ワークショップ・リトリート

newsletter購読者のみなさまには
各種ワークショップ・イベントについての先行情報公開・予約受付を行っております

登録・講読は無料!いつでも解除できます

→ご登録はこちらから

 

 
現在,予約受付中のワークショップ・イベントは以下のとおりです

会場についての特に記載のないものは,nidaにて行います

→詳細なスケジュール確認とご予約はこちら

 
all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回) 10月までのスケジュール

【受講者限定】新WSシリーズ ”Deep Dive into the Self”

6/21, 7/26, 8/12, 10/14
“Sing, Breathe, Meditate.“〜夜のクレンジング&ヒーリングspecialクラス

Emily Kuser待望の再来日! 6/8-9 東京ワークショップ「ハートの目覚め:Hridaya(フリダヤ)へのヨガの旅」【残席1】 & 6/15-16 女性のための「魂を満たす」一泊リトリート in 鎌倉

7/6 Starry night for Devine Goddesses ~女神たちのための七夕スペシャルキールタン,ウィメンズサークル,ディナーの一夜(女性限定)

7/13-15 「女性のための2泊3日リトリート “Back to your free Self”」@ nida

 


all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回) 10月までのスケジュール

 

 
「すごいことを教えて頂けて,貴重な体験をさせて頂けて本当に幸運でした」

「これを学んでいたらうつ病/パニック障害にならなかったかも」

「頭でわかっていたことが腑に落ちて,感覚でわかった」

たくさんの喜びの声をいただいき,シリーズを連続受講される方が続出している
all-in-oneヨガワークショップ「〈わたし〉をめぐる旅」全6回。

今のわたしを通じて提供できる最大限を,最小限に詰め込んだ濃密なWSシリーズです。

各回,もちろん単発受講もできます。
連続でご受講いただくことで,なお理解が深まります。

また,その際,特に1回目でお話しする内容が最大の核となって2回目以降に続いていきます。
1回目に出られなくても,2回目以降に出ていただくことはできますが,
連続してご参加いただくことで より大きな収穫が得られる構成になっています。

*ただし,4回目は少々特殊な回ですので,ここからではなく,
ぜひその他の回からスタートしていただくことをお勧めします。

また,最終回は,その効果を高めるため,可能な限り最後に受講されることを強くお勧めします。
少なくとも,シリーズ後半に,特にシリーズ第1・2回は受講済みの上で進まれることをお勧めします。

なるべくセットでご参加いただきたいので,2回目以降は割引も設けさせていただきました。

このシリーズのどこからご参加いただいても,
シリーズ内のご参加2回目以降は500円割引とさせていただきます。

また,ご要望にお応えして,再受講料金を設定させていただきました。

深遠なヨガ哲学に満ちたこのWSは,
どのタイミングで受けるかによって受け取るものが大きく変わることでしょう。
再受講されたいときに気軽にいらしていただくことで,得られるものが大きくなることと思います。

まずはピンと来たテーマ,ご都合のよいタイミングから,
ヨガの核心的なteachingをスパッと明快にお伝えし,体感していただく
アーサナ~哲学セッション~瞑想までのパワフルなフルコースWSをぜひご体感ください!

*参加者のみなさまからの感想は,こちらをご覧ください。

 
【WS内容詳細】

yogaのエッセンスを「全部盛り」にし,「凝縮」した
新しいall-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回予定)を
2018年2月よりスタート!

夏にかけてこのWSシリーズ(全6回予定)を続々と展開していきます。

「あなたは誰ですか?」

「あなたはどこへ向かっているのですか?」

「あなたは何をしている(考えている/感じている)のですか?」

あなたは,そう問われた時に,考えて出て来る答えに本当に納得できますか?

それがわからないから,
あるいは答えが出て来ていても納得できていないから,
わたしたちは迷ったり苦しんだりしているんじゃないでしょうか?

アタマで考える・理解するだけでも,単にカラダを動かすだけでも
人間,「納得」はできないんですよね。

でも, アタマもカラダも大切なんです。

だったら,全部使ったらいいんです!

だから,

アーサナで〈カラダ〉を動かして感じる

哲学セッションで〈アタマ〉や〈ココロ〉を通して理解する

瞑想でより深い〈ハラ〉とつながって観じる

…のセットなんです。

ええ,「どっちかじゃなくて,どっちも」ですから!(笑)

ここからちょっとギアチェンジして,かなりスパッとはっきり書きますけどね(笑)

こういうテーマを掲げることってね,
カラダを動かすだけじゃないから「流行り」のヨガじゃないし,
「宗教くさい」(ヨガは宗教じゃありませんけど)とか「回りくどい」とか「面倒くさい」とか「難しそう」とか(笑)
敬遠される方もいるだろうことは百も承知なんです。

でも,そんなの関係なく,わたしはこれをやらざるを得ないのです。
だって,その大きな力を自分自身の人生の中で体感して来ちゃったからです。
しゃーない!すごいものはすごいのです(笑)
そして,これが伝えられなければ,ヨガが伝えられたことにならないと感じるのです。

さらに,自身の体験を通じてこう感じるわけです。

本当は,これらの問いをどこかで避けてるからますます迷ったり苦しんだりするんじゃないかなあ?と。

わたしは,それこそ「回りくどい」んじゃないかなあと思うんですよね(笑)

もちろん,無理に向き合うことないんです。それは多分逆効果です(笑)
それぞれにはそれぞれに適したタイミングがありますから。
合わない方は合わない。要らない方は要らない。それでいいんです。

ただ,それでもなんでこんなWSをあえて打ち出すのか?

何よりもわたし自身が
ずっと宗教が苦手だったし,今も特定の宗教はありません。
論理が通ってないことは苦手で,受け入れられません。
すっごく面倒くさがりで,大変そうなことは避けがちです。
体験できないこと,小難しいことは苦手で,納得できません。

だからです。
だからこそ,こういうワークショップをやっているんです!

だって,
ちゃんと学んだ方が怪しくないってわかって恐れがなくなるから。
シンプルかつ論理的にわかりやすく説明された方が理解できるから。
ちょこちょこ小出しにするよりスパッと核心に切り込んだ方が手っ取り早いから。
カラダを動かしたり瞑想したり,ことばを超えた体感こそが納得につながるから。

だから,偉大なヨギーたちもそれを残してくれているわけですよね。
だったら,それをもっとみんなで使っちゃいましょうよ!という単純なお話です。

なるべく早くそれと出会って,それを実際に使って,さらに自分の可能性を拓き,
一層楽しく生きられる時間が長くなったらいいじゃないですか?
そういう人が増えたら,世界はもっと楽しくなるじゃないですか?

だから,このWSシリーズでお伝えしている内容に,
なるべく多くの方になるべく早く出会っていただけたらと思うのです。

もちろんヨガの伝える「真実」は,もちろんいつでもどこでも変わりません。
なにせ「真実」だからです。

ただ,人間が媒介となって伝えられる場合,アプローチの仕方や表現方法はそれぞれ異なります。

合うもの,合わないもの,すごく納得できるもの,できないもの…人によって違います。

わたしも,国内だけでなく,海外でもたくさんの先生に学び,それを経験して来ました。
そうやってわたしなりに学んで来た上で,
現時点で一番自分自身が「納得」し,「腑に落ちている」方法・形でお伝えするだけです。

ですから,このシリーズには,わたしがこれまで学んで来たヨガの哲学や瞑想を中心に,
中高教員としての11年の経験,プライベートセッションの蓄積,
どぅる~んタッチやNLPなどこの数年積み重ねて来たヨガ以外の学び,わたし自身の人生における経験…
すべてが凝縮されています。

今のわたしを通してなされる最善を提供させていただきます。

それをお使いいただくかどうか,その選択はあなたのものです。

哲学といっても難しく考える必要はないですし,何の予備知識も不要です。
アーサナレベルもオープンクラス。
瞑想をしたことがない初心者さんも歓迎です。

このWSをきっかけに,きっと自分自身が,そして,世界が違って観え始めるでしょう。
あなたの心の苦しみも小さくなっていくでしょう。

少なくとも,わたしはそうでした。

このWSは,わたしがそのように自身を実験台(笑)に実践・実感して来たことに基づいています。

もしご興味と好奇心があり,大いなる流れがあなたをnidaへ導くようでしたら,
あなたの「生き方が自由になるヨガ」の智慧を学ぶ場をどうぞご一緒に。

 
*****「1:Who am I?~〈わたし〉と出会う旅」

1回目のテーマは

「Who am I?―わたしは誰?」

あなたなら,この問いにどう答えますか?

名前? 性別? 仕事?
これらは本当に〈わたし〉?

この問いは,すべての人にとって根幹となる問いです。
「哲学」の起点となる問いです。

この問いに明確に,一点の疑念も迷いもなく「真に」答えることができるのなら,
そのとき,人生における苦しみは一切ない状態でしょう,と言われるくらい。

そして,yogaはまさにその問いに,知識だけでなく体験を持って迫る手段です。

この問いに改めて向き合うことは,
あなたの人生においてとても有意義な経験となるでしょう。

この1回目のWSでは,身体を動かした後,
この問いを核にお互いに語り合い,yogaが考えてきたことをともに学び,
最後にはこの問いに直結する瞑想へと進みます。
その中で何を感じるのかを楽しんだ後,お茶を飲みながらシェアをします。

 
*****「2:Where am I going?~わたしの〈意図〉を見出す旅」

2回目のテーマは

「Where am I going?―わたしはどこへ向かうのか?」

わたしはよく「目標」(goal)がありません,とお話ししています(笑)

が,〈意図〉(intention)はあります。

これ,大~~きく違います。

あなたは,自らの「目標」ではなく,「意図」に気づいていますか?

yoga nidra(仰向けになったままのガイド瞑想)を経験したことのある方は,
その中で「サンカルパ(決意)」というのを唱えますよね。

あなたがその時に唱えていることは「目標」ですか?「意図」ですか?

そして,それは本当にあなたのハラに,内側深くにつながっているものですか?

〈意図〉に気づいていることは極めてパワフルです。

それには,ちゃんと理由があります。

わたしも身をもって体感しています。特にちょうどこの1年ほどの間に。

このWSでは,身体を動かした後,
「目標」と〈意図〉の違いや,〈意図〉の持つ力の背景・意味をお話しした上で,
あなた自身の〈意図〉をクリアにすくいとって行くためのワークを行います。
その上で,それを持ってyoga nidraへと向かいます。
最後にはお茶を飲みながらシェアをし,一緒にとても大切なステップを踏みます。

 
*****「3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」

そして,3回目のテーマは

「What am I doing?―わたしは何をしているのか?」

ばかげた質問に聞こえます?(笑) 「は?何聞いてんの?~してるに決まってるじゃん!」と。

逆にわたしは,今はっきりと言えます。
わたしは,30代半ばまで,自分が「何をしているのか」まったく観えていませんでした,と。

自分が何をしているのか,何を感じているのか,何を考えているのかー
まったく観えていなかったから,人生が大変だったんです。

30代の前半の一時期,わたしは泣き暮らしていました。
大げさでなく,毎日泣いて苦しんでいました。

30代半ばまで,わたしは毎日グチり続けていました。
大げさでなく,悪口や文句を言わない日はありませんでした。

それが今や,感情はめちゃありますが,涙もグチもてんで要らない生活に。

そう,わたしの人生を180度変えてくれたものこそ,この〈俯瞰〉でした。

あなたは自分を〈俯瞰〉できていますか?

何を,誰が,どのように〈俯瞰〉しているのでしょう?

この〈俯瞰〉ってシンプルで簡単そうに聞こえるかもしれませんが,
これ,とても深淵でパワフルです。

そして,これをやろうとするとき引っかかりがちな「トラップ」がすごく多いんです。

単なる「マインドフルネス」じゃ済まされません。「マインドフルネス」は入り口にすぎません。

「わたしは何をしているのか」を〈俯瞰〉するというのは一体どういうことなのか?
特に日常生活の中でそれをどのように行うのか? そうするとどうなるのか?

具体的かつ実践的な方法をご紹介しつつ,実際にそれを使うワークも行います。

このWSでは,身体を動かした後,
わたしの人生を180度変えてくれた〈俯瞰〉する力の意味,効果,コツを
ヨガ哲学やわたし自身の経験をふまえてお話するのはもちろん,
アーサナ,ワーク,瞑想の体験を通じて,腑に落として行きます。
最後にはお茶を飲みながらお互いの体感をシェアをしながら
すぐに使える状態に準備をして各々の日常に戻って行きましょう。

 
*****「4:How do I live this reality? ~わたしと世界を〈創造〉する旅」

続く4回目のテーマは

「How do I live this reality? ~わたしはいかにこの現実を生きているのか?」

言うまでもなく,わたしたちは日々「生きて」いますよね(笑)

でも,わたしたちが生きるこの「世界」について,
本当は一体何をどれほど知っているというのでしょう?

「わたしとは誰か?」と並ぶ重大な哲学的命題こそ
「この世界とは何か?」です。

ここで言う「世界」とは,地球の地理や国々のことではありません
(まあ,それも講義できますけど(笑))。
わたしたちが生きているこの「現実」のことです。

この「現実」とは一体何なんでしょう?

ヨガではこの「現実」をいかに捉えてきたのか,はもちろんのこと,

現代科学における知見や
谷田学先生の,陰陽五行に基づくどぅる~んタッチなども網羅しながら
一緒に探究して行きます。

このWSでは,身体を動かすクラス,どぅる~んタッチ,
視覚資料も用いた哲学セッション,さらに瞑想を行います。

アタマで理解するだけでなく,
カラダやハートを通じてハラに落ちて行く体験をしながら,
世界の新たな観方が拓けて行くのを楽しみましょう。

そして,それこそまさに
あなたが新たな世界を,現実を〈創造〉する行為そのものなのです。

 
*****「5:Why am I here?~わたしの〈使命〉を探る旅」

さて,5回目のテーマは

「Why am I here?~わたしはなぜここにいるのか?」

自分はなぜここにいるんだろう?
何のために生まれてきたんだろう?
…それは,誰もが人生の中で一度は直面する問いだと思います。

そして,この問いは,
人を自殺やひきこもりに追いやるほど強力な力を持つ場合もあります。

わたし自身がこの問いで最も苦しんだのは,高校生~大学生のときです。
高校2年生のときに,毎日一緒に通学していた友人が,持病の発作で急死。
彼女は,信仰を持ち,医師になることを目指していた,心優しい子でした。

「なんであんなにいい子が死んで,
特別な才能も将来の目標もないわたしが生き残ってしまったんだろう?」

わたしは,この「理不尽」に,その後何年も苦しみ続けました…

この苦しみは数年経ってだいぶ軽くはなりましたが,
どこかしら「罪悪感」のようなものがその後も長くわたしにつきまといました。

また,
「何のためにわたしは生き残ったのか?」
「わたしは何がしたいのか?」
「わたしのすべきことは何か?」
…といった問いに対する「答え」は,その後15年以上もまったく見出せませんでした。

今から思えば,見つかるはずもありませんでしたけど(笑)

しかし,その後,大きなヒントがやって来たのです。

わたしの「使命」とは一体何なんでしょう?
それはどうやったら見出して行くことができるのでしょうか?

ヨガにおける〈使命〉についてのお話はもちろんのこと,
谷田学先生の,陰陽五行に基づくどぅる~んタッチや
その他の領域からのヒントも援用しながら一緒に探究して行きましょう。

このWSでは,身体を動かすクラスの後,
さまざまなワークや瞑想を取り入れながら,哲学セッションへと進みます。

アタマで理解するだけでなく,
カラダやハートを通じてハラに落ちて行く体験をしながら,
わたし自身の〈使命〉を見出す道へと踏み出しましょう。

 
*****「6:When is the time?~わたしを〈解放〉する旅」

さて,最終回,第6回目のテーマは

「When is the time?~”その時”はいつ?」

スタートから半年以上の歳月を経てこのワークショップのシリーズも最終回に到達。

ここまで〈わたし〉をめぐってさまざまな旅をして来ました。

あるときはヨガの聖典とともに,あるときは現代の偉大なヨギーたちの言葉とともに,
あるときは自分の無意識の底へ,あるときは宇宙の向こう側へ,
あるときは体を動かし,あるときは熟考し,あるときはチャンティングし,あるときは瞑想しながら。

ヨガの旅の究極の目的は,いわば「悟り」=究極の〈解放〉です。

でも,わたしたち一人一人がヨガをするとき,あるいはヨガになんとなく興味を持つとき,
その目的は「悟り」である必要なんか全然ないと思います。
わたし自身もそうでしたから。
肩こり・頭痛の改善のためにヨガスタジオに足を運んだのが始まりですから(笑)
そして,わたし自身,今も「悟り」の境地には至っていません。

そう,わたしは〈解放〉へ向かうことを意図していたわけではないし,
「そのために」努力しているというわけでもありません。

しかし,明らかに,自ずとそこへ続く道を歩いている感覚があります。

そして,わたし自身,その道の途上,小さな〈解放〉を積み重ね続けて来たことを認識しています。
それは今も日々続いています。

この最終回では,
ここまでであなたが学んで来たことが
より多くの体感を通して「統合」されて行くことを意図しています。

そのため,これまで以上に講義部分は少なく,ワークやシェアリングが中心となります。
それは,ヨガニドラーを含む,ゆったりと体を動かすクラスから,すでに始まります。
その後のセッションでも,さまざまなペアワークやグループシェアリングを通じて,
互いに,自身の内にあるものや経験を語り,聴き合います。
そして,ともに瞑想へと進みましょう。

そのプロセスの中で,
過去と現在が,
カラダ・アタマ・ココロ・ハラが,
他者と自己が,
そして何よりも,わたしと〈わたし〉が「統合」されて行く経験を通じて
「今この瞬間」に自ずとあなた自身の〈解放〉が進むのを感じるでしょう。

この最終回への「参加条件」はありませんが,可能な限り最後に受講されることを強くお勧めします。
あるいは,少なくともシリーズ後半に,シリーズ第1・2回は受講済みの上で進まれることをお勧めします。
その方が明らかに効果が高まりますから。

さあ,この先のあなた自身の「〈わたし〉をめぐる旅」へとさらに進むために,
本シリーズ最後の「〈わたし〉をめぐる旅」へと,ご一緒に出かけましょう。

 

 
タントラヨガ哲学・瞑想の世界的な講師 Carlos Pomeda や Sally Kempton,
さらにyoga nidraの世界的な権威 Kamini Desai Ph.Dらに学び,
インドやアメリカのアシュラムでの経験や
バリ島・ウブドでのEmily Kuserのティーチャートレーニングでのアシスタント経験など,
特にここ数年間に授かった学びと経験を,これまでの人生の中で体験し得て来たすべてと合わせて
(本当はもっと長い時間やりたいんですけど(笑)やむを得ず何とか4時間に)
ギュギュ~~~っと凝縮した新しいWSシリーズが
この 「〈わたし〉をめぐる旅」 です。

アーサナレベルは初心者さんからOKのオープンレベルですから,
今回のテーマに掲げた問いに関心のある方はどなたでも歓迎です。

このシリーズの成果は,いわゆる「コーチング」のように実感できると思いますが,
でも,わたしは「コーチ」ではありません。
あくまでも「ヨガティーチャー」です。

揺るぎない〈真実〉へとつながる道,「ヨガ哲学」を拠りどころに
あなたとともに〈わたし〉をめぐる旅に出かけることを楽しみに,
nidaでお待ちしています。

 
【all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」全6回 2019/10までのスケジュール】

*yukariは,2019年,半分海外に滞在する予定のため,実施できる回数が限られております。
特に9~11月の3ヶ月間は,10月半ばの10日間しか日本におりませんので,この後の開催はすべて12月以降となります。
あらかじめご承知おきの上,どうぞシリーズ全体の実施日程を見渡した上で,ご自身のスケジュールを組んでみてくださいね。

 
「1:Who am I?~〈わたし〉と出会う旅」

6/23(日)13:30-17:30
8/10(土)15:00-19:00

 
「2:Where am I going?~わたしの〈意図〉を見出す旅」

5/11(土)12:30-16:30
8/17(土)15:00-19:00

 
「3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」

6/29(土)13:30-17:30
10/12(土)14:30-18:30

 
「4:How do I live this reality? ~わたしと世界を〈創造〉する旅」

*この回は初回以外に受講なさってくださいね!

7/7(日)13:30-17:30

 
「5:Why am I here?~わたしの〈使命〉を探る旅」

8/4(日)15:00-19:00

 
「6:When is the time?~わたしを〈解放〉する旅」

*この回は可能な限り最後に受講なさってくださいね!

5/12(日)15:30-19:30
8/11(日)15:00-19:00

12月以降の日程は後日公開

 
*参加者のみなさまの安全と集中力維持のため,
遅刻してのご参加は原則としてご遠慮いただいております。
15~10分前の到着を目安に,どうぞ余裕を持っておこしください。
(20分前からお入りいただけます。)

 
【定員】 10名(先着順)

*最低催行人数は4名です。
実施3日前までにこの人数に達しなかった場合は延期とさせていただき,
お申込みいただいた方に個別にご連絡差し上げます。

 
【料金】

各WS 8,000円(税込)

*このWSシリーズについてはnidaの回数券をお持ちの方への割引対象外とさせていただきますが,
シリーズご参加2回目以降は各回500円割引とさせていただきます。

*前日以降のキャンセルは,どうぞご遠慮ください。

再受講料金 6,000円(税込)

*すでに受講された回を再受講されたいときは,この料金で受講できます。

*満席の場合は,新規受講者を優先させていただきます。あらかじめご承知おきください。

 
【持ち物】
・動きやすい服装
・必要に応じて、筆記用具,水、タオルなど

 
【予約方法】
こちらからあらかじめご予約ください

 


【受講者限定】新WSシリーズ ”Deep Dive into the Self”

 

 
6月末よりいよいよ「〈わたし〉をめぐる旅」の続編とも言える新たなWSシリーズ

”Deep Dive into the Self”

をスタートさせていただきます。

タイトルの通り,みなさんとともに〈わたし〉へと深くダイヴするヨガWS。

全5回で構成します。

このWSシリーズは,「〈わたし〉をめぐる旅」全6回をすべて修了された方のみお進みいただけます。

 
この ”Deep Dive into the Self” シリーズには,
「〈わたし〉をめぐる旅」と決定的に違う点が3点あります。

 
一点めは,ほぼ「実技」「実践」「体験」で構成される,という点です。

つまり,基本的に,確固たる講義部分というか,
わたしから提供するあらかじめ決まったコンテンツがほとんどない,という点です。

でも,それは,わたしが何も準備しないということではありませんよ(笑)
ちゃんとガイドさせていただきますから,ご安心を(笑)
アイディアはたくさん抱えていますので。

要は,各回のテーマに沿って,その時のわたしと,その時の参加者のみなさんの
化学反応によって生み出される「体験」で構成される,ということです。
シェアリングも「〈わたし〉をめぐる旅」以上に多く含みます。

ですから,率直に申し上げて,誰にでもお勧めできるものではないかもしれません。
「自己探究=アートマ・ヴィチャーラ」にご興味をお持ちでない方,
あるいは,その学びのプロセスを経ていらっしゃらない方には,
出会いのタイミングが少し早すぎる内容かと思います。

でも,それはもちろん元来誰にでも開かれた道です。基本的にはどなたでも歓迎なのです。
ただ,今の世界,今の日本では,通常,その道がほとんど見えなくなってしまっているように感じます。
わたし自身の体験から,そう思います。

だから,その前のステップをちょっと踏んでから来ていただきたいのです。

そのため,「〈わたし〉をめぐる旅」全6回を終え,
いわば基礎的な前提の「理解」を共有し,
その「理解」を「体験」として深く落とし込む段階へと進む準備のできた方のみをご案内させていただきます。

付け加えておくと,効果をより高めるためには,「〈わたし〉をめぐる旅」をただ受け終えただけでなく,
焦らずに,それを日常の中で応用する時間をある程度経られてからご参加されることをお勧めします。

 
この一点めの違いは,そのまま二点めにも関わって来ます。

それは,同じテーマであっても,毎回内容は変わるということです。

「〈わたし〉をめぐる旅」にはレジュメもあるように,
いつ出ていただいても大きくは変わらない,いわば一定の講義内容を準備していました。

しかし,今回のシリーズでは,各回のテーマに沿って
自身の学びを経てどんどん変化して行くその時その時のわたしによって
ガイドする内容やフォーカスするポイントが明らかに変わっていきます。
数ヶ月経ったら,もう相当違うことをやっている可能性があります。
そのため,同じテーマに何度でもくり返しご参加いただく価値があるということです。
毎回新しい発見,体験が訪れることになるでしょう。

 
三点めの違いは,この新たなシリーズにおける「体験」には,「〈わたし〉をめぐる旅」以上に
通常「ヨガ」と言われるカテゴリーを超えたプラクティス内容が多く含まれる,ということです。

アーサナ,哲学,瞑想,チャンティング…ももちろん入りますが,
それ以外のプラクティス―ペア/グループでの様々なワーク,シェアリング,ソマティックムーヴメントなどを多く含みます。

もしかしたら「ヨガ」,特にアーサナをまじめ~に練習されて来た方ほど戸惑われるかもしれません(笑)

でも,だからこそ「ヨガ」だとわたしは本気で思っています。
だって,「ヨガ」は本来の「自由」に気づき,そこへ立ち戻って行くための手立てなのですから。
練習するほど「型」にはまるとしたら,それって本末転倒じゃないですか?

 
この新たなWSシリーズ ”Deep Dive into the Self” は,
正直なところ,わたし自身にとってもチャレンジングなものです。

とはいえ,恐れや不安はまったくありません。
わたしの内には,明確な意図と確信,覚悟,そして,ワクワクがあります。
このWSは,nidaの新たなステージへの移行にふさわしいパワフルな場になると確信しています。

 
第1回のテーマは ”BODY”。
まずは6/30(日)& 7/10(水)に実施いたします。

そして,第2回のテーマは ”ENERGY”。
8/18(日)& 8/21(水)に実施します。

 
あらかじめ申し上げておくと,おそらくこの2回分の今年中の再実施はスケジュール的にかなり難しいと思われます。
次回の実施は来年になるかと。

ですから,「〈わたし〉をめぐる旅」全6回を修了されている,もしくはこの実施日までに修了予定の方は,
万障お繰り合わせの上,どうぞこの機会をお見逃しなく!

 
このシリーズ全体を通じてのキーワードも,各回のテーマに関する明確な意図も
なぜこういう構成になったのかも,ここではあえて記しません。
すべて,実際のWSの中でお伝えします。

その時その時の最新ヴァージョンのわたしで,
通常クラスでは様々な制約からとても伝えきれないものを,あらゆるレベルで惜しみなく提供し,
「〈わたし〉をめぐる旅」よりもさらに先へ進むパワフルな体験へとみなさんをガイドします。

 
順番通りに受けられなくても構いません。第2回からのご参加でも大丈夫ですよ。
とはいえ,順番にはもちろん意味がありますので,可能でしたら順番通りがオススメ。

毎回みなさんとともに,各テーマを足がかりに〈わたし〉へとより深くダイヴする5時間
(途中少々休憩あり,最後のシェアリングまで含む)のプラクティス。

好奇心と信頼をもってこの新たな旅にご一緒してくださる方を
心からの愛と敬意をもってお迎えします。

 
【日時】

“Deep Dive into the Self 1 : BODY”

6/30(日)13:30-18:30(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)
7/10(水)10:00-15:00(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)

 
“Deep Dive into the Self 2 : ENERGY”

8/18(日)14:30-19:30(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)
8/21(水)10:00-15:00(途中休憩あり,最後のシェアリングまで含む)

 
【料金】
各回 ¥15,000 (各回再受講 ¥12,000 *新規受講者優先)

 
【持ち物】

・動きやすい服装(しめつけが少なく,床座りしやすい服装をお勧めします)
・筆記用具,ノート
(あらかじめ「〈わたし〉をめぐる旅」のレジュメを貼ったものや,
レジュメとセットで整理できたりするものがお勧めです)
・「〈わたし〉をめぐる旅」のレジュメ(必要に応じて復習に参照)
・水,軽食など(休憩時間に自由に召し上がれるように)

 
【予約方法】
こちらからあらかじめご予約ください

 


6/21, 7/26, 8/12, 10/14
“Sing, Breathe, Meditate.“〜夜のクレンジング&ヒーリングspecialクラス

 

マントラは,インドに長く伝わる,パワフルな音です。
特別な響きが宿っています。

わたしのグル(真の精神の師)はおっしゃいます。

「チャンティングをする時は,意味を分析する代わりに,その音の中に身を委ねなさい。
その音であなたを完全に満たしなさい。
その音がもっともっと満ちるように,あなたの内面を聞きなさい。」

「チャンティングをすると私たちの心が開き,全身全霊が大きな愛で包まれてしまうのです。」

キャンドルのほのかな灯りの中,
ハルモニウムの伴奏とともに,
いろいろなマントラをチャンティング(詠唱)します。

ただそうしているだけで,
涙が溢れて来たり,急にある感情や記憶が沸き上がって来たり…
内側から自然にクレンジングとヒーリングが起こります。

歌うこと自体も瞑想的なのですが,
その後の余韻の中で訪れる静寂はさらに心地よく,
自ずと瞑想的な状態に引き込まれて行きこまれていくでしょう。

歌うのが苦手,という方もどうぞご心配なく。
チャンティングで大切なのは,
「チャンティングとともにその瞬間そこに在ること」だと思います。

チャンティングの後はブレスワークへと進みます。

このブレスワークは一見極めてシンプルで,ただ呼吸をするだけなのですが,
実はパワフルな浄化や癒しを伴う,深いエネルギーワークです。

そして,その後は,そのままリラクシングな瞑想へ。

瞑想から戻って来たら,最後にお茶を飲みながらシェアします。

チャンティングもブレスワークもメディテーションも,
それぞれ極めてパワフルな浄化と癒しのプロセスなのですが,
それを組み合わせてやってしまおう!という欲張りなspecialクラスです。

このspecialクラスは,2018年夏以降,可能な限り毎月定期的に実施しています。
毎回異なる歌や瞑想法で変化があり,リピートする方がとても多い大好評のクラスです。
特に,ブレスワークは繰り返すほどパワフルです。
毎回異なる体験があるでしょう。

平安な心持ちでわたしたちの本質を思い出すべく歌い,
安心して深く呼吸し,穏やかに瞑想できる場をご用意します。

老若男女どなたでも心から歓迎いたします。
身体を締め付けないリラクシングで座りやすい格好でお越しくださいね。

 
【日時】

6/21(金)19:30-21:30
7/26(金)19:30-21:30
8/12(月・祝)18:00-20:00
10/14(月・祝)17:00-19:00

*同じ内容で構成されますが,チャンティングするマントラは毎回変わります。
また,ブレスワークは繰り返すほどパワフルです。毎回異なる体験があるでしょう。

 
【参加費】 4,500円(税込)

 
【定員】 11名

 
【予約方法】
こちらからご予約ください

 


Emily Kuser待望の再来日! 6/8-9 東京ワークショップ「ハートの目覚め:Hridaya(フリダヤ)へのヨガの旅」【残席1】 & 6/15-16 女性のための「魂を満たす」一泊リトリート in 鎌倉

 

 

昨年7月,そして今年3月と,二度にわたりティーチャートレーニングのアシスタントも務めさせていただいている
わたしの尊敬するすばらしい先生であり女性であり友人でもある Emily Kuser。

彼女を再び日本に迎えることができるのは,わたしにとってこの上ない喜びです。

今年6月,これで3年連続,3回目となる Emilyの来日プログラムを実施します!

まず,6/8(土)-9(日)は,Emilyによる2日間のヨガワークショップ in 東京!

*この東京WSによせてのビデオメッセージはこちら↓

そして,翌週6/15(土)-16(日)には,
初めて泊まりがけでの女性のための2日間リトリート in 鎌倉も行います!!

*この鎌倉リトリートによせてのビデオメッセージはこちら↓

毎年たくさんの方が涙を流し,えも言われぬ充足感・幸福感に満たされてお帰りになる
すばらしいヨガティーチャー Emily Kuserによるワークショップ&リトリート!

毎年これをアナウンスするたびにわたしがEmilyを賞賛し尽くしているので
もう聞き飽きている方も多いかもれません…

ので,今年は控えめにしておきますが(笑),
過去にお話ししたEmilyとのエピソードや,ワークショップの感想,
彼女自身からのビデオメッセージなどはこちらをぜひこちらをご覧くださいね↓

*昨年のWSの感動が蘇るビデオ↓

*昨年3月の東京WSによせてのビデオメッセージ↓

*昨年3月の女性のための日帰りリトリートによせてのビデオメッセージ↓

*一昨年のWSの感動が蘇るビデオ↓

*わたしとエミリーのエピソードはこちら

*一昨年のWSに寄せられた感想はこちら

 
わたしは7年間Emilyを見てきましたが,彼女に違和感を感じたことが一度もありません。

彼女の人柄や能力を近くで感じ,
それらのすべてがあらわれるトレーニングやリトリートにも何度となく参加していますが,
彼女への敬意と信頼は高まる一方です。

そしてまた,不思議なことに,気がつくと,方法やプロセスは違えど,同じ方向を向いて進んでいるのです。

わたしがリトリートやWS,クラスの中でシェアしている内容は
現在のジムやヨガスタジオでの一般的な「ヨガ」とはちょっと(だいぶ?!)異なっているようですが…
Emilyもそうです。
何せわたしの先生です(笑)
なかなかチャレンジングなことをやり続けています(笑)

でも,仕方ないんです。
わたしたちの直感が,その方向性を指し示すから。
そして,自らの経験を通じて,その力を実感してしまっているから。

でも,それは決して独りよがりなものではありません。
Emilyは,拠点としているバリだけでなく,インド,ヨーロッパ各国,メキシコ,そして日本などで彼女が積み上げてきたものをシェアし続けており,
たくさんの人たちがそれに惹きつけられて集まり,
実際にその意義や効果を体感し,納得しているのですから。

それは,日本でも同じです。
Emilyと彼女のシェアするものに魅了され,毎年WSに参加してくださっている方,
東京WSがきっかけで昨年の彼女のティーチャートレーニングに参加された方,
さらに鎌倉リトリートをきっかけにその後大きな変化を経られた方もいらっしゃいます。

また,こうしてnidaのウェブサイト上でこの情報を公開するのに先駆けて
newsletterで情報を先行公開・予約受け付けを始めたところ
数日で6/15-16の一泊リトリートはもう半数が埋まってしまいました…

わたしが最も大きな影響を受け,今も師事し続けている
自慢の先生であり,すばらしい女性であり,心から信頼する友人でもあるEmily。
彼女を再び日本に招き,みなさんにお会いいただけることは何にも代えがたい喜びです!

世界中でトレーニング・ワークショップを実施し国際的に活躍する
すばらしいヨガティーチャー Emily Kuserに学べる貴重な機会です!
特に女性にはぜひとも彼女に出会っていただきたいと心から願って招聘し続けています。

すでに魅了された方も,気になっていながらまだお会いいただいていない方も,今初めて聞いて心を動かされた方も,
どうぞこの機会にこぞってEmilyに会いにいらしてください!
彼女のすばらしいエネルギーと知恵を,どうぞ直接受け取りにいらしてください!

日本で再びみなさんとご一緒できることを,
Emilyとともに心から楽しみにしております!!

後述の詳細をよくご確認の上,どうぞ奮ってご参加ください!!!
 

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
2019/6/8(土)-9(日) 2日間ワークショップ in 東京
「ハートの目覚め:Hridaya(フリダヤ)へのヨガの旅」
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 
【ワークショップ概要】

2019 エミリー・クーザー 2日間ヨガワークショップ in 東京
「ハートの目覚め:Hridaya(フリダヤ)へのヨガの旅」

 
A 2 Day Yoga Workshop with Emily Kuser in Tokyo, 2019.
Awakening The Heart – A Yoga journey into Hridaya

 
「人間のハートは,目には見えないものを感じ,マインド(思考)には理解できないものを知っている。」

このワークショップでは,”Hridaya”(フリダヤ)を探究します。
”Hridaya”とは,「スピリチュアルなハート」を意味するサンスクリット語です。
この言葉のもとになっている”hri”とは「与えること」,”da”とは「得ること」,
そして,”yam”に由来する”ya”は「バランス」を意味します。
つまり,”hridaya”とは,「完璧なバランスで与え,得る」ものです。
物理的なハート(心臓)が完璧なバランスで血液を与え,得ているのと同様に,
”hridaya”とは,スピリチュアルなレベルにおいて与え,受け取るための中心なのです。

 
”The human heart feels things the eyes can not see and knows what the mind can not understand.”

In this workshop we will explore the Hridaya - a Sanskrit word that means the “spiritual heart.” It’s root words hri, means “to give,” da, which means “to take,” and ya from yam, which means “balance.” Hridaya is “that which gives and takes in perfect balance.”
In the same way as the physical heart does this with blood flow, hridaya is the center for giving and receiving on a spiritual level.

 
1日目 中級レベル

Day 1 (Intermediate)

 
〔セッション1〕 6/8(土)10:00-13:00

「勇敢なハート」

”Hridaya”―スピリチュアルなハートへの序章。
アームバランスや立位のポーズで自らの制約・限界にチャレンジしながら,
勇敢なハートをあらゆる行為の拠り所にして行きましょう。

 
“The Courageous Heart”

An introduction to Hridaya – the spiritual heart.
Let the courageous heart be the source of all actions as we challenge our limitations and boundaries with arm balances and standing poses.

 
〔セッション2〕 6/8(土)14:30-17:30

「あなたの内なる智慧」

段階的なヒップオープナー,内省的な前屈や画期的なツイストを通じて,
あなたの一番奥深くにある内なる智慧につながりましょう。

プラーナヤーマ,ムドラー,瞑想のプラクティスも行います。

 
“Your Inner Wisdom”

Get aligned with your deepest inner wisdom through gradual hip openers, introspective forward bends and revolutionary twists.
Pranayama, mudra and meditation will support this practice.

 
2日目 オープンレベル(初心者さんからどなたでもOK)

Day 2 (OPEN)

 
〔セッション3〕 6/9(日)10:00-13:00

「ラディカルなハート」

段階的な後屈,立位,そして,深い滋養に満ちたシャヴァーサナを通して
あなたのハートから湧き起こる声の真実を見出しましょう。

 
“The Radical Heart”

Discover the truth of your heart’s calling through progressive backbends and standing poses followed by a deeply nourishing savasana.

 
〔セッション4〕 6/9(日)14:30-17:30

「大いなるものの恩寵にゆだねる」

日曜午後のリストラティヴ(各ポーズを長くホールドする,ゆったりとした瞑想的なヨガ)と
ソマティックムーヴメント(感覚のままに身体を自由に動かす)のセッション。
大いなるものの恩寵の力を体験してください。

このセッションでは,ソマティックムーヴメントを含む内省的なリストラティヴのプラクティスで内側へと向かいます。
身をもって手放すことで,深い自己受容を培いましょう。
このワークショップが終わる頃には,精神,感情,肉体のあらゆる面ですっごく気持ちよくなっているはずです!

 
“Surrender to Grace”

Sunday afternoon RESTORATIVES & SOMATIC MOVEMENT.
Experience the power of grace we turn inside with an introspective restorative practice which includes Somatic Movement. Cultivate deep self-acceptance as you embody surrender. You will feel SO good after this workshop mentally, emotionally and physically!

 
*全てのセッションにおいて,通訳はyukariが担当します。

*1日目,6/8の夜にはEmilyを囲んでの懇親会”kula party“を開催予定です。

過去2回もたくさんの方にお集まりいただいた上,
「これだけでワークショップみたいだった!」とのお声もいただき,
Emliy自身も「サットサン(先生や仲間とともに真実を学ぶ集い)みたいだったわ」と
嬉しそうに話していた通り,すごく濃密で充実したパーティでした。

Emilyや仲間たちと親しくじっくり語れる場。

2日目のみご参加の方ももちろん大歓迎です!

詳細が決まり次第,別途お申込みいただいた方にご案内いたしますので,
ぜひご予定を空けてお待ちくださいね!!

 
【講師 Emily Kuser】

 

 
Yoga Alliance認定 E-RYT500
High Vibe Yoga主宰

 
バリ島・ウブドのThe Yoga Barnを拠点にヨガを教えている。

毎年2回,同スタジオで200時間 High Vibe Yogaティーチャートレーニングを主催。
今年3月には新たなプログラム,女性のためのセルフケアトレーニング200時間を初実施。
さらに,11月には,これまた初の実施となる300時間 High Vibe Yoga上級ティーチャートレーニングを実施予定。

さらにヨーロッパやインドなど世界各地でワークショップや女性のためのセルフケア50時間トレーニングを実施するなど,
世界中を軽やかに飛び回って精力的に活躍中。

ホリスティックなセクシュアリティも専門とし,「性を理解する」などのワークショップも実施。

また,ネパールで瞑想を学んだり,各種トレーニングに参加したりと
自らの研鑽のためにも世界中を駆け巡っており,陰ヨガや瞑想にも通じている。

エミリーのHigh Vibe Yogaプロジェクトのヴィジョンは明快。
「旋風を巻き起こそう(‘shake things up’)」!

 
Emily Kuser 500 E-RYT

Emily is a teacher at The Yoga Barn in Ubud, Bali and offers classes
in Hatha Yoga, Yin Yoga & Meditation as well as weekly Women’s Circles.
Emily also specializes in holistic sexuality and facilitates workshops called
Understanding Sex. Her 200 Hour High Vibe Yoga Teacher Trainings are
held twice a year as well as her 50 Hour Women’s Self-Care Trainings.
Emily’s vision for the High Vibe Yoga project is clear.
She wants to ‘shake things up’.

 
〈Emilyよりメッセージ〉

こんにちは!エミリー・クーザーです。
ヨガスクール High Vibe Yogaの創始者として,
ヨガを生き方として扱うこのスクールを創設できたことをとても光栄に思います。

わたしは,情熱をもって
何千年にもわたって伝わってきたスピリチュアルな方法を用い,
それを,現代を生きる個人がそれぞれ実践的に活かせる形で教えています。
10年以上ヨガを教え,さらに自身の研究や個人的な経験を積み重ねた末に得たこの観点から
わたしは,可能な限りハイレベルなコースを作り上げました。
わたしは,自らの好奇心から,
様々な癒しの方法論やスピリチュアルな体系について調べ,
いかにして誰もがその日々の暮らしの中でそれを実践的に活かせるかを探求し続けています。
わたしはこれまで,アジア,ヨーロッパ,北アメリカなど
世界中のマスターたちに学んできました。
わたしが取り組んでいることは,
ハタヨガ,ホリスティックな身体論(Somatics),古典的なタントラ哲学などの原則,
そして,わたしの先生たち(Sally Kempton, Tara Judelle, Layla Martin, Lorin Roche & Mark Whitwell)に
深い影響を受けています。

わたしは,バリ島・ウブドのThe Yoga Barnで
ヨガのトレーニングや女性のためのワークショップを実施しています。
また,特に愛,性,関係性のプロフェッショナルとして,
the Tantric Institute of Integrated Sexuality(Layla Martinが創設したスクール)を通じて
Integrated Sexuality(統合されたセクシュアリティ)を専門分野としています。
こうしてみなさんにわたしの学んできたことをシェアできることを
とても幸運に思っています。
また,みなさんが,自分自身への愛とホリスティックな変容を通じて
自身の可能性を最大限にひらかせるお手伝いができることをとても誇りに思います。
深遠なスピリチュアルヒーリングのコース,トラウマセラピーのトレーニング,
スピリチュアルカウンセリング,職場における感情の理解についてのガイダンスなども提供しています。

わたしは毎朝起きるたびに,
わたしの真正かつ,素晴らしく欠陥だらけのこの生を讃えて生きる道を歩むことへのインスピレーションをかき立てられます。

教える際には,あなたが安心して,楽しく過ごし,あなた自身や周りの環境との繋がりを築けるスペースをつくることを大切にしています。
旋風を巻き起こし,「コンフォートゾーン」(快適と感じられる範囲)を押し広げて行こうとするわたしのかかわりは,
きっとあなたの人生に大きな変化を生み出すこととなるでしょう。

 
Hi, I’m Emily Kuser.
As the founder of High Vibe Yoga, it’s been my honor and privilege to create a yoga school that treats yoga as a way of life.
It’s my passion to take spiritual methods that have been passed down for millennia and teach them in a practical way for today’s individual.

I gained this perspective after spending a decade on teaching, research and personal experience to create the highest level courses possible.
My curiosity drives me to investigate healing methodologies and spiritual systems and explore their practicality for everyday people with everyday lives.

I’ve studied with masters around the world in Asia, Europe and North America.
My work is deeply influenced by the principles of Hatha Yoga, Somatics, Classical Tantra and teachers Sally Kempton, Tara Judelle, Layla Martin, Lorin Roche & Mark Whitwell.

I teach my yoga trainings and women’s workshops at the renowned The Yoga Barn in Ubud, Bali.
I also specialize in Integrated Sexuality through the Tantric Institute of Integrated Sexuality as a Love, Sex & Relationship Professional.
I feel fortunate to share my teachings, and I take pride in helping people achieve their highest potential through self-love and holistic transformation.
I offer profound spiritual healing courses, trauma therapy training, spiritual counseling, and guidance for bringing emotional intelligence into the workplace.

Every day when I get out of bed, I feel inspired to live in a way that honors my authentic and gloriously flawed aliveness.
When I teach, I look to create a safe space for you to have fun and form a connection with yourself and your environment.
I know that my commitment to shaking things up and pushing comfort zones will make a difference in your life.

 

 

【日時】

2019/6/8(土) 開場9:40

10:00-13:00 〔セッション1〕
「勇敢なハート」(中級者~向け)

14:30-17:30 〔セッション2〕
「あなたの内なる智慧」(中級者~向け)

18:30- 懇親会(予定)

6/9(日) 開場9:40

10:00-13:00 〔セッション3〕
「ラディカルなハート」(オープンレベル)

14:30-17:30 〔セッション4〕
「大いなるものの恩寵にゆだねる」(オープンレベル)

 
* 参加者のみなさまの安全と集中力維持のため,遅刻してのご参加は原則としてご遠慮いただいております。
どうぞ余裕を持っておこしください。

 
【場所】

台東区,入谷駅付近の会場を予定しております。
詳細は,お申込みいただいた方に追ってお知らせいたします。

 
【料金】 すべて税込

1セッション(3時間):9,000円

全セッション(12時間)セット割引:34,000円
(5/22(水)までにウェブ予約&5/24(金)までに入金確認)

* この他,6/15-16の一泊リトリートとのフルセット割引もあります!詳細は,リトリートの料金をご参照ください。

* 予約期日までにウェブからご予約の上,期日までに入金が「確認」できる場合に限り,割引対象となります。
期日当日にお振り込みいただいても,「翌日以降の扱い」となる場合は対象外となりますので,どうぞ余裕を持ってお振り込みくださいませ。

* ご予約とご入金がセットで必要です。
片方だけでは成立いたしませんので,あらかじめご了承ください。

 
【入金・キャンセル】

代金のお支払いは銀行振込でお願いいたします。
ウェブ予約確認後,メールにて振込先をご案内いたしますので,すみやかにご入金ください。
(メール返信には2日ほどかかる場合がありますので,あらかじめご了承の上,どうぞ余裕を持ってご予約くださいませ。)
ご入金確認をもってご予約成立となります。

なお,万一キャンセルされた場合は,以下のようにキャンセル料が発生いたしますので,ご注意ください。
また,返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。

5/24(金)まで 全額返金
5/25(土)~5/31(金)まで お申込いただいた合計金額の半額
6/1(土)以降 お申込いただいた合計金額の全額

海外からのゲストティーチャーに敬意を込めて確実にお礼をすべく,どうぞご理解・ご協力をお願いいたします。

*お振込確認の返信メールは控えさせていただきます。
あらかじめどうぞご了承くださいませ。

 
【予約方法】

nidaのウェブサイト上のこちらから6/8 and/or 9をクリックし,
ご参加を希望されるセッションすべてにご予約をお願いいたします。

* 予約確認返信メールが確実に受け取れるようにあらかじめ設定の上,ご登録ください。

 
【持ち物】マット・プロップスのご持参にご協力をお願いいたします!

・マット(レンタルはありません)
・ブランケット(あるいは代用品)
・ブロック,ストラップ(お持ちの方は必ずご持参ください)
・動きやすい服装
・必要に応じて、水、タオルなど

 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
2019/6/15(土)-16(日) 「魂を満たす」 女性のための一泊リトリート in 鎌倉
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

 

わたし自身,海外で毎年数ヶ月以上過ごすようになって5年になります。
正直に申し上げると,日本を出ると,
日本の女性たちがいかに無意識のとらわれの中に生きているかがよく見えてきます。
かつて,わたし自身がまさにそうでした。
だからこそ,こうして海外に出て研鑽を積みながら,実際自分自身が通ってきた軌跡をもとに
「もっと自由に,もっと楽になる道,ありますよ~!」とお伝えしたくて,
今,「生き方が自由になるヨガ」という看板を掲げてWSやプライベートセッションを実施するに至っています。

その出発点の一つがまさに7年前のEmilyのリトリートでした。

今に至るわたしの原点とも言えるEmilyのリトリート。

昨年,日帰りながら初めて実施することができ,
平日にもかかわらず20名の女性がお申し込みくださり,
泣いたり笑ったり…とても豊かで大きな意義のある時間を過ごし,大満足でお帰りになられました。

そして,今年は,いよいよこのプログラムを,念願の泊まりがけで実施できることになりました!
場所は昨年同様,鎌倉です。(施設は異なります。)

とはいえ,一泊ではいけないけれど,日帰りなら参加したい!という方もいらっしゃると思いますので,
日帰りでのご参加も可能としました。

ただ,正直に申し上げて,圧倒的にパワフルな一泊でのご参加を心からお勧めいたします!

自分の中に,踏み出せない何か,本当は叫びたい何かを抱えていませんか?
日々の中で,言葉にならない漠然とした息苦しさ・生き苦しさを感じていませんか?
日常から離れ,海の近くで,同じ何かを共有する女性たちとともに
シンプルに自分の心身を解放し,リフレッシュする時間を持ちませんか?

あなたの心が動いたら,直感があなたをかき立てたら,
あなた自身の内側であなたを待っている可能性へひらくために
Emilyが創り出す,誰もが安心感と信頼をもって居られるあたたかい空間で
彼女や仲間たちとともにすばらしい週末を過ごしましょう!

女性のためのヨガや瞑想はもちろんのこと,
愛情深いEmilyのガイドならではの,深く心に響く お互いの経験や思いを聴き合うウーマンズサークルやブレスワーク(呼吸を用いたワーク),
さらに,女性が,自身への敬意を持って自身の人生と身体におけるさまざまなサイクルを大切に生きていくために
心身に残るトラウマや緊張を解放し,神経や呼吸を整えるセルフケアについての学びまでを含む
盛りだくさんの2日間を過ごします。

ちなみに,リトリートのごはん・おやつはすべて,おなじみの料理家のcayocoさんと
インド料理が得意なNaoさんの二人が担当してくれますので,
こちらもどうぞお楽しみに!

 

 


 

では,以下,Emily自身からのメッセージや詳細をじっくりご覧くださいね。

さあ,Emilyと仲間とたちと一緒に「あなたの魂を満たす」 特別な体験へと踏み出しましょう!

 
【リトリート概要】

「魂を満たす」女性のための一泊リトリート in 鎌倉

“Satisfy Your Soul”: A 2 Day Women’s Retreat in Kamakura

 
〈Emilyよりメッセージ〉

楽しく,癒しと滋養に満ちた,女性のための2日間にわたる鎌倉でのリトリートへ,あなたをご招待します。

女性のためのリトリートを日本で開催するのは今年で2回目。
昨年の日帰りリトリートは本当にすばらしく,また戻ってこなくては!と感じました。

このリトリートでは,女性としてもっと真に心からつながるためのパワフルな習慣を学び,
最高においしいごはんを一緒に楽しみ,
ブレスワークやパートナーワークを通して滞っていた感情を解放し,
チャンティングの中で心を歌い上げ,
女性の身体,マインド,そして魂を敬うヨガを練習しましょう。

鎌倉でお会いできることを楽しみにしています!

 
I invite you to join me on a fun, healing and nourishing 2 day retreat for women in beautiful Kamakura.

This is my 2nd year holding this retreat.
Last year’s retreat was so amazing, and I just had to come back!

We will learn powerful rituals to connect more authentically as women, enjoy the most delicious food together, release stuck emotions through breathwork and partner-work, sing our hearts out with chanting and practice a Yoga that honors the female body, mind and spirit.

I hope to see you there!

 
このプログラムは,女性のセラピスト,心理学者,ヨガティーチャー,
そして,セルフケアプログラムを学ぶことに関心を持つあらゆる女性に向けて,
特別にデザインされたものです。

何よりもまずはあなた自身をケアすることを学びましょう。

あなたが他の多くの人のケアに関わっているのであればなおさらです。

このリトリートが終わる頃には,あなたはクリアで,活気を取り戻した感覚,
そして,互いにサポートされ,インスパイアされた感覚を覚えていることでしょう。

また,このトレーニングの中で培われたスキル,技術,創造性は
あなたのクライアント,患者,生徒,家族や友人である女性たちにもシェアできるギフトになっているはずです。

・女性の身体と心理のための優雅で感覚的なヨガを学びましょう。
これは,一年,一月,一日のうちのいつでも実践できるものです。
月経時,月経前の敏感な時期,妊娠,閉経その他の自然なライフサイクルに応じて女性が行うべきヨガとは異なる観点に基づくものです。

・「途切れのない呼吸のワーク」で,あなたの呼吸の本質を体験し,理解しましょう。
口を開けて,途切れなく意識的な呼吸をすることによって,ジメチルトリプタミン(DTM)を脳へと自然に解放します。
このワークは,拡張した感情の認識や,最高潮のワンネス(すべてが一つになる)の体験,スピリチュアルな躍進をもたらします。

・正直で親密かつインスピレーションあふれるウーマンズサークルを体験しましょう。

・女性の心理的・肉体的幸福を大切にする甘美なセルフケアの習慣を学びましょう。
これは,女性の生命力,自尊心,そして,スピリチュアルな面で自信を与えることにおいて,決定的に重要なものです。

感謝を込めて。

エミリー・クーザー

 
For female therapists, psychologists, yoga teachers and all women interested in learning a self-care program designed specifically for women.
Learn to take care of you first. Especially if you are taking care of many others.
You will leave this training feeling clear, revitalized, supported…and inspired.
The skills, techniques and creativity cultivated in this training will become a gift to share with your female clients, patients, students, family and friends.

~Learn an elegant and sensual Yoga that is for a woman’s body and psyche and can be practiced anytime of the month, day or year - no matter what. This is a different perspective than a Yoga that has to be adapted for a woman during her menstruation, pre-menstrual sensitivity, pregnancy, menopause and other natural life cycles.

~Experience and understand the nature of your breath with Connected Breathwork. Open-mouth, conscious and connected breathing naturally releases dimethyltryptamine (DMT) into the brain. This can create expanded emotional awareness, peak experiences of oneness, and spiritual breakthroughs.

~Experience an honest, intimate and inspiring Women’s Circle

~Learn a luscious self-care ritual that is respectful to woman’s emotional and physical well-being - crucial to female vitality, self-respect and spiritual empowerment.

With Gratitude,
Emily Kuser

 
*通訳はyukariが担当します。

*施設の都合上,特に宿泊での参加人数には限りがあります。
定員に達した時点で,キャンセル待ちに移行いたしますので,ご希望の方はお早めのご予約をお勧めいたします。

 

 

【スケジュール予定】

*予告なく変更になることがあります。どうぞご了承ください。

*より正確なスケジュールは,お申込みいただいた方に後日メールにてお知らせいたします。

 
1日目: 6/15(土)
10:00-10:30 受付
10:30-12:15 オープニングサークル~女性のためのヨガ
12:30-13:30 ランチ
13:45-15:45 セッション1
15:45-16:15 おやつタイム
16:15-18:15 セッション2 →日帰りの方は,ここで終了となります。
18:30-19:30 ディナー
19:30-20:30 フリータイム
20:30-21:30 キールタンなど

2日目: 6/16(日)
7:00-8:15 女性のためのヨガ
8:30-9:15 朝食
9:15-10:00 フリータイム&チェックアウト
10::00-12:00 セッション3
12:00-13:30 ランチ~ビーチへ
13:45-16:30 セッション4~クロージングサークル

 
【日時】

2019/6/15(土)10:30 – 16(日)16:30

日帰りの場合: 2019/6/15(土)10:30-18:15 開場10:00

 
* 参加者のみなさまの安全と集中力維持のため,遅刻してのご参加は原則としてご遠慮いただいております。
どうぞ余裕を持っておこしください。

 
【場所】

We Base 鎌倉

神奈川県鎌倉市由比ヶ浜4-10-7
江ノ島電鉄 由比ヶ浜駅より 徒歩3分

*現地集合,現地解散となります。

*プライベートな個室のご用意はありません。
ドミトリーまたは大きな和室での宿泊となりますので,あらかじめご承知おきください。

*駐車場のご用意はありません。
お車でいらっしゃる場合は,由比ヶ浜地下駐車場などをご自身でご利用ください。

 
【料金】 すべて税込

・一泊二日リトリート(宿泊,等すべて含む):55,000円

・日帰り参加(食事等すべて含む):27,000円

・東京WS全4セッションと一泊二日リトリート,合計4日間フルセット割引:85,000円 …定価合計より4,000円off!

 
*WS2日間と一泊リトリートを一括でお申し込みの場合のみ適用となります。
ご予約の際,その旨を備考欄に明記してください。

後から片方を付け加えた場合は適用されませんので,ご了承ください!

*5/15(水)までに予約&5/17(金)までに入金確認が必須となります。

* 予約期日までにウェブからご予約の上,期日までに入金が「確認」できる場合に限り,割引対象となります。
期日当日にお振り込みいただいても,「翌日以降の扱い」となる場合は対象外となりますので,どうぞ余裕を持ってお振り込みくださいませ。

* ご予約とご入金がセットで必要です。
片方だけでは成立いたしませんので,あらかじめご了承ください。

 
【入金・キャンセル】

代金のお支払いは銀行振込でお願いいたします。
ウェブ予約確認後,メールにて振込先をご案内いたしますので,すみやかにご入金ください。
(メール返信には2日ほどかかる場合がありますので,あらかじめご了承の上,どうぞ余裕を持ってご予約くださいませ。)
ご入金確認をもってご予約成立となります。

なお,万一キャンセルされた場合は,以下のようにキャンセル料が発生いたしますので,ご注意ください。
また,返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。

5/24(金)まで 全額返金
5/25(土)~6/7(金)まで お申込いただいた合計金額の半額
6/8(土)以降 お申込いただいた合計金額の全額

海外からのゲストティーチャーに敬意を込めて確実にお礼をすべく,
どうぞご理解・ご協力をお願いいたします。

*お振込確認の返信メールは控えさせていただきます。
あらかじめどうぞご了承くださいませ。

 
【予約方法】

nidaのウェブサイト上のこちらから6/15をクリックし,
一泊 or 日帰りのみ のいずれかにご予約をお願いいたします。

* 予約確認返信メールが確実に受け取れるようにあらかじめ設定の上,ご登録ください。

 
【持ち物】

詳細は,お申込みいただいた方に後日追ってお知らせいたします。

 

 


Starry night for Devine Goddesses ~女神たちのための七夕スペシャルキールタン,ウィメンズサークル,ディナーの一夜(女性限定)

 

 

【ワークショップ概要】

7/6(土),七夕の前夜に,nidaにて,
2人のゲストを迎えて
女神のみなさん=女性 限定のスペシャルなイベントを行います!

まずはタブラ奏者の石田紫織さんを迎えてのスペシャルキールタン,

続いてyukariがガイドする,女性だけでサークルを囲み,互いに聴き合う豊かな時間,

その後はNaoちゃんが用意してくれる特製「七夕ごはん」をみんなでワイワイいただきましょう!

 
タブラ(超かっこいいインドの打楽器!)伴奏を伴うスペシャルキールタンでは,
女神の名/マントラをチャンティングします。

しつこいようですが,5/12に実施したコラボWS「サラスワティ」に際しても言及した通り…

「いきなり女神とか言われても困る~…って感じかもしれませんが(笑),
あの,どうぞご心配なく。ヒンドゥー教の勧誘ではありません(笑)
そもそもわたしはヒンドゥー教徒ではありませんし,
何より,ヒンドゥーにおける神々は「象徴」に過ぎないのですから。

女神が象徴しているのは,すべてのものの中に存在する,あるクオリティ・性質です。
それはすべてのもののなかに存在するのですから,もちろんあなたの中にもあるものです。

つまり,女神は遠くにいるのではありません。

女神はあなた自身なのです。」

 
そう,すべての女性は女神です。

あなたは自分のことをそう思っていないかもしれませんが,
残念ながら(笑)そうなのです。

女神はあなたなのです。

このワークショップは,そのすべての女神に向けてのものです。

もしそう感じていらっしゃらない女性がいたら,
正直なところ,そういう方にこそぜひご参加いただきたいと思っています。

チャンティングはシンプルかつ実にパワフルなヨガのpracticeです。

女神によるタブラ伴奏を伴って,他の女神たちとともに歌い,
あなた自身の本質を思い出しましょう。

ちなみに,七夕ですからね,「七夕さま」も歌いましょうか!(笑)

 
その後は,みんなでサークルを囲みます。
互いに互いを歓迎しあい,あるテーマについて一人一人がシェアするのを静かに聴き合います。

せっかくですから,サークルの最後には,短冊も書きましょう!

こうしたサークルは,例えばネイティヴアメリカンなどが古くから行ってきたもので,
わたしの先生 Emily Kuserはそれをアレンジし,
かつてはバリでのレギュラークラス “Women’s circle”を実施していたし,
現行のトレーニングでも頻繁に行っています。

今回のサークルも,すでにリトリートで実施している通り,
わたしが彼女から数年にわたり学び続けてきたものです。

5月の女性のための2泊リトリートに参加してくださった方が,まさに

「今回,私以外の4人の参加者とゆかりさんの生き方,考え方に触れ,知ることによって,
勝手な思い込みや偏見が覆されたのは間違いありません。
同時に,人とのコミュニケーションにおける恐れが減り,価値観を柔軟に広げることができた気がします。
自らをさらけ出し,ディスカッションし,相手を知り,受け入れてもらうという時間は,
私にとって癒しであり,凄く凄く大切な経験です。」

と書いてくださっている通り,
女性だけでサークルを囲み,安心して自身の経験や思いをシェアすること,それを聴いてもらうこと,
さらに,それを聴くことは,まさに「癒し」そのものです。

このサークルは,あなたという女神を,その「癒し」の経験とともに待っています。

 
そして,サークルを囲んだ後は,
みんなでNaoちゃんが用意してくれるおいしい「七夕ごはん」を堪能しましょう!

今回はちょっとスペシャルですよ~!

何せ女性だけの特別な集まりですからね!
ご希望に応じてアルコールもご用意しちゃいます!(笑)

 

 
~Naoちゃんより~

「七夕の星降る夜に 食の小さな世界の旅をご一緒に★
スパイスをたっぷり使った異国のお料理をVeg仕様でご用意致します。
「七夕さま」の歌詞にちなんで,「五色」のごはんをイメージして作ってみようと思います。
インドから持ち帰った菩提樹の葉っぱのお皿でどうぞ。
もちろんデザートつきです!
食後にはスパイスたっぷりのスペシャルバージョンのチャイをご用意致します。
また,別注文になりますが,ラムチャイやスパイスたっぷりのホットワイン,ビールなどもご用意しますので,どうぞお楽しみに!」

 
このサイトをご覧くださっているすべての女神たちに
心からの愛と感謝を込めて,スイスよりこの招待状をお送りします(5/21現在)。

星降る夜に,美しい女神たちとともに
すばらしい癒しと愛に満ちた場をつくりあげられることを心待ちにしています。

 
【日時・スケジュール】

7/6(土) 16:30-20:00

16:30- キールタン with 石田紫織さん
17:30- ウィメンズサークル with yukari
19:00-20:00 ディナー by ganga moon cafe (Nao)

 
【ゲスト プロフィール】

 
〈タブラ伴奏〉 石田 紫織

 

 

Pt.シュバンカル・ベナルジー、U-zhaanに師事。

2002年より日本とコルカタを行き来しながら師のもとで修練を重ね、
2015年インド政府奨学生としてラビンドラ・バラティ大学に留学、
器楽科パーカッション専攻で修士課程を終了。

インド古典音楽の演奏活動を中心としつつ、舞踊の伴奏や他ジャンルとのセッションにも力をいれている。

参加グループ「ヌーベルミューズ」ではパリ国際大学都市日本館で公演、「むゆうじゅ」ではアメリカや台湾での公演など、国外での活動も多数。

*ウェブサイトはこちら

 
〈インド料理〉 Nao Koyasu (ganga moon cafe)

 

 

2012年に日本を離れ,天然石のアクセサリーや,インドのアンティーク布などで雑貨やお洋服をつくりながら,
世界のいろいろなところ,主にインドで旅暮らしをしています。

日本やヨーロッパへの滞在中には,
展示販売・カフェ・お料理やアクセサリー作りのワークショップを行っています。

旅先で出会う気のいいクラフトアーティストたちから影響を受けたり,
インドの手刺繍やブロックプリント,ミラーワーク,ジュエリーの美しさに魅了されて,
作品づくりをしています。

2003年に初めてインドの地を踏んでから,ヒンディー語,ヨガ,インド料理など,
いろいろな人生の知恵を学びながら,以来例外なく毎年インドに通い続けています。

殆どの材料や天然石は旅先で出会ったものです。
心を静かにして,魂をもった「もの」たちの声を聴きながら,
また旅先の美しい光景にインスパイアされながら,心を込めて作品づくりやお料理をしています。

みなさまとのよい出会いがありますように。

*オンラインショップはこちら

*Instagramはこちら
Facebookはこちら

5/12(日)9:30-13:30
9:30-11:00 ヨガ(yukari)
11:15-13:30 お料理,ランチ&片付け(Nao)

*参加者のみなさまの安全と集中力維持のため,ヨガには遅刻してのご参加は原則ご遠慮いただいております。
15~10分前の到着を目安に,どうぞ余裕を持っておこしください。(20分前からお入りいただけます。)

 
【料金】

9,000円(ヨガ・食事代等すべて含む,税込)

*食材の準備等の都合上,前日以降のキャンセルについては, 後日キャンセル料として3,000円を頂戴いたします。どうぞご了承くださいませ。

 
【定員】 10名(先着順)

 
【もちもの】
座りやすく,しめつけの少ない服装

 
【予約】

通常通り,nidaのウェブサイト上のこちらからご予約ください。

*アレルギー等がありましたら,ご予約時に備考欄に必ずご記入ください。

 

7/13-15 「女性のための2泊3日リトリート “Back to your free Self”」@ nida

 

 

「素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
楽しかったし,幸福だったし,生きているって面白いって思えた。
・・・このリトリートは,パーフェクトです☆」

 
「本当に参加してよかったと思います。
私がこれからどんな人生を歩むのかはわかりませんが,後から振り返ったときに,
このリトリートが大きなターニングポイントになった,と思うのではないかという気がしてなりません。
たったの2日間なのに,これほどまでにパワフルで,大きな変化をもたらしてくれたことに驚きを隠せません。」

 
「まずは,素敵でパワフルな2日間を過ごす事ができ,感謝の気持ちでいっぱいです。
yukariさん,一緒に過ごした仲間たちの愛をたくさん受け取り,今私はとても生きやすくなりました。
そして素直な気持ちを取り戻しつつあります。」

 
「本当に期待以上のリトリートでした。私の宝物になりました。」

 
「とにかくとにかく!楽しく濃い2日間で,みんなを大好き過ぎて,ずっとこのまま住める!って思える程でした。
2日しか一緒に居ないなんて嘘のようで,もう3年は人生共にした仲間の様でした。
ゆかり先生を含め一緒に過ごした方々へ,感謝の気持ちがいっぱいです。」

 
…このほか,これまでの参加者のみなさんからのたくさんのお声は,こちらをご参照ください

 
*****
 

今年で3年目を迎えるnidaでのリトリート。
過去5回実施し,これまでご参加いただいた全員から,「大満足」との評価をいただいてきました。

そして,nidaでは今年最後の実施となる7/13(土)~15(月・祝)の
「女性のための2泊3日リトリート“Back to your free Self”」 にご参加くださる仲間を募集します!

気になる方は,以下の詳細をぜひじっくりご覧になった上で,ご予約をお待ちしております。

 

 
===================================================
女性のための二泊三日リトリート “Back to your free Self”
===================================================

 
ヨガは〈自由〉になるための手立て。
いえ,正確には,わたしたち本来の〈自由〉を思い出す,そこへと回帰するための手立て。
わたしはそう思っています。

実際,わたし自身の生き方は, ヨガを通じて大きく変わりました。
生きるのが,前より格段に〈自由〉に,楽に,そして楽しくなりました。
そして,その感覚が今もますます広がり続けているの感じています。

でも,それは本来当たり前のことであり,誰にでもできることなんですよね。

なぜなら,ヨガが示す通り,
「わたしたちの〈本質〉は〈自由〉そのもの,至福そのもの,平安そのもの」だから。

わたしたちが不自由を感じたり,苦しみを経験したりするのは,
その〈本質〉を忘れてしまっているだけ。

だから,少しずつ思い出して行くことで,少しずつその原点へと回帰して行くことで,
必然的にわたしたちは解き放たれて行きます。

 
このリトリートは,名前のとおり
“Back to your free Self”―「自由な本来の〈わたし〉へと回帰する」ためのもの。

つまり,
「不完全で不自由なわたしだから,より完全で自由になるために努力しなきゃ!」
を離れて,
ただシンプルに
「本来の完全なわたしに立ち戻って行く」
ためのステップです。

 
前者の思考は,ご存知の方が多いかと思いますが(笑),ええ,かな~~~り強固です。
わたしもかつてはそのプロフェッショナルでした(笑)
だからよーく知ってます,この思考で生きて行くのがどれだけ大変か。
また,頭では後者を理解し,そちらに切り替えたつもりでも,実際にはなかなかはがれてくれないことも。
そして,なかなかはがれないことによってまた苦しむことになることも(笑)

頭で理解するだけじゃ無理です。
自身の頭も身体も心も肚(ハラ)も,総動員して体験しないと。

そして,一人じゃなかなか難しいです。
導き手と仲間がいることによって道が拓け,歩みは軽くなります。

 
だから,リトリートなんです。

 
2泊3日,ここnidaで,
ヨガやセッション・ワークはもちろんのこと,寝食を共にしながら,
同じ志をもつ仲間と,そしてyukariと共に,
一人の人間として,一人の女性としての自分自身に立ち返り,
さらにその奥へ,
自由で,幸せと平安に溢れたわたしたちの〈本質〉,
本来の〈わたし〉へと立ち戻って行くための時間をじっくりと持ちませんか?

 
本当はもっと時間をかけて,東京を離れてやりたいところですけどね,
それは今秋にバリ島でのプランがありますので,少々先。これはこれでお楽しみに。

 
ただ実際,特に日本のみなさんはその時間をとることがなかなかできないことも事実で。
でも,なるべく早く一歩を踏み出したほうがいい。
だって,この身体とともに生きる人生には限りがあるのですから。

特にお子さんのいらっしゃる女性は,長くお家を空けられないかもしれませんが,
あなたのあり方がダイレクトに影響するお子さんがいらっしゃるからこそ,
より早く一歩踏み出していただきたいと思うのです。

だから,お金と時間を割いてつくり出していただくそのコンパクトな機会を,
遠くへ行くことよりも,深くへ行くために最大限活用していただきたい。

 
東京のど真ん中にあるのに,まるで田舎のような空間で,
あなたが日常から少し距離を置いて,本当に安心できる場をご用意します。

 
「何かができる」,「何かである」から認められるんじゃなく
「ただあなたであること」,「ただあなたがいること」自体を歓迎します。

 
そこで何が起きるのかを,あなた自身で,ただ体験し,観てください。

 

 
*****
 

このリトリートでは,身体を動かすヨガや瞑想だけでなく,
ヨガ哲学を含むセッション,課題図書に基づくシェアリング,
(わたしが今年からnidaでのみ実施している,より深い本質的なリラクゼージョンへと導く)長いヨガニドラー(仰向けでのガイド瞑想),
Emilyから学んだウーマンズサークル,女性のためのヨガ,呼吸を用いたワーク,
谷田先生から学んだどぅる~んタッチを用いたワーク,
さらにエッセンシャルオイルを用いたマッサージなども行います。

 
また,楽しみなお食事も心身が喜ぶすばらしいラインナップをご用意します。

初日は,nidaの月一カフェでおなじみのMakiさんによるアールヴェーダごはんをご用意します!
美しく,女性の体にやさしい大好評のランチをお楽しみに!

さらにディナーにも,nidaから少し歩いたところにあるyukariのお気に入りレストランで
女性たちがていねいに作る健康的で手の込んだあたたかいお食事をご用意します。

さらに, 2日目のディナーは,
『一度きりのレシピ』の著者でもある料理家のcayocoさんと一緒に作っていただきましょう。
cayocoさんのお料理,それ以前に,彼女の在り方は,まさにヨガそのもの。
彼女のお話に耳を傾け,ともにごはんを作り,みんなで食べる至福のディナーです!

そして,3日目の最後の食事にはyukariがアーユルヴェーダの先生から学んだメニューをみんなで作ります。

 
2泊3日という短い時間ではありますが,
あなたの頭,身体,心,肚―あなたのすべてで,この濃密な時間に浸ってください。

 
また,このリトリートでは,
この機会を最大限利用していただくために,
次のような環境をつくりますので,ご承知おきくださいね。

1. 開始~終了時まで,スマートフォンは手離します。

2.リトリート中にご用意するごはんは基本的にすべてベジごはんとなります。

3. 参加者にはセッション中に触れる課題図書をご案内します。
事前に読んできてください。
(難しい本じゃありませんのでご安心を(笑)サクッと読める,でも非常にパワフルな本です。)

 
あとは,次の3つを確実にお持ちください。

1. このリトリートへの直感

2. ワクワクと好奇心

3. 素直でオープンな姿勢

 
これがないと何も始まりませんが,
これがあればそこからすべてが始まりますから。

 
参加なさるのに特に理由は要りません。
ただ,直感的に「今行こう!」と思われたら,どうぞ躊躇なく飛び込んでいらしてください。

このとき,ここに集まるメンバーは必ず完璧です。
その場で何も起こらないわけがありません。
4名以上の女性が集まった時点で,そのパワフルな結果は約束されています。

 
これまでにもすでに多くの女性たちが「人生の転機」と体感してきたリトリート,

さあ,今度はあなたが体験される番です!

あなたのご参加を心から楽しみにお待ちしています。
 

 
【スケジュール予定】*変更の可能性もあります
 

7/13(土)
9:30-11:00 Anusara Elements basic(オープンクラス)
11:15-14:00 インディアンランチ「虹色のターリー」(担当はNaoちゃん!),並行して個別セッション/フリータイム
14:00-17:00 ウェルカム・サークル〜セッション&ワーク1(途中おやつ休憩あり)
17:00-19:30 お風呂屋さん&夕ごはんへ(外出)
19:30-21:30 セッション&ワーク2
21:30-22:30 キールタン&ヨガニドラー

7/14(日)
7:00-10:00 明治神宮へ お散歩&女性のためのヨガ,メディテーション
10:00-12:00 ブランチ&フリータイム @国連大学前ファーマーズマーケット
12:00-14:30 セッション&ワーク3
14:30-15:45 Anusara Elements basic
15:45-17:00 セッション&ワーク4
17:00-20:00 cayocoさんとともにお料理&ディナー
20:00-21:30 お風呂やさんへ
21:30-22:30 キールタン&ヨガニドラー

7/15(月・祝)
7:00-10:00 明治神宮へ お散歩&女性のためのヨガ,メディテーション
10:00-11:15 フリータイム (国連大学前ファーマーズマーケットへもどうぞ~)
11:15-12:45 セッション&ワーク5
12:45-15:00 ランチ(みんなでアーユルヴェーダ料理を作って食べます),食後に個別セッション/フリータイム
15:00-16:00 クロージング・サークル

 
【参加費】

7/13(金)-15(月・祝)
…2泊3日 75,000円(税込)

*リトリート再参加の方は,6,000円割引

* 食事(2泊のうち一食はフリータイムのため除く)・宿泊・クラス・
個別セッション等にかかる一切の費用を含みます。

* 費用は事前に銀行振込にてお願いいたします。 開催確定後にお振込いただきます。

* キャンセルについては以下のように対応させていただきます。
また,返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。

10日前まで(7/3)まで 全額返金
1週間前(7/6)まで お申込いただいた合計金額の半額
3日前(7/10)以降 お申込いただいた合計金額の全額

 
【定員】

6名(女性のみ)

*6/22(金)までに最低催行人数4名に達しなかった場合,中止とさせていただきます。
あらかじめどうぞご了承くださいませ。

* プライベートなお部屋のご用意はありません。ご了承の上ご参加ください。

振込や持ち物等の詳細は, お申し込みいただいた方に個別にご連絡いたします。

 
【予約】

通常通り,nidaのウェブサイト上のこちらからご予約ください

* また,このリトリートに関して何か気になること,ご相談になりたいことなどありましたら,
お気軽にこちらからお問い合わせくださいね。

 

topに戻る