of one’s own being can teach us how to sway between inner focus and surrendering to the practice.
Just imagine how musicians unwaveringly follow the directions of their music conductor without losing their personal touch.
In the same way, this workshop is aimed to strengthen your personal focus without losing connection with the quality of inner bliss (ananda), that easily comes from surrendering to the inner world.

 
Day 2 オープンレベル(初心者さんからどなたでもOK)

〔セッション3〕 12/15(日)10:00-13:00
「ハートの音楽に心打たれて」(アヌサラヨガクラス)
Let yourself be conquered by the music of the Heart.

身体の根幹を改めて確立し,人生における絶え間ない変動の中で安心を生み出すと,
わたしたちは,自分自身の歌をより高らかに歌いあげることができるようになります。
安定性と繊細さを伴いながら傾聴することを通して,
ハートは,際限のない,自由で想像的な表現の世界を開いていくのです。
このワークショップでは,人生に寄り添う自然なアラインメントに必要な強さを築きながら
真新しいやり方でわたしたちの基盤を再構築するための力強い手段として,アームバランスを用います。
アームバランスは,午後の瞑想クラスにおける鍵となる身体の中心軸,「スシュムナーナーディ」との関係を育みつつ,
身体的に,そしてスピリチュアルに,ハートのスペースと容易に再び結びつく方法を教えてくれます。

Re-establishing the roots of the body and creating security in the continuous fluctuation of life can help us sing our song openly.
With stability, sensitivity and through listening, the heart opens up a world of endless and free creative expression.
This workshop will use arm-balances as a strong way to regain access to our foundations in a brand new way, building on our strengths to allow for a natural alignment with life.
Arm-balances can teach us how to easily reconnect with the space of the Heart, both physically and spiritually while fostering our relationship with the sushumna nadi, the spiritual axis of the body, a key aspect of the afternoon meditation workshop.

 
〔セッション4〕 12/15(日)14:00-17:00

「内なるハートの領域を探究する」
Exploring the Inner Heart Field

瞑想の究極的な目的は,インドの伝統が「光り輝く自己」「内なるハート」などと呼ぶものの顕現です。
内なるハートは,瞑想の旅の目的であるだけでなく,わたしたちの真の姿です。
わたしはこれを,愛の探求の中で経験する「永遠」の感覚,と呼んでいます。
これは絶対的な吉兆,幸福であると同時に,
わたしたちに人生を経験させてくれている意識と結びついてもいます。
ハートの優しい存在の内に喜びを感じることは,わたしたちに
いわゆる普通の生活の大切さを見出すこと,そして豊かな贈り物に感謝することを教えてくれます。
この最後のワークショップでは,
ヨガと密教の伝統において伝えられて来た,いくつかのハートについての最も美しい瞑想を堪能します。
スピリチュアルな源,瞑想のエネルギーの住み処である「スシュムナーナーディ」,
すなわち,パワフルな正中線にまつわる瞑想も含まれます。

The ultimate goal of meditation is the full surfacing of what the Indian tradition calls “the effulgent Self” or “the Inner Heart”.
The Inner Heart is not only the purpose of our journey of meditation but also who we really are.
I personally call it the sense of “eternity” that we all experience in our search for love.
It is absolute spaciousness and contentment but also is combined with the awareness that allows us to experience life.
Relishing in the gentle presence of the Heart teaches us to see the preciousness of our so-called ordinary life and be grateful for its abundant gifts.
This final workshop is intended to savor some of the most beautiful meditation practices of the Heart as instructed in the Yoga and Tantra tradition, some of which are instructed around the sushumna nadi, the powerful midline of the body, which is the spiritual abode, the home of our meditative energy.

 
*全てのセッションにおいて,通訳はyukariが担当します。

 
【アンドレアより日本のみなさんへのメッセージ】

親愛なる日本のみなさんへ

わたしが子どもだったとき,父が家族を日本に連れて行ってくれたことがあります。
ちょうど桜が満開の頃でした。
お寺の境内の桜の香りを楽しむと,荘厳さの感覚や,
不思議なことになぜか家に帰ってきたような感覚がやってきました。
それ以来,日本のことを考えるといつも,まるで祝福されているかのように,
同じような近しい感覚が湧いてきます。

ですから,12月にみなさんにお会いし,
わたしのハートにとって最も大切な教えの一部をシェアできることは
わたしにとって望外の喜びです。

ヨガと瞑想は,わたしにとって常にこの上ないインスピレーションの源であり続けていますから,
それをみなさんとともにし,より良い日常のための実践的な手段とするのが楽しみで待ちきれません。

みなさんへの愛と敬意を込めて
アンドレア

Dear Japanese friends and students,

When I was a kid, my father flew the family to Japan around the time when cherry trees were in full bloom.
Enjoying their fragrance around the sacred temple grounds gave me a sense of majesty and for some mysterious reason I felt at home.
Since then, every time I think of Japan the same sense of closeness dawns of me like a genuine blessing.
I’m overjoyed to meet you all in December and share some of the teachings that are the dearest to my heart.
Yoga and meditation have been such a steady source of inspiration for me that I can’t wait to partake them with you and make them a practical tool for a better daily living.

Sending love and respect to you all.
Andrea

 
【講師 Andrea Boni】

アンドレア・ボーニィ →詳細はこちら

アンドレアは,40年以上もの経験を持つ献身的な瞑想実践者であり,20年以上にわたり,瞑想を教えている。
ティーチャ・トレーニングやイマージョン,ワークショップ等を通じて,国際的に,あらゆるレベルの生徒を教えている。
内なる領域との生来の結びつきから,アンドレアは,大いなる愛をもって
彼の生徒と世界とをパワフルかつ効果的に引き合わせている。
さらには,聖典と人間の身体の双方に関する彼の広範な知識によって,
アクセス可能,かつ動的で深遠な瞑想の経験へと生徒をガイドすることができる。

1989年,アンドレアは大変優秀な成績で現代文学・舞台芸術における修士号を授与され,
彼の修士論文はその年における最も興味深い10の論文の一つとして出版されるに至った。
彼はその後,ミケランジェロ・アントニオーニやヴィム・ヴェンダース,ジョージ・ルーカスら
権威ある映画監督たちと密接に協力しながら,映画・テレビ産業で働く。
イタリア放送協会や国際NGOのためのドキュメンタリー映画では自ら監督も手がけている。

2010年以降,アヌサラヨガ正式認定者として活躍しているほか,
ヨガアライアンス,Yoga Associazione Nazionale Insegnanti(イタリアのヨガ講師協会)のメンバーでもある。

Andrea is a dedicated meditation practitioner of over forty years and a meditation teacher for over twenty.
Through Teacher Trainings, yoga Immersions, and workshops, he teaches globally to students of all levels.
Through his intimate contact with the internal realm he engages with his students and the world powerfully, effectively and with great love.
Additionally, Andrea has extensive knowledge of both sacred scriptures and the human body allowing him to guide students into an experience of meditation that is accessible, dynamic and profound.
In 1989 he received his Master’s degree cum laude in Modern Literature and Performing Arts and his master thesis was published among the ten most interesting thesis of the year.
He worked in the film and television industry in close collaboration with luminaries such as Michelangelo Antonioni, Wim Wenders and George Lucas.
He himself has directed documentary films for RAI television and international NGOs.
Since 2010 he is an Anusara Yoga Certified Teacher and currently a member of Yoga Alliance and YANI, Yoga Associazione Nazionale Insegnanti.

 
【日時】 *今回のWSの休憩時間は1時間です!あらかじめご了承ください。

2019/12/14(土) 開場9:40
10:00-13:00 〔セッション1〕
「あなたの楽器を調整する」(アヌサラヨガクラス)
14:00-17:00 〔セッション2〕
「至福のシンフォニーの中で自らの楽器を響かせる」(瞑想クラス)

12/15(日) 開場9:40
10:00-13:00 〔セッション3〕
「ハートの音楽に心打たれて」(アヌサラヨガクラス)
14:00-17:00 〔セッション4〕
「内なるハートの領域を探究する」(瞑想クラス)

* 参加者のみなさまの安全と集中力維持のため,
遅刻してのご参加は原則としてご遠慮いただいております。
どうぞ余裕を持っておこしください。

 
【場所】

今回は,恵比寿駅等から近い渋谷区の会場を予定しております。
詳細は,お申込みいただいた方に追ってお知らせいたします。

 
【料金】 すべて税込

1セッション(3時間):9,000円

全セッション(12時間)セット割引:34,000円
(11/20(水)までに予約&11/22(金)までに入金確認)

* 予約期日までにウェブからご予約の上,期日までに入金が「確認」できる場合に限り,割引対象となります。
期日当日にお振り込みいただいても,「翌日以降の扱い」となる場合は対象外となりますので,
どうぞ余裕を持ってお振り込みくださいませ。

* キャンセル料が発生する期間にご予約いただいた場合,その時点でキャンセル料がかかります。
ご入金前にキャンセルなさった場合もキャンセル料は後日お振込いただくことになりますので,あらかじめご了承ください。

 
【予約方法】

通常通り,nidaのウェブサイト上のこちら12/14 and/or 15をクリックし,
ご参加を希望されるセッションすべてにご予約をお願いいたします

 
【入金・キャンセル】

代金のお支払いは銀行振込でお願いいたします。
ウェブ予約確認後,メールにて振込先をご案内いたしますので,すみやかにご入金ください。
(メール返信には2日ほどかかる場合がありますので,あらかじめご了承の上,どうぞ余裕を持ってご予約くださいませ。)
ご入金確認をもってご予約成立となります。

なお,万一キャンセルされた場合は,以下のようにキャンセル料が発生いたしますので,ご注意ください。
また,返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。

11/29(金)まで 全額返金
11/30(土)~12/6(金)まで お申込いただいた合計金額の半額
12/7(土)以降 お申込いただいた合計金額の全額

海外からのゲストティーチャーに敬意を込めて確実にお礼をすべく,
どうぞご理解・ご協力をお願いいたします。

*お振込確認の返信メールは控えさせていただきます。あらかじめどうぞご了承くださいませ。

 
【持ち物】

マット・プロップスのご持参にご協力をお願いいたします!
特にこのような長時間のWSでは道具の有無が大きく影響します!!
荷物が少し多くなるかとは思いますが,一層実りある時間となるよう
ご自身の使い慣れているものをどうぞ厭わずにお持ちください。
(長時間の床座りが難しい方には,イスをご用意しますので,どうぞご遠慮なくお使いください!)

★ マット(レンタルはありません)
★ 瞑想用の座布など(瞑想時にはお尻の下に敷き,ある程度床から高く座れる道具が必須です。ブロック+ブランケットなどの組み合わせもいいですね!)
★ ブランケット(あるいは代用品)や大判のストールなど,身体を暖かく覆えるもの
★ ブロック,ストラップ(お持ちの方は必ずご持参ください)
★ 動きやすい服装(特に午後は,座りやすいボトムス,そして,あたたかい格好を!)
・ 必要に応じて、水、タオルなど

 

topに戻る