ワークショップ・リトリート

newsletter購読者のみなさまには
各種ワークショップ・イベントについての先行情報公開・予約受付を行っております

登録・講読は無料!いつでも解除できます

→ご登録はこちらから

 

 
現在,予約受付中のワークショップ・イベントは以下のとおりです

会場についての特に記載のないものは,nidaにて行います

→詳細なスケジュール確認とご予約はこちら

 
all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回)〜5月までのスケジュール

1/23(水),2/21(木),3/1(金),4/13(土),24(水),5/10(金)
“Sing, Breathe, Meditate.“〜夜のクレンジング&ヒーリングspecialクラス

2/22-23 宮城県蔵王町 遠刈田温泉にて「女性のための一泊リトリート “Back to your free Self”」& 2/24 第3回仙台ワークショップ開催

【催行決定!】4/7(日)-10(水)初のバリリトリート(3泊4日)〜Emily Kuserによる1日WS&オプションでNaoちゃんとオリジナルマラ作りも!

5/3-5 nidaにて今年初実施!「女性のための2泊3日リトリート “Back to your free Self”」
 


all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回)〜5月までのスケジュール

 

 
「すごいことを教えて頂けて,貴重な体験をさせて頂けて本当に幸運でした」

「これを学んでいたらうつ病/パニック障害にならなかったかも」

「頭でわかっていたことが腑に落ちて,感覚でわかった」

たくさんの喜びの声をいただいき,シリーズを連続受講される方が続出している
all-in-oneヨガワークショップ「〈わたし〉をめぐる旅」全6回。

今のわたしを通じて提供できる最大限を,最小限に詰め込んだ濃密なWSシリーズです。

各回,もちろん単発受講もできます。
連続でご受講いただくことで,なお理解が深まります。

また,その際,特に1回目でお話しする内容が最大の核となって2回目以降に続いていきます。
1回目に出られなくても,2回目以降に出ていただくことはできますが,
連続してご参加いただくことで より大きな収穫が得られる構成になっています。

*ただし,4回目は少々特殊な回ですので,ここからではなく,
ぜひその他の回からスタートしていただくことをお勧めします。

また,最終回は,その効果を高めるため,可能な限り最後に受講されることを強くお勧めします。
少なくとも,シリーズ後半に,特にシリーズ第1・2回は受講済みの上で進まれることをお勧めします。

なるべくセットでご参加いただきたいので,2回目以降は割引も設けさせていただきました。

このシリーズのどこからご参加いただいても,
シリーズ内のご参加2回目以降は500円割引とさせていただきます。

また,ご要望にお応えして,再受講料金を設定させていただきました。

深遠なヨガ哲学に満ちたこのWSは,
どのタイミングで受けるかによって受け取るものが大きく変わることでしょう。
再受講されたいときに気軽にいらしていただくことで,得られるものが大きくなることと思います。

まずはピンと来たテーマ,ご都合のよいタイミングから,
ヨガの核心的なteachingをスパッと明快にお伝えし,体感していただく
アーサナ~哲学セッション~瞑想までのパワフルなフルコースWSをぜひご体感ください!

*参加者のみなさまからの感想は,こちらをご覧ください。

 
【WS内容詳細】

yogaのエッセンスを「全部盛り」にし,「凝縮」した
新しいall-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回予定)を
2018年2月よりスタート!

夏にかけてこのWSシリーズ(全6回予定)を続々と展開していきます。

「あなたは誰ですか?」

「あなたはどこへ向かっているのですか?」

「あなたは何をしている(考えている/感じている)のですか?」

あなたは,そう問われた時に,考えて出て来る答えに本当に納得できますか?

それがわからないから,
あるいは答えが出て来ていても納得できていないから,
わたしたちは迷ったり苦しんだりしているんじゃないでしょうか?

アタマで考える・理解するだけでも,単にカラダを動かすだけでも
人間,「納得」はできないんですよね。

でも, アタマもカラダも大切なんです。

だったら,全部使ったらいいんです!

だから,

アーサナで〈カラダ〉を動かして感じる

哲学セッションで〈アタマ〉や〈ココロ〉を通して理解する

瞑想でより深い〈ハラ〉とつながって観じる

…のセットなんです。

ええ,「どっちかじゃなくて,どっちも」ですから!(笑)

ここからちょっとギアチェンジして,かなりスパッとはっきり書きますけどね(笑)

こういうテーマを掲げることってね,
カラダを動かすだけじゃないから「流行り」のヨガじゃないし,
「宗教くさい」(ヨガは宗教じゃありませんけど)とか「回りくどい」とか「面倒くさい」とか「難しそう」とか(笑)
敬遠される方もいるだろうことは百も承知なんです。

でも,そんなの関係なく,わたしはこれをやらざるを得ないのです。
だって,その大きな力を自分自身の人生の中で体感して来ちゃったからです。
しゃーない!すごいものはすごいのです(笑)
そして,これが伝えられなければ,ヨガが伝えられたことにならないと感じるのです。

さらに,自身の体験を通じてこう感じるわけです。

本当は,これらの問いをどこかで避けてるからますます迷ったり苦しんだりするんじゃないかなあ?と。

わたしは,それこそ「回りくどい」んじゃないかなあと思うんですよね(笑)

もちろん,無理に向き合うことないんです。それは多分逆効果です(笑)
それぞれにはそれぞれに適したタイミングがありますから。
合わない方は合わない。要らない方は要らない。それでいいんです。

ただ,それでもなんでこんなWSをあえて打ち出すのか?

何よりもわたし自身が
ずっと宗教が苦手だったし,今も特定の宗教はありません。
論理が通ってないことは苦手で,受け入れられません。
すっごく面倒くさがりで,大変そうなことは避けがちです。
体験できないこと,小難しいことは苦手で,納得できません。

だからです。
だからこそ,こういうワークショップをやっているんです!

だって,
ちゃんと学んだ方が怪しくないってわかって恐れがなくなるから。
シンプルかつ論理的にわかりやすく説明された方が理解できるから。
ちょこちょこ小出しにするよりスパッと核心に切り込んだ方が手っ取り早いから。
カラダを動かしたり瞑想したり,ことばを超えた体感こそが納得につながるから。

だから,偉大なヨギーたちもそれを残してくれているわけですよね。
だったら,それをもっとみんなで使っちゃいましょうよ!という単純なお話です。

なるべく早くそれと出会って,それを実際に使って,さらに自分の可能性を拓き,
一層楽しく生きられる時間が長くなったらいいじゃないですか?
そういう人が増えたら,世界はもっと楽しくなるじゃないですか?

だから,このWSシリーズでお伝えしている内容に,
なるべく多くの方になるべく早く出会っていただけたらと思うのです。

もちろんヨガの伝える「真実」は,もちろんいつでもどこでも変わりません。
なにせ「真実」だからです。

ただ,人間が媒介となって伝えられる場合,アプローチの仕方や表現方法はそれぞれ異なります。

合うもの,合わないもの,すごく納得できるもの,できないもの…人によって違います。

わたしも,国内だけでなく,海外でもたくさんの先生に学び,それを経験して来ました。
そうやってわたしなりに学んで来た上で,
現時点で一番自分自身が「納得」し,「腑に落ちている」方法・形でお伝えするだけです。

ですから,このシリーズには,わたしがこれまで学んで来たヨガの哲学や瞑想を中心に,
中高教員としての11年の経験,プライベートセッションの蓄積,
どぅる~んタッチやNLPなどこの数年積み重ねて来たヨガ以外の学び,わたし自身の人生における経験…
すべてが凝縮されています。

今のわたしを通してなされる最善を提供させていただきます。

それをお使いいただくかどうか,その選択はあなたのものです。

哲学といっても難しく考える必要はないですし,何の予備知識も不要です。
アーサナレベルもオープンクラス。
瞑想をしたことがない初心者さんも歓迎です。

このWSをきっかけに,きっと自分自身が,そして,世界が違って観え始めるでしょう。
あなたの心の苦しみも小さくなっていくでしょう。

少なくとも,わたしはそうでした。

このWSは,わたしがそのように自身を実験台(笑)に実践・実感して来たことに基づいています。

もしご興味と好奇心があり,大いなる流れがあなたをnidaへ導くようでしたら,
あなたの「生き方が自由になるヨガ」の智慧を学ぶ場をどうぞご一緒に。

 
*****「1:Who am I?~〈わたし〉と出会う旅」

1回目のテーマは

「Who am I?―わたしは誰?」

あなたなら,この問いにどう答えますか?

名前? 性別? 仕事?
これらは本当に〈わたし〉?

この問いは,すべての人にとって根幹となる問いです。
「哲学」の起点となる問いです。

この問いに明確に,一点の疑念も迷いもなく「真に」答えることができるのなら,
そのとき,人生における苦しみは一切ない状態でしょう,と言われるくらい。

そして,yogaはまさにその問いに,知識だけでなく体験を持って迫る手段です。

この問いに改めて向き合うことは,
あなたの人生においてとても有意義な経験となるでしょう。

この1回目のWSでは,身体を動かした後,
この問いを核にお互いに語り合い,yogaが考えてきたことをともに学び,
最後にはこの問いに直結する瞑想へと進みます。
その中で何を感じるのかを楽しんだ後,お茶を飲みながらシェアをします。

 
*****「2:Where am I going?~わたしの〈意図〉を見出す旅」

2回目のテーマは

「Where am I going?―わたしはどこへ向かうのか?」

わたしはよく「目標」(goal)がありません,とお話ししています(笑)

が,〈意図〉(intention)はあります。

これ,大~~きく違います。

あなたは,自らの「目標」ではなく,「意図」に気づいていますか?

yoga nidra(仰向けになったままのガイド瞑想)を経験したことのある方は,
その中で「サンカルパ(決意)」というのを唱えますよね。

あなたがその時に唱えていることは「目標」ですか?「意図」ですか?

そして,それは本当にあなたのハラに,内側深くにつながっているものですか?

〈意図〉に気づいていることは極めてパワフルです。

それには,ちゃんと理由があります。

わたしも身をもって体感しています。特にちょうどこの1年ほどの間に。

このWSでは,身体を動かした後,
「目標」と〈意図〉の違いや,〈意図〉の持つ力の背景・意味をお話しした上で,
あなた自身の〈意図〉をクリアにすくいとって行くためのワークを行います。
その上で,それを持ってyoga nidraへと向かいます。
最後にはお茶を飲みながらシェアをし,一緒にとても大切なステップを踏みます。

 
*****「3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」

そして,3回目のテーマは

「What am I doing?―わたしは何をしているのか?」

ばかげた質問に聞こえます?(笑) 「は?何聞いてんの?~してるに決まってるじゃん!」と。

逆にわたしは,今はっきりと言えます。
わたしは,30代半ばまで,自分が「何をしているのか」まったく観えていませんでした,と。

自分が何をしているのか,何を感じているのか,何を考えているのかー
まったく観えていなかったから,人生が大変だったんです。

30代の前半の一時期,わたしは泣き暮らしていました。
大げさでなく,毎日泣いて苦しんでいました。

30代半ばまで,わたしは毎日グチり続けていました。
大げさでなく,悪口や文句を言わない日はありませんでした。

それが今や,感情はめちゃありますが,涙もグチもてんで要らない生活に。

そう,わたしの人生を180度変えてくれたものこそ,この〈俯瞰〉でした。

あなたは自分を〈俯瞰〉できていますか?

何を,誰が,どのように〈俯瞰〉しているのでしょう?

この〈俯瞰〉ってシンプルで簡単そうに聞こえるかもしれませんが,
これ,とても深淵でパワフルです。

そして,これをやろうとするとき引っかかりがちな「トラップ」がすごく多いんです。

単なる「マインドフルネス」じゃ済まされません。「マインドフルネス」は入り口にすぎません。

「わたしは何をしているのか」を〈俯瞰〉するというのは一体どういうことなのか?
特に日常生活の中でそれをどのように行うのか? そうするとどうなるのか?

具体的かつ実践的な方法をご紹介しつつ,実際にそれを使うワークも行います。

このWSでは,身体を動かした後,
わたしの人生を180度変えてくれた〈俯瞰〉する力の意味,効果,コツを
ヨガ哲学やわたし自身の経験をふまえてお話するのはもちろん,
アーサナ,ワーク,瞑想の体験を通じて,腑に落として行きます。
最後にはお茶を飲みながらお互いの体感をシェアをしながら
すぐに使える状態に準備をして各々の日常に戻って行きましょう。

 
*****「4:How do I live this reality? ~わたしと世界を〈創造〉する旅」

続く4回目のテーマは

「How do I live this reality? ~わたしはいかにこの現実を生きているのか?」

言うまでもなく,わたしたちは日々「生きて」いますよね(笑)

でも,わたしたちが生きるこの「世界」について,
本当は一体何をどれほど知っているというのでしょう?

「わたしとは誰か?」と並ぶ重大な哲学的命題こそ
「この世界とは何か?」です。

ここで言う「世界」とは,地球の地理や国々のことではありません
(まあ,それも講義できますけど(笑))。
わたしたちが生きているこの「現実」のことです。

この「現実」とは一体何なんでしょう?

ヨガではこの「現実」をいかに捉えてきたのか,はもちろんのこと,

現代科学における知見や
谷田学先生の,陰陽五行に基づくどぅる~んタッチなども網羅しながら
一緒に探究して行きます。

このWSでは,身体を動かすクラス,どぅる~んタッチ,
視覚資料も用いた哲学セッション,さらに瞑想を行います。

アタマで理解するだけでなく,
カラダやハートを通じてハラに落ちて行く体験をしながら,
世界の新たな観方が拓けて行くのを楽しみましょう。

そして,それこそまさに
あなたが新たな世界を,現実を〈創造〉する行為そのものなのです。

 
*****「5:Why am I here?~わたしの〈使命〉を探る旅」

さて,5回目のテーマは

「Why am I here?~わたしはなぜここにいるのか?」

自分はなぜここにいるんだろう?
何のために生まれてきたんだろう?
…それは,誰もが人生の中で一度は直面する問いだと思います。

そして,この問いは,
人を自殺やひきこもりに追いやるほど強力な力を持つ場合もあります。

わたし自身がこの問いで最も苦しんだのは,高校生~大学生のときです。
高校2年生のときに,毎日一緒に通学していた友人が,持病の発作で急死。
彼女は,信仰を持ち,医師になることを目指していた,心優しい子でした。

「なんであんなにいい子が死んで,
特別な才能も将来の目標もないわたしが生き残ってしまったんだろう?」

わたしは,この「理不尽」に,その後何年も苦しみ続けました…

この苦しみは数年経ってだいぶ軽くはなりましたが,
どこかしら「罪悪感」のようなものがその後も長くわたしにつきまといました。

また,
「何のためにわたしは生き残ったのか?」
「わたしは何がしたいのか?」
「わたしのすべきことは何か?」
…といった問いに対する「答え」は,その後15年以上もまったく見出せませんでした。

今から思えば,見つかるはずもありませんでしたけど(笑)

しかし,その後,大きなヒントがやって来たのです。

わたしの「使命」とは一体何なんでしょう?
それはどうやったら見出して行くことができるのでしょうか?

ヨガにおける〈使命〉についてのお話はもちろんのこと,
谷田学先生の,陰陽五行に基づくどぅる~んタッチや
その他の領域からのヒントも援用しながら一緒に探究して行きましょう。

このWSでは,身体を動かすクラスの後,
さまざまなワークや瞑想を取り入れながら,哲学セッションへと進みます。

アタマで理解するだけでなく,
カラダやハートを通じてハラに落ちて行く体験をしながら,
わたし自身の〈使命〉を見出す道へと踏み出しましょう。

 
*****「6:When is the time?~わたしを〈解放〉する旅」

さて,最終回,第6回目のテーマは

「When is the time?~”その時”はいつ?」

スタートから半年以上の歳月を経てこのワークショップのシリーズも最終回に到達。

ここまで〈わたし〉をめぐってさまざまな旅をして来ました。

あるときはヨガの聖典とともに,あるときは現代の偉大なヨギーたちの言葉とともに,
あるときは自分の無意識の底へ,あるときは宇宙の向こう側へ,
あるときは体を動かし,あるときは熟考し,あるときはチャンティングし,あるときは瞑想しながら。

ヨガの旅の究極の目的は,いわば「悟り」=究極の〈解放〉です。

でも,わたしたち一人一人がヨガをするとき,あるいはヨガになんとなく興味を持つとき,
その目的は「悟り」である必要なんか全然ないと思います。
わたし自身もそうでしたから。
肩こり・頭痛の改善のためにヨガスタジオに足を運んだのが始まりですから(笑)
そして,わたし自身,今も「悟り」の境地には至っていません。

そう,わたしは〈解放〉へ向かうことを意図していたわけではないし,
「そのために」努力しているというわけでもありません。

しかし,明らかに,自ずとそこへ続く道を歩いている感覚があります。

そして,わたし自身,その道の途上,小さな〈解放〉を積み重ね続けて来たことを認識しています。
それは今も日々続いています。

この最終回では,
ここまでであなたが学んで来たことが
より多くの体感を通して「統合」されて行くことを意図しています。

そのため,これまで以上に講義部分は少なく,ワークやシェアリングが中心となります。
それは,ヨガニドラーを含む,ゆったりと体を動かすクラスから,すでに始まります。
その後のセッションでも,さまざまなペアワークやグループシェアリングを通じて,
互いに,自身の内にあるものや経験を語り,聴き合います。
そして,ともに瞑想へと進みましょう。

そのプロセスの中で,
過去と現在が,
カラダ・アタマ・ココロ・ハラが,
他者と自己が,
そして何よりも,わたしと〈わたし〉が「統合」されて行く経験を通じて
「今この瞬間」に自ずとあなた自身の〈解放〉が進むのを感じるでしょう。

この最終回への「参加条件」はありませんが,可能な限り最後に受講されることを強くお勧めします。
あるいは,少なくともシリーズ後半に,シリーズ第1・2回は受講済みの上で進まれることをお勧めします。
その方が明らかに効果が高まりますから。

さあ,この先のあなた自身の「〈わたし〉をめぐる旅」へとさらに進むために,
本シリーズ最後の「〈わたし〉をめぐる旅」へと,ご一緒に出かけましょう。

 

 
昨年秋以来,すばらしい先生,すばらしい場で瞑想と哲学を中心に学びを深めてきました。

昨年9月に,ヨーロッパでタントラヨガ哲学・瞑想の世界的な講師
Sally Kemptonのトレーニングとリトリートに出た経験は,
わたしの瞑想に大きなギアチェンジをもたらしてくれました。

昨年11月,カリフォルニア州・オークランドのアシュラムでの
イベントと瞑想・チャンティングの経験によって,さらに瞑想が深まり,
ヨガのシンプルな「最大の教え」が格段に深く腑に落ちて来るようになりました。

そして,先月バリ島・ウブドで学んだyoga nidraの世界的な権威
Dr. Kamini Desaiのトレーニングを通じて,
わたし自身が「目標」ではなく〈意図〉を利用していたこととその背景・意義に
明瞭に気づくことができたのと同時に,yoga nidraの持つ奥深い力を再認識し,
わたし自身の思考がさらに整理され,瞑想がまた変化し始めたのを実感しています。

それらの学びと経験を,これまでの人生の中で体験し得て来たすべてを合わせて
(本当はもっと長い時間やりたいんですけど(笑)やむを得ず何とか4時間に)
ギュギュ~~~っと凝縮した新しいWSシリーズが
この 「〈わたし〉をめぐる旅」 です。

アーサナレベルは初心者さんからOKのオープンレベルですから,
今回のテーマに掲げた問いに関心のある方はどなたでも歓迎です。

このシリーズの成果は,いわゆる「コーチング」のように実感できると思いますが,
でも,わたしは「コーチ」ではありません。
あくまでも「ヨガティーチャー」です。

揺るぎない〈真実〉へとつながる道,「ヨガ哲学」を拠りどころに
あなたとともに〈わたし〉をめぐる旅に出かけることを楽しみに,
nidaでお待ちしています。

 
【all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」全6回 2018/12-2019/5のスケジュール】

*2019年前半,yukariは半分海外に滞在する予定のため,実施が限られております。
また,同年後半も半分近く海外滞在となり,さらに,このシリーズに続く新たなシリーズに着手する予定のため,
やはり実施回数が多くとれないことが予想されます。
どうぞシリーズ全体の実施日程を見渡した上で,ご自身のスケジュールを組んでみてくださいね。

 
「1:Who am I?~〈わたし〉と出会う旅」

1/19(土)14:30-18:30
2/24(日)9:30-13:30 @仙台 *お申し込み先はnidaではありませんのでご注意ください。詳細は後述の仙台WSの記事をご覧ください。
4/14(日)14:30-18:30

 
「2:Where am I going?~わたしの〈意図〉を見出す旅」

5/11(土)12:30-16:30

 
「3:What am I doing?~わたしを〈俯瞰〉する旅」

4/16(火)10:00-14:00 *平日開催

 
「4:How do I live this reality? ~わたしと世界を〈創造〉する旅」

*この回はぜひ初回以外に受講なさってくださいね!

3/1(金)10:00-14:00 *平日開催

 
「5:Why am I here?~わたしの〈使命〉を探る旅」

4/13(土)10:00-14:00
5/10(金)10:00-14:00 *平日開催

 
「6:When is the time?~わたしを〈解放〉する旅」

*この回はぜひシリーズ後半,可能な限り最後に受講なさってくださいね!

5/2(木・祝)10:00-14:00 *変更しました
5/12(日)15:30-19:30

 
*参加者のみなさまの安全と集中力維持のため,
遅刻してのご参加は原則としてご遠慮いただいております。
15~10分前の到着を目安に,どうぞ余裕を持っておこしください。
(20分前からお入りいただけます。)

 
【定員】 10名(先着順)

*最低催行人数は4名です。
実施3日前までにこの人数に達しなかった場合は延期とさせていただき,
お申込みいただいた方に個別にご連絡差し上げます。

 
【料金】

各WS 8,000円(税込)

*このWSシリーズについてはnidaの回数券をお持ちの方への割引対象外とさせていただきますが,
シリーズご参加2回目以降は各回500円割引とさせていただきます。

*前日以降のキャンセルは,どうぞご遠慮ください。

再受講料金 6,000円(税込) new!!

*すでに受講された回を再受講されたいときは,この料金で受講できます。

*満席の場合は,新規受講者を優先させていただきます。あらかじめご承知おきください。

 
【持ち物】
・動きやすい服装
・必要に応じて、筆記用具,水、タオルなど

 
【予約方法】
こちらからあらかじめご予約ください

 


1/23(水),2/21(木),3/1(金),4/13(土),23(火),5/10(金)
“Sing, Breathe, Meditate.“〜夜のクレンジング&ヒーリングspecialクラス

 

マントラは,インドに長く伝わる,パワフルな音です。
特別な響きが宿っています。

わたしのグル(真の精神の師)はおっしゃいます。

「チャンティングをする時は,意味を分析する代わりに,その音の中に身を委ねなさい。
その音であなたを完全に満たしなさい。
その音がもっともっと満ちるように,あなたの内面を聞きなさい。」

「チャンティングをすると私たちの心が開き,全身全霊が大きな愛で包まれてしまうのです。」

キャンドルのほのかな灯りの中,
ハルモニウムの伴奏とともに,
いろいろなマントラをチャンティング(詠唱)します。

ただそうしているだけで,
涙が溢れて来たり,急にある感情や記憶が沸き上がって来たり…
内側から自然にクレンジングとヒーリングが起こります。

歌うこと自体も瞑想的なのですが,
その後の余韻の中で訪れる静寂はさらに心地よく,
自ずと瞑想的な状態に引き込まれて行きこまれていくでしょう。

歌うのが苦手,という方もどうぞご心配なく。
チャンティングで大切なのは,
「チャンティングとともにその瞬間そこに在ること」だと思います。

チャンティングの後はブレスワークへと進みます。

このブレスワークは一見極めてシンプルで,ただ呼吸をするだけなのですが,
実はパワフルな浄化や癒しを伴う,深いエネルギーワークです。

そして,その後は,そのままリラクシングな瞑想へ。

瞑想から戻って来たら,最後にお茶を飲みながらシェアします。

チャンティングもブレスワークもメディテーションも,
それぞれ極めてパワフルな浄化と癒しのプロセスなのですが,
それを組み合わせてやってしまおう!という欲張りなspecialクラスです。

このspecialクラスは,2018年夏以降,可能な限り毎月定期的に実施しています。
毎回異なる歌や瞑想法で変化があり,リピートする方がとても多い大好評のクラスです。
特に,ブレスワークは繰り返すほどパワフルです。
毎回異なる体験があるでしょう。

平安な心持ちでわたしたちの本質を思い出すべく歌い,
安心して深く呼吸し,穏やかに瞑想できる場をご用意します。

老若男女どなたでも心から歓迎いたします。
身体を締め付けないリラクシングで座りやすい格好でお越しくださいね。

 
【日時】

1/23(木)19:30-21:30 *翌日よりyukariはインドへ発ちます

3/1(金)19:30-21:30 *翌日よりyukariはバリへ発ちます

4/13(土)17:30-19:30

4/23(火)19:30-21:30

5/10(金)19:30-21:30 *翌週よりyukariはヨーロッパへ発ちますので,次回は6月です

*同じ内容で構成されますが,チャンティングするマントラは毎回変わります。
また,ブレスワークは繰り返すほどパワフルです。毎回異なる体験があるでしょう。

 
【参加費】 4,500円(税込)

 
【定員】 11名

 
【予約方法】
こちらからご予約ください

 


2/22-23 宮城県蔵王町 遠刈田温泉にて「女性のための一泊リトリート “Back to your free Self”」& 2/24 第3回仙台ワークショップ開催

 


 

一昨年夏にスタートしたnidaでの「女性のためのリトリート」。
昨年までに過去4回実施し,これまでご参加いただいた全員から「大満足」との評価をいただいてきました。

*これまでの参加者のフィードバックについてはこちら

 
この「女性のためのリトリート “Back to your free Self”」を,
来月2/22(金)-23(土),初めてnidaを飛び出して実施します!!

場所は,宮城県蔵王町の遠刈田温泉!

主催してくださるのはもちろん,これまでにも2回仙台WSを主催してくださった
高田麻由さん(ファシリテーター・土鍋deごはん協会代表)です。

 
そして,リトリートの翌日2/24(日)には,仙台にてワークショップも開催。
all-in-oneヨガWS「〈わたし〉をめぐる旅1」と
「生き方が自由になるヨガワークショップ〈基礎編〉」を実施します。

今のところ,今年前半の国内での「女性のための一泊リトリート」の予定はありませんので,
どうぞこの機会をお見逃しなく!

(5月のGW後半にnidaで実施予定のリトリートは二泊です。
ちなみに,4-7-10のバリリトリートは催行が決定しました。
お申し込みが集中した結果,あっという間に定員まであと2名です!)

しかも,今回はなんと温泉つきですよ〜〜!(笑)
仙台からバスで1時間程度の遠刈田温泉にある貸別荘にて行います!
別荘自体にある温泉にも入れるし,みんなですぐ近くにある温泉施設にも行きます!

東京近郊の方も,当日朝の新幹線で向かえば開始時間に間に合いますし,
WSが終わった後はもう一泊近くの温泉に宿泊して行かれては??
もちろん,翌日は仙台でもお待ちしていますが!(笑)

 
ちなみに,仙台WSで実施する「〈わたし〉をめぐる旅1」はその後東京でも4月まで実施予定はありませんし,
午後の「生き方が自由になるヨガワークショップ」にいたっては
今後の実施予定は今のところ全くありませんので,貴重な機会ですよ〜!

(…というか,そもそも,nidaでも週末のクラス/WS自体,1/19 (土)の次は4/13(土)なんです…)

 
それでは,以下, リトリートと仙台ワークショップの詳細をご案内します。
ぜひじっくりご覧になった上で,ご予約をお待ちしております。

また,東北近郊のお知り合いがいらっしゃいましたら,シェアいただけましたら幸いです。

ちなみに,ご予約先はnidaではありませんので,ご注意を〜!

 

 
==============================================================
1. 2/22(金)-23(土)「女性のための一泊リトリート “Back to your free Self”」
nidaを飛び出して初開催 @宮城県蔵王町 遠刈田温泉!
==============================================================

 
ヨガは〈自由〉への手立て。
正確には,わたしたち本来の〈自由〉を思い出す,そこへと回帰するための手立て。
わたしはそう思っています。

実際,わたし自身の生き方は, ヨガを通じて大きく変わりました。
生きるのが,前より格段に〈自由〉に,楽に,そして楽しくなりました。
そして,その感覚が今もますます広がり続けているの感じています。

でも,それは本来当たり前のことであり,誰にでもできることなんですよね。

なぜなら,ヨガが示す通り,
「わたしたちの〈本質〉は〈自由〉そのもの,至福そのもの,平安そのもの」だから。

わたしたちが不自由を感じたり,苦しみを経験したりするのは,
その〈本質〉を忘れてしまっているだけ。

だから,少しずつ思い出して行くことで,少しずつその原点へと回帰して行くことで,
必然的にわたしたちは解き放たれて行きます。

このリトリートは,名前のとおり
“Back to your free Self”―「自由な本来の〈わたし〉へと回帰する」ためのもの。

つまり,
「不完全で不自由なわたしだから,より完全で自由になるために努力しなきゃ!」
を離れて,
ただシンプルに
「本来の完全なわたしに立ち戻って行く」
ためのステップです。

前者の思考は,ご存知の方が多いかと思いますが(笑),ええ,かな~~~り強固です。
わたしもかつてはそのプロフェッショナルでした(笑)
だからよーく知ってます,この思考で生きて行くのがどれだけ大変か。

また,頭では後者を理解し,そちらに切り替えたつもりでも,実際にはなかなかはがれてくれないことも。
そして,なかなかはがれないことによってまた苦しむことになることも(笑)
頭で理解するだけじゃ無理です。
自身の頭も身体も心も肚(ハラ)も,総動員して体験しないと。

そして,一人じゃなかなか難しいです。
導き手と仲間がいることによって道が拓け,歩みは軽くなります。

だから,リトリートなんです。

1泊2日,ご自身の日常からは少し離れた場で,
ヨガやセッション・ワークはもちろんのこと,寝食を共にしながら,
同じ志をもつ仲間と,そしてyukariと共に,
一人の人間として,一人の女性としての自分自身に立ち返り,
さらにその奥へ,
自由で,幸せと平安に溢れたわたしたちの〈本質〉,
本来の〈わたし〉へと立ち戻って行くための時間を持ちませんか?

本当はもっと時間をかけてやりたいところなんですけどね。

ただ実際,特に日本のみなさんはその時間をとることがなかなかできないことも事実で。

でも,なるべく早く一歩を踏み出したほうがいい。

だって,この身体とともに生きる人生には限りがあるのですから。

だから,お金と時間を割いてつくり出していただくこのコンパクトな機会を,
あなたの内側深くへ進むためにご用意したこの濃密なプログラムを,
最大限活用してください!

あなたが日常から少し距離を置いて,本当に安心できる場をご用意します。

「何かができる」,「何かである」から認められるんじゃなく
「ただあなたであること」,「ただあなたがいること」自体を歓迎します。

そこで何が起きるのかを,あなた自身で,ただ体験し,観てください。

 

 
*****

 
このリトリートでは,身体を動かすヨガや瞑想だけでなく,
ヨガ哲学を含むセッション,課題図書に基づくシェアリング,
(わたしが今年からnidaでのみ実施している,より深い本質的なリラクゼージョンへと導く)長いヨガニドラー(仰向けでのガイド瞑想),
Emilyから学んだウーマンズサークル,女性のためのヨガ,呼吸を用いたワーク,女性のためのお話,
さらに,谷田先生から学んだどぅる~んタッチを用いたワークなども行います。

それも,今回は,東京を離れ,
より静かで自然に囲まれた,しかも温泉地にある貸別荘にて行います!

1泊2日という短い時間ではありますが,
あなたの頭,身体,心,肚―あなたのすべてで,この濃密な時間に浸ってください。

また,このリトリートでは,
この機会を最大限利用していただくために,
次のような環境をつくりますので,ご承知おきくださいね。

1. 開始~終了時まで,スマートフォンは手離します。

2.リトリート中にご用意するごはんは基本的にすべて野菜・穀物中心となります。

3. 参加者にはセッション中に触れる課題図書をご案内します。
事前に読んできてください。
(難しい本じゃありませんのでご安心を(笑)サクッと読める,でも非常にパワフルな本です。)

あとは,次の3つを確実にお持ちください。

1. このリトリートへの直感

2. ワクワクと好奇心

3. 素直でオープンな姿勢

これがないと何も始まりませんが,
これがあればそこからすべてが始まりますから。

 
【場所】

宮城県蔵王町 遠刈田(とおがった)温泉の貸別荘にて

*仙台駅よりバスで約1時間,バス停より徒歩

*仙台駅発10:18のバスに乗ると,開始時間に間に合います。

*会場の詳細は,お申込みいただいた方に個別にお知らせいたします。

 
【2/22(金)-23(土)一泊リトリート@遠刈田温泉 スケジュール】 *変更の可能性もあります

2/22(土)
11:00-11:30 現地集合
11:45-13:00 Anusara Elements basic(オープンクラス)
13:00-15:00 ウェルカムランチ〜食後は個別セッション/フリータイム
15:00-18:00 ウェルカム・サークル〜セッション&ワーク1
18:15-20:30 温泉〜夕ごはん
21:00-22:15 キールタン&ヨガニドラー

2/23(日)
(早起きして会場内の温泉に入っていただいてもOK!)
7:00-7:30 お散歩
7:45-9:15 女性のためのヨガ〜瞑想
9:15-10:15 ティータイム (お茶,コーヒー,軽食,温泉もどうぞ)
10:15-12:15 セッション&ワーク2
12:15-14:30 ランチ(みんなでアーユルヴェーダ料理を作って食べます)〜食後に個別セッション/フリータイム
14:30-17:00 セッション&ワーク3〜クロージング・サークル

 
【参加費】

48,000円(税込)

* 食事・宿泊・温泉入浴・クラス・個別セッション等にかかる一切の費用を含みます。

* 現地集合・解散のため,交通費は含まれません。

* 費用は事前に銀行振込にてお願いいたします。 開催確定後にお振込いただきます。

* キャンセル料については以下のように対応させていただきます。
また,返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。

2週間前まで(2/8)まで 全額返金

10日前(2/12)まで お申込いただいた合計金額の半額

1週間前(2/15)以降 お申込いただいた合計金額の全額

 
【定員】

10名(女性のみ)

* 1/31(木)までに最低催行人数4名に達しなかった場合は中止とさせていただきます。
あらかじめどうぞご了承くださいませ。

* プライベートなお部屋のご用意はありません。ご了承の上ご参加ください。

振込や持ち物等の詳細は, お申し込みいただいた方に個別にご連絡いたします。

 
【予約】 *nidaのウェブサイトからではありませんのでご注意ください!

こちらからお申し込みください。

* 何か気になること,ご相談になりたいことなどありましたら,お気軽にこちらのアドレスまでメールにてお問い合わせください↓
m18takada@tmail.com

 

 
***** このリトリートは「こんな方にオススメ!」 *****
 

これまでのリトリートに参加してくださったみなさんが,「こんな方にオススメ!」と答えてくださったのは…

「少しでもリトリートが気になっている人には是非勇気を持って飛び込んでほしいな,と思います。
不安も怖さも持ったままでいいと思います。
終わった時には宝物を得ていること,保証できます。」

「絶対にお勧めです!
どんな人にもお勧めです!
特に心の扉が開けない人に来て欲しい。
寂しさとか,抱えている人に来て欲しい。」

「何か自分に制約をかけているものが内側にある気がする人,それに気づき,解放し,自由になりたい人
これまで肚落ちしないことを無理にやってきたなと感じる人
頑張り屋さんね,真面目ね,とよく言われてきた人
何事も損得で考えてしまう自分が嫌になってきた人
義務感にとらわれがちな人
自分なんて価値がない,と思いがちな人
手放したいものがある人
・・・など,生きづらさを感じているすべての人に心からお勧めします。」

「自由に生きたい方
何か心にひっかかりのある方
自分のことがあまり好きでない方
自分の進路で悩んでる方
yukariさんが好きな方
家族や友人など人間関係で悩んでる方
育児で疲れていたり 子育てが楽しめないお母さん
幅広い年齢層の方」

「環境の変化にいる人,なんでも話せる仲間がほしいと思っている人」

「幸せを感じたい人,恐れを持って生きている人,女子会とか無理って思ってる人,
新しい世界を覗いてみたい人,笑いたい人,素直になりたい人,
疎外感,生きづらさを感じている人」

「世の中の女性みんな。
子育て中で,家を空けられない(と思い込んでいる)人。
家は空けられるから。子どもも旦那さんも大丈夫だからって思います。
それは,私の仕事にしてもそうで,仕事すればいいから。
家は空けられるから。なんとかなるから。
これは,私自身へのメッセージですね。」

「ちょっとでも,興味を持った方
変化が怖い人
「~べき」「~ねば」にとらわれて,生きにくいなと感じている人
自己嫌悪におちいりやすい人」

 
さらに,わたしから付け加えをすると,特に以下のような方に心からお薦めいたします。

・「もっと~しないと!」「~もやらないと!」と日々がんばって生きている人

・身体や心のサインから「自分のためだけの時間を持つ」必要性を感じている人

・一人の人間として,女性としてのこれからの生き方を一度立ち止まって整理したい人

・自分の内側にある不安や息苦しさを解き放ち,一歩先へと踏み出したい人

・わたしのクラス・WSに参加して経験したことを深め,浸透させたい人

・今変えたいことがある人,あるいは,変化を経たばかりの人

もし,「あ,わたしだ!」と当てはまるものがあって,
さらに何かが内側で「鳴り響いたら」,
今度はあなたの番かもしれません。

 

 
***** 過去のリトリート参加者の声より *****

 
「素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
楽しかったし,幸福だったし,生きているって面白いって思えた。
色んなこと,経験していこうと思えた。
負の感情も,ようこそ~って,抱きしめてあげようと思った。
このリトリートは,パーフェクトです☆」

「リトリート参加できて本当によかったです。
なぜこの10年心身のバランスが崩れているのかわかりました。
心が原因で体も不調になり 体も不調だと余計心も沈む みたいな負の連鎖から抜け切れず
至福とか 十分幸せなんて なかなか心の底からは思えず 苦しい思いも蓋していましたが,
今はとても幸せな気持ちです。
年齢が上がるにつれての新たな波も今後もあると思いますが
気楽に気負わず 少し面白がりながら 波を楽しんでいけたらなと思います。
これからもよろしくお願いします。
心からの感謝を込めて」

「本当に参加してよかったと思います。
私がこれからどんな人生を歩むのかはわかりませんが,後から振り返ったときに,このリトリートが大きなターニングポイントになった,と思うのではないかという気がしてなりません。
たったの2日間なのに,これほどまでにパワフルで,大きな変化をもたらしてくれたことに驚きを隠せません。
yukariさんが分かりやすくシェアしてくださるヨガの智慧,
その時々に応じて与えてくださる的確なガイドは言うまでのないことなのですが,
それ以上に,yukariさんの生き方,在り方そのものから学び,感じ取れたことも大きかったように思います。
リトリートだと,数時間のクラスやWSでは感じられない,yukariさんという先生の,生活の一端を感じ取ることができます。
一緒にお料理をしたり,片付けをしたり,歯磨きしたり,眠ったり。
なんというか,まるっと,生き方・在り方を感じられたんです。
yukariさんのヨガそのものというか。
それらから,自分をより自由で楽な方向に導くためのヒントを得られたような気がします。」

「リトリート中:
自分の思っていることを言葉にするのに抵抗がありましたが
言葉にすることによってたくさんのアドバイスや気づきがもらえて
仲間とシェアする意味がとても大きかったことに感謝しています。
自分の感情や思いを伝える大事さを教わりました。
気が付いたらいっぱい話してました(笑)
自分は実は愛されたいんだなと気がつき 温かい気持ちになりました。
長年染みついていた思考のくせに気がつきました。
(自分には無理とか 難しいとかの思いぐせ 自分が頑張れば家族を支えられるという偽善的な考え方)
逆に結構自分いけてるのかも という気づきもありました。
(〜は本当にうれしかったです)

リトリート後:
家族とのコミュニケーションが驚くように上手くいくようになりました。
話してみて今まで勝手に妄想していたことに気がつき楽になりました。
すべてのことに心から感謝が沸いてきました。
自分を少しずつ信頼できるようになりました。
今とても幸せだと感じてます。
焦りがなくなり 流れに身を任せようと思い始めています。
楽しい ワクワクを大事に 行動しようと思ってます。
愛を与える人になりたいです。」

「ご一緒させて頂いた仲間の有り難さに感激しました。
皆,一生懸命に生きてきて,課題があり,自ら参加しようと行動して集まった同じ仲間。まさに,啐啄の機を共にした仲間です。
殻を割る準備が出来た時に暗い内側から突いていると,親鳥が気付いて殻を外からもつつき助けるみたい。
ゆかりさんや,仲間の力も借りて殻から出られた感覚は明るく,清々しく,羽を大きく広げたような心地よい幸せに包まれます。
悩んだり,モヤモヤしたり,前が見えなくて勇気をもち突破したい人に是非オススメします。」

「貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。
カリキュラムの内容,順番,音楽,食事,休憩時間までもが,これまた完璧なアート作品みたいでした。
参加しないと分からないので,怪しくないようなコメントをしたいのですが,
軽い感じにコメントする言葉が見当たらずに,どうしてもマニアックになりますが,自分なりに考えました。
また,巣にお邪魔致しますので,よろしくお願い致します!」

 
…このほかのフィードバックについてはこちら

 
==============================================================
2. 2/24(日)第3回仙台ワークショップ!「〈わたし〉をめぐる旅1」&
「生き方が自由になるヨガワークショップ〈基礎編〉」
==============================================================

 
2/24(土),昨年9月に続き,第3回目となる仙台ワークショップを実施させていただきます!

今回実施するワークショップは二つ。

一つ目は,
「人類みんなこれを知っていたら,きっとすっごく楽な世界が出来るんじゃないかなと。
でも,人類みんなが知らなくても,自分が学ぶだけで生き方が変わりました」
とのお声もいただいている,
大好評のall-in-oneヨガワークショップシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」。

その要となる第1回目「1:Who am I? ~〈わたし〉と出会う旅」を実施します。

そして,二つ目は,仙台でも過去2回実施し,大きな反響をいただいてきた
「生き方が自由になるヨガWS〈基礎編〉」。

特にこちらは今回で最後!

過去にご参加くださったみなさま,再会を楽しみに,ご予約をお待ちしております!

そして,ますます新しい出会いも心から楽しみにしています!!!

また,東京近郊のみなさまも,ぜひリトリートと組み合わせてお越しくださいね!

(以下,相当なボリュームになりますが(笑),詳細を掲載しておきます。)

 
******** 主催者・高田麻由さんより ******

 
笑いあり,涙あり,感動あり・・・
終わった後は,すっと心が軽くなり,自分にとって本当に大事なことが見えてくる・・・

過去二回,大好評!!半年ぶりの開催!(次回は未定です)

東京・表参道で, nida〜生き方が自由になるヨガスタジオ〜を主宰されているyogaティーチャー
yukariさんをお招きして,
ポーズ,哲学,瞑想を「全部盛り(all-in-one)」にした
超贅沢で唯一無二のヨガワークショップを開催いたします!!

前回の,このall-in-oneヨガワークショップをきっかけに,
「OS入れ替えられた!位の素晴らしい体験でした!」
「あの後,何をすべきかが,だいぶシンプルになってきました。」
「本当の自分の気持ちに気づきました」
「自分を大切にするようになりました」など,
大小様々,だけどなにか自分自身にとって重要な変化が起こった方がたくさんいらっしゃいました。

東北でこのレベルのヨガを受けられるチャンスは滅多にないのではないでしょうか?

 
今回は,2/24(日)に,以下のようなラインナップで行います。

2/24(日)

9:30-13:30
all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回)
「1:Who am I? ~〈わたし〉と出会う旅」

15:00-18:30
「生き方が自由になるall-in-oneヨガWS
~ポーズ・瞑想だけじゃない!誰でもいつでもできる〈こころのヨガ〉の ススメ」
〈基礎編〉最初の一歩 ~生き方が自由になる〈こころのヨガ〉へようこそ!

 
*【生き方が自由になるall-in-oneヨガWS】と【〈わたし〉をめぐる旅WS】は,
それぞれが濃度が濃く,相当なボリュームがあるため,
今回が初参加となる方,あるいは,前回片方を逃していらっしゃる方は,
まず【生き方が自由になるall-in-oneヨガWS】にご参加ください!
【生き方が自由になるall-in-oneヨガWS〈基礎編〉】は,今回が本当に最後です!

 

 
******* 各クラス・WS概要 & 日時・料金 *******
 

■ all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅1:Who am I? ~〈わたし〉と出会う旅」(全6回中の1回目)

 
表参道のnidaで2018年2月よりスタートした,yogaのエッセンスを「全部盛り」にし,「凝縮」した
新しいall-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回予定)。

「あなたは誰ですか?」

「あなたはどこへ向かっているのですか?」

あなたは,そう問われた時に,考えて出て来る答えに本当に納得できますか?

それがわからないから,
あるいは答えが出て来ていても納得できていないから,
わたしたちは迷ったり苦しんだりしているんじゃないでしょうか?

アタマで考える・理解するだけでも,単にカラダを動かすだけでも
人間,「納得」はできないんですよね。

でも, アタマもカラダも大切なんです。

だったら,全部使ったらいいんです!

だから,
アーサナで〈カラダ〉を動かして感じる
哲学セッションで〈アタマ〉や〈ココロ〉を通して理解する
瞑想でより深い〈ハラ〉とつながって観じる
…のセットになっています!

このWSをきっかけに,きっと自分自身が,そして,世界が違って観え始めるでしょう。
あなたの心の苦しみも小さくなっていくでしょう。

(詳細は,後述のメッセージをご覧ください!)

 
【日時・料金】

2/24(日)9:30-13:30

8,000円(税込)

 
■「生き方が自由になるall-in-oneヨガWS~ポーズ・瞑想だけじゃない!誰でもいつでもできる〈こころのヨガ〉の ススメ
〈基礎編〉最初の一歩 ~生き方が自由になる〈こころのヨガ〉へようこそ!」
 

このヨガワークショップの特徴は,メインが,ポーズの練習でも瞑想でもないということ。
(もちろんそれ,も,やります。)

「ヨガ哲学」=「こころのヨガ」=「いかに生きるか」というまさに本質にフォーカスしたワークショップなのです。

こんな前置きをすると,小難しく感じてしまうかもしれませんが,
それを小難しくしないのが,yukariさんのすごいところ。

ヨガという壮大なテーマを,論理や現実と繋げて話してくれるから,とってもわかりやすく,
「あ!そういうこと!」と腑に落とすことができます。

もちろん哲学だけでなく,ポーズの取り方の伝え方やフォローも超わかりやすく丁寧。

なので,ヨガに全く触れたことのない方も,体が硬いから心配,,,という方も全然大丈夫!
むしろ大歓迎です!!

 
【日時・料金】
2/24(日)15:00-18:30

7,000円(税込)

 
******* 申込方法・場所・持ち物 等 *******

 
【申込方法】 *nidaのウェブサイトからではありませんのでご注意ください!

こちらからお申し込みください。

 
【場所】

仙台市内

※お申し込みいただいた方に,自動返信メールにて,詳細をお知らせいたします。

メールが届かない場合は,迷惑メールフォルダをご確認いただき,
主催の高田(m18takada@gmail.com)までご連絡ください。

 
【持ち物】

・ヨガマット(必須)
・動きやすい服装
・ストール,ブランケットなど体を暖かく覆えるもの
・筆記用具(WS参加時のみ)
・必要に応じてお水など

 
【入金・キャンセル】

代金は,銀行振込でお願いいたします。

お申し込み受付後,自動返信メールにて,振込先をお知らせいたしますので,
1週間以内にお振込をお願いいたします。

*キャンセルポリシー

1週間前までは全額,
3日前までは半額を返金いたします(手数料はお客様負担)。
2日前以降の返金はできませんので,ご承知おきください。

なお,振込確認については返信を控えさせていただきます。あらかじめご了承くださいませ。

 
【講師】

yukari(E-RYT500ヨガティーチャー)

2014年より,東京・表参道にて,nida ~生き方が自由になるヨガスタジオ~ を主宰。
深いヨガ哲学に根ざしたヨガクラスや各種ワークショップ,リトリートを精力的に実施し,
国内外からの実力派講師によるWSの主催・通訳にも取り組む一方,プライベートセッションも行う。
2019年4月にはバリでのリトリートも初実施。
また,studio yoggy(新宿)においても,レギュラークラスを担当(ユカリン)。

2014年以降,毎年海外に出かけ,ヨガ・瞑想の研鑽を積み続けている。

Yoga Alliance認定 E-RYT500/RYT500 ヨガティーチャー
Anusara Elements teacher

 
〈主催〉

高田麻由(ファシリテーター・土鍋deごはん協会代表)

→webサイトはこちら

→無料メルマガ登録はこちら

 

 
******* yukariさんからのメッセージ(各ワークショップ詳細) *******

 
■ all-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回中1回分を実施)
yogaのエッセンスを「全部盛り」にし,「凝縮」した
新しいall-in-oneヨガWSシリーズ「〈わたし〉をめぐる旅」(全6回予定)を
表参道のnidaで2018年2月よりスタート!

 
これまでにも多くの方にご参加いただき,大きな反響をいただいています。

*これまでに寄せられた「すごい」感想の数々はこちらに掲載しています

「あなたは誰ですか?」

「あなたはどこへ向かっているのですか?」

あなたは,そう問われた時に,考えて出て来る答えに本当に納得できますか?

それがわからないから,
あるいは答えが出て来ていても納得できていないから,

わたしたちは迷ったり苦しんだりしているんじゃないでしょうか?

アタマで考える・理解するだけでも,単にカラダを動かすだけでも
人間,「納得」はできないんですよね。

でも, アタマもカラダも大切なんです。

だったら,全部使ったらいいんです!

だから,
アーサナで〈カラダ〉を動かして感じる
哲学セッションで〈アタマ〉や〈ココロ〉を通して理解する
瞑想でより深い〈ハラ〉とつながって観じる
…のセットなんです。

ここからちょっとギアチェンジして,かなりスパッとはっきり書きますけどね(笑)

こういうテーマを掲げることってね,
カラダを動かすだけじゃないから「流行り」のヨガじゃないし,
「宗教くさい」(ヨガは宗教じゃありませんけど)とか「回りくどい」とか「面倒くさい」とか「難しそう」とか(笑)
敬遠される方もいるだろうことは百も承知なんです。

でも,そんなの関係なく,わたしはこれをやらざるを得ないのです。
だって,その大きな力を自分自身の人生の中で体感して来ちゃったからです。
しゃーない!すごいものはすごいのです(笑)

そして,これが伝えられなければ,ヨガが伝えられたことにならないと感じるのです。

さらに,自身の体験を通じてこう感じるわけです。

本当は,これらの問いをどこかで避けてるからますます迷ったり苦しんだりするんじゃないかなあ?と。
わたしは,それこそ「回りくどい」んじゃないかなあと思うんですよね(笑)

もちろん,無理に向き合うことないんです。それは多分逆効果です(笑)
それぞれにはそれぞれに適したタイミングがありますから。
合わない方は合わない。要らない方は要らない。それでいいんです。

ただ,それでもなんでこんなWSをあえて打ち出すのか?

何よりもわたし自身が
ずっと宗教が苦手だったし,今も特定の宗教はありません。
論理が通ってないことは苦手で,受け入れられません。
すっごく面倒くさがりで,大変そうなことは避けがちです。
体験できないこと,小難しいことは苦手で,納得できません。

だから,です。

だからこそ,こういうワークショップをやっているんです!

だって,
ちゃんと学んだ方が怪しくないってわかって恐れがなくなるから。
シンプルかつ論理的にわかりやすく説明された方が理解できるから。
ちょこちょこ小出しにするよりスパッと核心に切り込んだ方が手っ取り早いから。
カラダを動かしたり瞑想したり,ことばを超えた体感こそが納得につながるから。

だから,偉大なヨギーたちもそれを残してくれているわけですよね。
だったら,それをもっとみんなで使っちゃいましょうよ!という単純なお話です。

なるべく早くそれと出会って,それを実際に使って,さらに自分の可能性を拓き,
一層楽しく生きられる時間が長くなったらいいじゃないですか?
そういう人が増えたら,世界はもっと楽しくなるじゃないですか?

だから,このWSシリーズでお伝えしている内容に,
なるべく多くの方になるべく早く出会っていただけたらと思うのです。

もちろんヨガの伝える「真実」は,もちろんいつでもどこでも変わりません。
なにせ「真実」だからです。

ただ,人間が媒介となって伝えられる場合,アプローチの仕方や表現方法はそれぞれ異なります。

合うもの,合わないもの,すごく納得できるもの,できないもの…人によって違います。

わたしも,国内だけでなく,海外でもたくさんの先生に学び,それを経験して来ました。

そうやってわたしなりに学んで来た上で,
現時点で一番自分自身が「納得」し,「腑に落ちている」方法・形でお伝えするだけです。

ですから,このシリーズには,わたしがこれまで学んで来たヨガの哲学や瞑想を中心に,
中高教員としての11年の経験,プライベートセッションの蓄積,
どぅる~んタッチやNLPなどこの数年積み重ねて来たヨガ以外の学び,わたし自身の人生における経験…
すべてが凝縮されています。
今のわたしを通してなされる最善を提供させていただきます。
それをお使いいただくかどうか,その選択はあなたのものです。

哲学といっても難しく考える必要はないですし,何の予備知識も不要です。

アーサナレベルもオープンクラス。
瞑想をしたことがない初心者さんも歓迎です。

このWSをきっかけに,きっと自分自身が,そして,世界が違って観え始めるでしょう。
あなたの心の苦しみも小さくなっていくでしょう。

少なくとも,わたしはそうでした。

このWSは,わたしがそのように自身を実験台(笑)に実践・実感して来たことに基づいています。

もしご興味と好奇心があり,大いなる流れがあなたをこのWSへ導くようでしたら,
あなたの「生き方が自由になるヨガ」の智慧を学ぶ場をどうぞご一緒に。

 
1回目のテーマは

「Who am I?―わたしは誰?」

あなたなら,この問いにどう答えますか?

名前? 性別? 仕事?

これらは本当に〈わたし〉?

この問いは,すべての人にとって根幹となる問いです。
「哲学」の起点となる問いです。

この問いに明確に,一点の疑念も迷いもなく「真に」答えることができるのなら,
そのとき,人生における苦しみは一切ない状態でしょう,と言われるくらい。
そして,yogaはまさにその問いに,知識だけでなく体験を持って迫る手段です。

この問いに改めて向き合うことは,
あなたの人生においてとても有意義な経験となるでしょう。

この1回目のWSでは,身体を動かした後,
この問いを核にお互いに語り合い,yogaが考えてきたことをともに学び,
最後にはこの問いに直結する瞑想へと進みます。

これまで,海外での瞑想やヨガのトレーニング,国内での陰陽五行など
多分野にわたるセミナーを通じて,すばらしい先生方から直接学んできました。
それらの学びと経験を,これまでのわたし自身の人生の中で体験し,得て来たすべてと合わせて
(本当はもっと長い時間やりたいんですけど(笑)やむを得ず何とか4時間に)
ギュギュ~~~っと凝縮した新しいWSシリーズが
この 「〈わたし〉をめぐる旅」 です。

各回,もちろん単発受講もできます。

連続でご受講いただくことで,なお理解が深まります。

また,その際,特に1回目でお話しする内容が最大の核となって2回目以降に続いていきます。

アーサナレベルは初心者さんからOKのオープンレベルですから,
今回のテーマに掲げた問いに関心のある方はどなたでも歓迎です。

このシリーズの成果は,いわゆる「コーチング」のように実感できると思いますが,
でも,わたしは「コーチ」ではありません。
あくまでも「ヨガティーチャー」です。

ヨガの核心的なteachingをスパッと明快にお伝えし,体感していただく
アーサナ~哲学セッション~瞑想までのパワフルなフルコースWS!

揺るぎない〈真実〉へとつながる道,「ヨガ哲学」を拠りどころに
あなたとともに〈わたし〉をめぐる旅に出かけることを楽しみに,
ご参加をお待ちしています。

 

 
■「生き方が自由になるall-in-oneヨガWS
~ポーズ・瞑想だけじゃない!誰でもいつでもできる〈こころのヨガ〉の ススメ」

 
みなさんは,「ヨガ」と聞くと何が思い浮かびますか?

多くの方は,ポーズ(アーサナ)の練習を思い浮かべるでは?

そうですよね,「ヨガのWS」ですからね~

はい,ポーズもやりましょう。

ー「も」??

はい,それ「も」です(笑)

ー他に「ヨガ」?? …「瞑想」とかも関係ある?

はい,大~アリです!

なので,それもやりましょう。

ーそれ「も」???

はい(笑)

そうなんです,このWS,紛れもなく「ヨガのWS」なんですけど,
メインはポーズの練習でも瞑想でもないんですよ~(笑)

ポーズはヨガのほんの表層。
別にポーズしなくても,「ヨガ」できます。

事実,歴史的に見て,ヨガの最大の鍵は,瞑想と…
そして,「ヨガ哲学」,いわば〈こころのヨガ〉なんです。

「いかに生きるか」こそ,重要なヨガのプラクティス(実践)なんです。

みなさんも,日々の中で,お仕事したり,家事したり,いろいろと悩んだり,喜んだり悲しんだりしますよね。
それが,みんなヨガのプラクティスの場なんです!
わたし自身は,少なくてもそう思って日々を生きています。

たとえば,わたしは,今ヨガの先生をしていますが,
その前は11年間,中学高校で地理の先生をしていました。
この転職については,「勇気ありますね~」とか言われたりもするのですが…
いえいえ,別に,勇気なんか要らなかったですよ。
ノリで,そう進んで行っただけですから(笑)

でも,その「ノリ」には明確な背骨があります。

それこそが,わたしの人生を180度変えた力強いヨガ哲学,いわば〈こころのヨガ〉です。

そして,この〈こころのヨガ〉のおかげで
わたしの人生は格段に『自由』に,そして楽になりました!!

今回のWSでは,ポーズの練習の後,
その〈こころのヨガ〉のとってもシンプルなエッセンスを,
参加者さん同士の意見交換やヨガの大切な古典からの引用,わたし自身の経験のシェアを通じて,
めちゃくちゃわかりやすく日常生活の中で活かせる形としてシェアさせていただきます。
また,WSの最後には,短い瞑想も行います。

…ので,まさにポーズ~哲学~瞑想の「全部盛り」WSです!!

中でもメインは〈こころのヨガ〉のセッション。

とはいえ,難しいお話はしませんし,
ヨガや瞑想の経験も全く問いませんので,どうぞご心配なく!

ヨガについて何も知らない方も,「身体がかたいんだけど…」と感じている方も大丈夫。

老若男女,どなたでもご参加いただけますよ~!!

このWSシリーズは二部構成。

今回はその第一部〈基礎編〉,
「最初の一歩 ~生き方が自由になる〈こころのヨガ〉へようこそ!」を実施します。

キーワードは『自由』

あなたは『自由』ですか?

わたしたちは,日常のあらゆる場面でヨガを実践することができます。

そのことによって,わたしたちの生き方はもっと『自由』になれるんです。

ポーズや瞑想をしなくても,誰でもいつでもどこでもできる
この〈こころのヨガ〉の核心をスパッとお伝えします。

 
*この〈基礎編〉の今後の実施予定は今のところありません。
今回初参加の方,ぜひこちらにご参加ください!

 

 


【催行決定】4/7(日)-10(水)初のバリリトリート(3泊4日)〜Emily Kuserによる1日WS&オプションでNaoちゃんとオリジナルマラ作りも!

 

 
すでにnewsletter no. 94にて予告はしておりましたが…
ようやくみなさんに詳細をお知らせできる準備が整いました,
来年4月のnidaの初バリリトリート!

ご関心を持ってくださっている方,すでに「行きます~!」と力強く参加の意思を表明してくださった方,
さらには,もう航空券は購入済みという方まで(笑),本当にありがとうございます!

さて,わたしyukariが,わたしの先生Emily Kuserもゲストに1日迎え,
さらにインドからNaoちゃんもサポートに来てくれるこの3泊4日リトリートの最大の特徴は,
何と言っても,「親密さ」と「内容の濃さ,充実度」です!

このリトリートの企画を練るに当たって,他の日本人講師によるバリでのヨガリトリートについて調べてみたんですね。
そしたら,朝,ヨガクラスがあって,後はほとんどフリータイムかオプショナルツアー…というような内容のものも。
なるほど,勉強になりました。
これは,もちろん善し悪しの話ではありません。
自由度の高いプログラムを望む方にはこの方がいいでしょうし,これはこれで楽しいと思います。

ただ,わたしにとって「リトリート」というのは,
わたし自身が実施する意義を感じている「リトリート」というのは,
ちょっと身体を動かして後は自由に楽しく過ごして…というものとはまったく違うものです。

その理由は…

わたしのリトリートの原点は
わたし自身が6年前に参加した,わたしの先生Emilyによる
人生の転機になったと言っても過言ではないインパクトを持っていた濃密なプログラムにあるからです。

「…わたしは,それ以外の道を知らずに30年以上生きてきて,
自己嫌悪と劣等感と嫉妬にさいなまれ続けてきました。
いわば,その道の申し子,プロフェッショナルでした。

でも,違う選択肢が見え始めて,ビビりつつもちょっとずつ試してみて,
あ,わたしはこっちの方が自由で楽しくていいなあ,と感じただけ。

以来,かつてのルートで鍛えられた「思考」優位のわたしももちろん未だに抱えながらも,
年々,この新たなルートを「感覚」とともに歩む覚悟が自然と深まっているというだけです。

振り返ってみると,わたしがこのルートを歩むことになった最初のきっかけとなったのは,
30代に入って起きた,それまでのわたしの想像をはるかに超えた,
「思考」を完膚なきまでにぶっ壊される人生体験でした。

それから,「統合」に長い時間がかかりました。

ヨガで促進されたその「統合」のプロセスの中でも特にわたしにとって大きかったのは
Emilyとバリとの出会いでした。

6年前に彼女に初めて出会った彼女のリトリートは,振り返ってみれば人生の転機となりました。

 

 
ヨガのリトリートって,たいてい,
ヨガ,瞑想,自由時間,健康食とかで構成されていますよね。

彼女のリトリートって,全然違ってたんですよ。

結構深いワークを色々やったり,ダンスしたり,特別講師を呼んで映画を観てシェアしたり,
みんなで一緒にお料理を作ったり,シタール奏者の伴奏付きクラスがあったり…
何というか,アーサナはプログラムの中のほんの一部で,
もっと自由で,「感覚的」で,魂に触れるようなものだった。

その中でわたしに残ったのは「ああ,わたしは大丈夫だ」という根拠のない「感覚」でした。

それは,わたしの今に大きく繋がっています。今もその感覚とともに生きているから。

だから,わたしにとって「リトリート」っていうのは,
自然の中で身体動かしてスッキリ!みたいな表面的なものじゃなくて。
もっと深く魂に触れるようなもの,人生がより自由に拓けるきっかけになる濃密な時間,
というイメージなんです。」(newsletter no.68より引用)

実際,昨年7月以降nidaで提供させていただいてきたのは,そんなリトリートです。

その結果,過去計4回実施したリトリートについてのアンケートでは
参加者全員から満足度5段階でオール5を頂戴してきました。

 
*これまでの参加者の声はこちらをご覧ください

 
リトリート経験者のみなさんとは,その後もクラスやWSでご一緒していますが,
リトリートの2 or 3日間が彼女たちにとって本当に大きなものだったのだなあということがひしひしと伝わってきます。

そして,いつかはわたしの魂の故郷 バリで,Emilyにも来てもらってリトリートを!

…もう5年以上そう思ってきました。

時間をかけて,現地の友人たちとの信頼関係も構築してきました。

そして,来年春,ようやく実現に移します!

3泊4日と短い期間ではありますが,
これまでnidaでのリトリートで培ってきたものをベースに,バリならではのエッセンスをふんだんに取り入れつつ,
フリータイムとのバランスも配慮しながら,可能な限り内容の濃いプログラムを構成しました。

そう,改めて,このリトリートの最大の特徴は,
「親密さ」と「内容の濃さ,充実度」です。

まず,「親密さ」。

懇意にしている気さくなバリ人の友人一家が運営するゲストハウスを貸し切っての少人数での実施を予定しています。

青空の下,プールのすぐそばで共に体を動かし,寝食を共にし,さらに,多くのペア/グループワーク,シェアリングも通して,
参加者のみなさん同士はもちろん,わたしもEmilyもNaoちゃんも参加者のみなさんとの深いつながりを育んで行きます。

 

 

そして,最大のポイントは何と言っても「内容の濃さ,充実度」です。

必然,お金も,豪華なホテルでの宿泊よりもプログラム内容にかけています。

時間も,身体を動かすヨガクラスよりも,
哲学セッション,様々なワーク,ブレスワーク,チャンティング,ヨガニドラーなどに多く割いています。

また,昨年今年と来日ワークショップを主催し大好評を博しているわたしの先生Emilyにもゲストとしてぜひ来てほしいとお願いしたところ,
「もちろん喜んで!」と即座に快諾してくれました。

二日目は,朝から夕方まで,彼女が「自己探究」をテーマに
わたしたちのためだけの特別なワークショップを実施してくれます!

 

 

このほか,ちょっと趣向の異なる特別なヨガクラスや,バリの伝統舞踊鑑賞などのお楽しみも!

また,みんなで一緒に食べる食事は,yukariのお気に入りのレストランへお連れしますよ~!

さらに, このリトリートだけの特別なお楽しみとして,
インドから合流してくれるNaoちゃんの親身なサポートを受けて,
あなたにとってこの大切なこの時間を編み込むオリジナルマラ作りができる特別なオプションもご用意しています!

 

 
…と,そんなわけで,率直に申し上げて
もっといいホテルに泊まって,もっとさっぱりサクッと身体を動かして,後は自由に遊びたい!という方には,別のリトリートをお勧めします(笑)

一方,このリトリートは,
日常を離れ,バリならではの楽しみも味わいつつ,
より内側からのクレンジング&ヒーリングに溢れた深い“atma vichara”(アートマ・ヴィチャーラ)=「自己探究」の時間を持ちたい
という意思をお持ちの方に向けてお届けいたします。

これまた常に申し上げていますが,
リトリートに参加されるにあたって何よりも大切にしていただきたいのは,
あなたの内側の「響き」です。

あなたの中で何かが響き渡るとき,
あなたの中で何かが意識的な「意志」を超えてただシンプルに「あ,これ行こう!」「これに行くことになっているんだな」と指し示すとき,
すべての障害は自ずとあなたに道を明け渡しますから。

そして,そういう方に6人以上集まっていただけたら,
もうその時点で間違いなくパワフルな成果の約束されたリトリートになりますから。

今回のリトリートには,初めて男性もご参加いただけます!
(ようやく個室がご用意できますので(笑))

老若男女問わず,ハタヨガ経験の有無を問わず,ただ内なる「響き」に導かれていらっしゃる方を,
わたしが世界で最も愛する場所バリ島・ウブドにて,心からの愛と敬意を込めて,歓迎いたします。

それでは,以下の詳細をご覧いただき,ピンと来た方,何かが心に「響いた」方は,どうぞお早めにご予約くださいね!

 
***** このリトリートのポイント! *****

 
【ハタヨガ,瞑想だけじゃない!まさにヨガの「全部盛り」リトリート!】

 

 

ハタヨガ,瞑想はもちろんですが,
それ以上にヨガ哲学セッション,ヨガニドラー,チャンティングなど,贅沢なヨガの「全部盛り」リトリート!
さらにはブレスワークやどぅる~んタッチなどのパワフルなワークも取り入れます。

朝の屋外でのハタヨガ・瞑想から始まり,日中のセッション~夕方のリラックスヨガ,
夜のチャンティング,就寝前のヨガニドラーまで。
このほか,ちょっと趣向の異なる特別なクラスも企画しています^ ^

カラダ・アタマ・ココロ・ハラのすべてに働きかける広範なヨガのプログラムの中で,
あふれんばかりの気づきと学びがやってくることでしょう。

また,ペアやグループでのワークやシェアリングによって,仲間とのつながりが深まり,安心感と一体感が広がるとともに,
あなたの内側で,クレンジング・ヒーリングが自ずと起こることでしょう。

 
【Emily Kuserに学ぶ一日】

 

 

このリトリートの2日目には,
わたしが6年間師事している,すばらしいヨガティーチャーEmily Kuserをゲストティーチャーに迎え,
“atma vichara”(アートマ・ヴィチャーラ)=「自己探究」をテーマとした1日ワークショップを行います。

すでに昨年4月,今年3月と2回,彼女の来日WSを主催していますが,おかげさまで毎回大絶賛のお声をいただいています。

Emilyは,長年にわたり,ウブドにある大きなスタジオThe Yoga Barnでレギュラークラス,ワークショップ,トレーニングを実施し,
的確な指導とあたたかく愛に溢れた人柄で人気と信頼を博してきました。

しかし,現在ではレギュラークラスをすべて手放し,世界各地でのトレーニング,ワークショップ,リトリートに飛び回っています。

そのため,今やバリでは年間2回のティーチャートレーニングと若干のワークショップを実施するのみとなっている彼女のWSを
朝から夕方まで丸一日,それもこんな少人数で受講できるのは,本当に貴重な機会です!

どうぞお楽しみに!

*すべてyukariによる通訳が入ります。

*ハタヨガの時間もありますが,メインはセッションです。

 
〈講師 Emily Kuser〉

 

 

Yoga Alliance認定 E-RYT500
もとアヌサラヨガ正式認定者
High Vibe Yoga 主宰 highvibeyoga.com

バリ島・ウブドのThe Yoga Barnを拠点にヨガを教えている。

毎年2回,同スタジオで200時間 High Vibe Yogaティーチャートレーニングを主催。

さらにヨーロッパやインドなど世界各地でワークショップや
女性のためのセルフケア50時間トレーニングを実施するなど,
世界各地を軽やかに飛び回って精力的に活躍中。

ホリスティックなセクシュアリティも専門とし,
「性を理解する」などのワークショップも実施。

また,近年はネパールで瞑想を学んだり,各種トレーニングに参加したりと
自らの研鑽のためにも世界中を駆け巡っており,
陰ヨガや瞑想にも通じている。

エミリーのHigh Vibe Yogaプロジェクトのヴィジョンは明快。
「旋風を巻き起こそう(‘shake things up’)」!

Emily Kuser 500 E-RYT →彼女のウェブサイトはこちら

 
*大好評だった昨年のEmilyのWSによせられた感想はこちらから3回にわたって掲載

*今年3/24-25 東京WSによせてのEmilyのメッセージビデオはこちら

*3/26 女性のための日帰りリトリートによせてのメッセージはこちら

*Emilyについてわたしが語ったブログ記事はこちら

 
【オプション:Naoちゃんとのマラ作り&オーダーメイドアクセサリー制作】

 

 

リトリート中のフリータイムやお部屋での時間の中で,
あなただけのオリジナルの天然石マラ(数珠)を作りませんか?

nidaで大人気のアクセサリーをすべて手作りしているNaoちゃんが親身にガイド&サポートしてくれます!

彼女が自らインドで仕入れてくる美しい天然石ビーズの中から,
自ら108粒の石を選び,あなた自身の手で作り上げましょう!

そして,この大切な時間の中で仕上げた作品を首に下げ,帰国の途へ。

ここでのあなた自身の,さらにはウブドやグループのエネルギーを編み込んだ,あなただけの特別なマラは,
帰国後の日常生活においても,常にパワフルなリマインダーとしてあなたをサポートしてくれることでしょう。

このマラ作り,ご希望の方には,特別価格13,000円でトライしていただけます。

ご希望は,まずはご予約時にうかがいますね。

(現地で,やっぱりやりたい!という方にも多少対応できますが,
Naoちゃんが材料を買い付け,インドから持ってくる都合上,
「やりたい!」という方は先にお知らせいただけると大変ありがたく。
どうぞご協力をよろしくお願いいたします!)

 
~Naoちゃんよりメッセージ~

 

 

「精霊たちの居る、神秘的な森のウブドで
世界にひとつしかない、オリジナルのマラを作ります。

108粒の天然石ビーズや聖木,真鍮ビーズ,タッセル等を組み合わせ,
丈夫なマクラメ糸(ワックスコード)を使って一粒ずつ丁寧に作り上げます。

ジャパマラ瞑想について,正しいマラの繰り方,
それぞれの天然石や聖木,各ビーズの配置の意味についてもお話しします。

 
*Japa mala ジャパマラ瞑想とは

108個のビーズからできている数珠を,ひとつマントラを唱え,ひとつビーズを繰りながら、瞑想をします。
それぞれのビーズの間に結び目があります。
ビーズとビーズの間に瞑想が起こります。」

 
また,このリトリート中,オプションにて,Naoちゃんが
天然石のマクラメアクセサリーのオーダーメイドも受け付けます!

対面セッションにて、たくさんの天然石の中から、今のあなたのぴったりのサポートをしてくれる石を選びます。

このオーダメイドアクセサリーについては,制作に1ヶ月ほどいただいた後、日本にお届けいたしますね!

 
*料金は石によって変わりますので,直接現地でNaoちゃんにご相談くださいね。

 
【オプション:yukariとのプライベートセッション】

 

 

リトリート中のフリータイムはもちろん,開始前日の4/6(土),最終日4/10(水)の午後も
ご希望に応じて1時間のプライベートセッションを実施します。

お部屋でどぅる~ん×アロマタッチセラピーの施術を受けることも。

通常10,000円で実施しているセッションですが,この4/6-10の間は,1時間につき7,000円の特別価格にてお受けします。

このリトリートの中で何かじっくり話したいことが出てきたとき,深くにあるリリースしたい何かを感じ始めたときには,
現地でいつでもお気軽にお声かけくださいね。

 
【yukariが6年以上通い続けているウブドの魅力をギュッと凝縮!】

 

 

わたしは,この6年間で11回ウブドに通っています(笑)
この間に,多くの現地の友人ができ,お気に入りのレストランやショップも見つけました。
今回のリトリートの開催場所も,バリ人の友人一家が経営する,
小さいけれど,安心して静かに過ごせる,プール付きの新しくてきれいなゲストハウスです。
中心地にあるので,徒歩圏内にスーパーもコンビニもたくさんのレストランやショップも!
ですから,フリータイムにもサッと街へ出かけてお買い物やディナーを楽しめますよ!

今回は3泊4日と短い日程のため,今回はあまり遠出はできませんが,
その分,コンパクトな日程でウブドを満喫できます!

ウブドの街にあるわたしのオススメスポットもたくさん教えちゃいますし,
みんなで行く食事も,お気に入りのレストランへご案内しますので,どうぞお楽しみに!

また,みなさんの到着時には小さなウェルカムギフトとして
yukariセレクトのバリグッズもお部屋にご用意してお待ちしていますね~^ ^

すでにnewsletter no. 94にて宣言した通り,

「実は,来年後半にももう一度バリでの実施を予定しているのですが,それはもう少し長い期間を考えています。
そして,プログラムもかなり変わります。
つまり,それぞれにしかない内容が入ったプログラムになりますので,両方とも受けても楽しいつくりになる予定。
また,コンパクトな日程をお望みの方には,今回がチャンスです!」

どうぞこの機会をお見逃しなく!

 
***** 実施日程 ****

 
2019年4月7(日)~10日(水) (3泊4日)

*特に直前に日本から来る場合,フライトスケジュールの都合上,
ほぼ確実に4/6(土)からの前泊が必要になります。

そのため,リトリート自体は4/7からのスタートとなりますが,
宿泊は前日夜から4泊抑えてあり,料金にも含まれていますのでご安心を。
4/6夜までに確実にウブド入りしてくださいね。

(万一前泊が不要な場合のみ,予約時にお知らせください! )

 
***** スケジュール(予定) *****

*スケジュールは変更になることがあります。予めご了承ください。

 
【2019/4/6(土)】

正式なリトリートプログラム開始前ですが,前泊のため,14時以降チェックインできます
(夜中の到着でもお待ちしていますね)

 
【〈1日目〉 2019/4/7(日)】

7:00- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
9:30- オープニングサークル~セッション1
11:30- レストランへ移動し,ライステラスを見渡しながらウェルカムランチ
~その後,フリータイム
Naoちゃんとマラ作りをする方は,この時間に石を選びます!
また,各自10分程度,yukariとのプライベートセッションが入ります
16:00- セッション2~リラックスヨガ
18:30- みんなでディナー ~その後フリータイム(マラ作り,シャワーなど)
21:30-22:30 チャンティング&ヨガニドラー

 
【〈2日目〉 2019/4/8(月)】

7:00- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
8:00- ゲストティーチャー Emily Kuserを迎えて:モーニングヨガ&瞑想~セッション
11:30- みんなでランチ ~その後フリータイム(プール,お昼寝など)
13:00- 引き続きEmilyを迎えて~セッション
17:00- フリータイム(ディナー,マラ作り,プライベートセッション,シャワーなど)
20:00-22:00 セッション3~チャンティング&ヨガニドラー

 
【〈3日目〉 2019/4/9(火)】

7:00- モーニングヨガ&瞑想
8:45- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
9:30- セッション4
11:30- フリータイム(ランチ,プール,マラ作り,プライベートセッション,お昼寝,ショッピング,マッサージなど)
15:00- セッション5~リラックスヨガ
17:30- レストランへ移動し,フェアウェルディナー&バリ舞踊鑑賞へ
21:00-22:00 チャンティング&ヨガニドラー

 
【〈4日目〉 2019/4/10(水)】
7:00- モーニングヨガ&瞑想
8:45- フルーツ&お茶を用意 ご自由にどうぞ
9:30- セッション6
11:00-12:00 クロージングサークル

 
***** 場所 *****

 

 

インドネシア バリ島 ウブド中心地のゲストハウスにて

(詳細はお申込みいただいた方にお知らせします。
大変便利な立地にあり,プールや無料Wi-fiも完備の新しくきれいなゲストハウスです)

 
***** 参加費 *****

 

 

 
【通常早割料金(2/18までの予約分)】

・ダブル(キングサイズベッド)(前泊込みの4泊):116,000円(税込)

・ツイン(前泊込みの4泊): 108,000円(税込) 【1/4に満室となりました】

*ツインは,お誘い合わせの上でお申し込みいただくか,ご希望をお預かりしてこちらでマッチングします。
ツインルームは2部屋しかありませんので,先着順となります!
マッチングがかなわなかった場合はダブルでのご宿泊をお願いすることになりますので,予めご了承くださいませ。
→1/4 ツインルームはすべて埋まりましたので,以降,ダブルのみの受付となります。

*一人部屋をご希望の場合,ダブルルームとなります。
また,ご夫婦,カップルでご参加の場合は,ツインの価格でダブルルームに宿泊していただけます。

*ご予約時,備考欄にご希望のお部屋のタイプをご記入ください。

 
【通常料金(2/19以降の予約分)】

・ダブル(キングサイズベッド)(前泊込みの4泊):124,000円(税込)

・ツイン(前泊込みの4泊): 116,000円(税込)

 
*費用に含まれるもの

・宿泊費(前泊を含めた4泊分,プール・無料Wi-fi完備,タオル・石けんあり)
・yukari & Emilyによる全てのヨガクラス・セッション
・フルーツなど軽めの朝食4回
・ランチ2回
・ディナー2回
・バリ舞踊鑑賞
・ウェルカムギフト(yukariセレクトのバリグッズをお楽しみに!)

 
*費用に含まれないもの

・往復航空券

直行便はガルーダ航空のみ。
前日夜には現地入りできるよう,ご自身で手配なさってください。

お値段は上がりますが,ガルーダ航空はとにかく便利!
一方,ソウル乗り換えの大韓航空便(例:4/6成田発→深夜にバリ着,4/10から日付変わってすぐの深夜発→4/11夜羽田着)などでしたら往復6万円程度で手配可能ですよ。

・空港からの往復タクシー代(ご要望に応じて手配します。必要な方はフライトが決まり次第お知らせください!乗り合わせるほど安くなりますので,フライト自体,他の人と合わせて手配するのもオススメです。)

・ランチ,ディナー各1回(街のレストランでお好きなものをどうぞ!もちろんオススメはお教えしますし,グループで行くのもアリ!)

・Naoちゃんとのマラ作り,セッション&オーダーメイドアクセサリーの費用

・オプションとしてのyukariとのプライベートセッション

・その他,個人的なおみやげ等,費用に含まれていないもの一切

 
*費用は事前に銀行振込にてお願いいたします。 開催確定後にお振込いただきます。

*このリトリートの最低催行人数は6名です。
1/4に催行最低人数を満たし,催行が決定いたしました。

*キャンセル料については以下のように対応させていただきます。
返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。
また,航空券等ご自身で手配されたものについては,一切の対応はいたしかねます。

3/15まで 全額返金
3/29まで お申込みいただいた合計金額の半額
3/30以降 お申込みいただいた合計金額の全額

*延泊をご希望の方はご相談ください。前後に追加でお部屋を手配することも可能です。

*お子さんがいらっしゃる方がご参加をご希望の場合,ご家族でウブドにいらして,
一人がリトリートプログラムに参加,一人がお子さんと過ごすということも可能ではあります。
ただ,率直に申し上げて,ご家族や日常から離れないと,リトリートの効果は十分には得られないかもしれません。
その点はどうぞあらかじめご承知おきの上,お気軽にご相談くださいね。

 
***** 予約方法 *****
 

通常通り,まずはnidaのウェブサイト上のこちらからご予約ください。

その後,振込先等に関するメールをお送りします。

ご予約の際,必ず備考欄にご希望のお部屋のタイプをご記入ください。
また,newsletter購読者限定早期割引料金適用を希望される方はクーポンコードのご入力をお忘れなく!

また,このリトリートに関して何か気になること,ご相談になりたいことなどありましたら,
お気軽にこちらからお問い合わせくださいね。

 
*****

 

 

最後までご覧くださり,本当にありがとうございます!

nidaでの1泊/2泊リトリート(女性限定)は来年も5月以降予定していますが,
このバリリトリートは,それとは全く趣向が異なります。
女性には,ぜひどちらも体験していただきたいプログラムです!

構想5年のnidaの初バリリトリート!

ウブドならではの楽しみも満喫しつつ
yukariとEmilyがガイドする充実した多彩なヨガのプログラムで
どうぞご自身の内側に目を向け,多くの気づきにあふれた大切な時間を過ごしにいらしてください!

また,このリトリートには男性のご参加も大歓迎!

お友達同士やご夫婦でご一緒になど,どうぞお誘い合わせの上,奮ってご参加ください!

どんな方々が集って,どんな「アートマ・ヴィチャーラ」をご一緒できるのか,今からワクワクしております!

それぞれの内なる「響き」が共鳴し合う濃密な時間をともにする仲間との出会いを
心から楽しみにお待ちしております^ ^

このリトリートにご一緒してくださるみなさんに,
わたしのグル(真の精神の師)の美しいことばをそのまま贈りたいと思います。

“Because you come to know of your Self within yourself, I thank you.”

(「あなたは,あなた自身の内なる「自己」を知るために来てくださったのです。だから,わたしはあなたに感謝します。」)

Om Namah Shivaya.

 


5/3-5 nidaにて今年初実施!「女性のための2泊3日リトリート “Back to your free Self”」

 

 

「素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
楽しかったし,幸福だったし,生きているって面白いって思えた。
・・・このリトリートは,パーフェクトです☆」

 
「本当に参加してよかったと思います。
私がこれからどんな人生を歩むのかはわかりませんが,後から振り返ったときに,
このリトリートが大きなターニングポイントになった,と思うのではないかという気がしてなりません。
たったの2日間なのに,これほどまでにパワフルで,大きな変化をもたらしてくれたことに驚きを隠せません。」

 
「まずは,素敵でパワフルな2日間を過ごす事ができ,感謝の気持ちでいっぱいです。
yukariさん,一緒に過ごした仲間たちの愛をたくさん受け取り,今私はとても生きやすくなりました。
そして素直な気持ちを取り戻しつつあります。」

 
「本当に期待以上のリトリートでした。私の宝物になりました。」

 
「とにかくとにかく!楽しく濃い2日間で,みんなを大好き過ぎて,ずっとこのまま住める!って思える程でした。
2日しか一緒に居ないなんて嘘のようで,もう3年は人生共にした仲間の様でした。
ゆかり先生を含め一緒に過ごした方々へ,感謝の気持ちがいっぱいです。」

 
…このほか,これまでの参加者のみなさんからのたくさんのお声は,こちらをご参照ください

 
*****
 

今年で3年目を迎えるnidaでのリトリート。
過去4回実施し,これまでご参加いただいた全員から,「大満足」との評価をいただいてきました。

そして,いよいよnidaでは今年初初実施となる5/3(金・祝)~5(日・祝)の
「女性のための2泊3日リトリート“Back to your free Self”」 にご参加くださる仲間を募集します!

気になる方は,以下の詳細をぜひじっくりご覧になった上で,ご予約をお待ちしております。

 

 
==============================================
「女性のための二泊三日リトリート “Back to your free Self”」
==============================================

 
ヨガは〈自由〉になるための手立て。
いえ,正確には,わたしたち本来の〈自由〉を思い出す,そこへと回帰するための手立て。
わたしはそう思っています。

実際,わたし自身の生き方は, ヨガを通じて大きく変わりました。
生きるのが,前より格段に〈自由〉に,楽に,そして楽しくなりました。
そして,その感覚が今もますます広がり続けているの感じています。

でも,それは本来当たり前のことであり,誰にでもできることなんですよね。

なぜなら,ヨガが示す通り,
「わたしたちの〈本質〉は〈自由〉そのもの,至福そのもの,平安そのもの」だから。

わたしたちが不自由を感じたり,苦しみを経験したりするのは,
その〈本質〉を忘れてしまっているだけ。

だから,少しずつ思い出して行くことで,少しずつその原点へと回帰して行くことで,
必然的にわたしたちは解き放たれて行きます。

 
このリトリートは,名前のとおり
“Back to your free Self”―「自由な本来の〈わたし〉へと回帰する」ためのもの。

つまり,
「不完全で不自由なわたしだから,より完全で自由になるために努力しなきゃ!」
を離れて,
ただシンプルに
「本来の完全なわたしに立ち戻って行く」
ためのステップです。

 
前者の思考は,ご存知の方が多いかと思いますが(笑),ええ,かな~~~り強固です。
わたしもかつてはそのプロフェッショナルでした(笑)
だからよーく知ってます,この思考で生きて行くのがどれだけ大変か。
また,頭では後者を理解し,そちらに切り替えたつもりでも,実際にはなかなかはがれてくれないことも。
そして,なかなかはがれないことによってまた苦しむことになることも(笑)

頭で理解するだけじゃ無理です。
自身の頭も身体も心も肚(ハラ)も,総動員して体験しないと。

そして,一人じゃなかなか難しいです。
導き手と仲間がいることによって道が拓け,歩みは軽くなります。

 
だから,リトリートなんです。

 
2泊3日,ここnidaで,
ヨガやセッション・ワークはもちろんのこと,寝食を共にしながら,
同じ志をもつ仲間と,そしてyukariと共に,
一人の人間として,一人の女性としての自分自身に立ち返り,
さらにその奥へ,
自由で,幸せと平安に溢れたわたしたちの〈本質〉,
本来の〈わたし〉へと立ち戻って行くための時間をじっくりと持ちませんか?

 
本当はもっと時間をかけて,東京を離れてやりたいところですけどね,
それは今秋にバリ島でのプランがありますので,少々先。これはこれでお楽しみに。

 
ただ実際,特に日本のみなさんはその時間をとることがなかなかできないことも事実で。
でも,なるべく早く一歩を踏み出したほうがいい。
だって,この身体とともに生きる人生には限りがあるのですから。

特にお子さんのいらっしゃる女性は,長くお家を空けられないかもしれませんが,
あなたのあり方がダイレクトに影響するお子さんがいらっしゃるからこそ,
より早く一歩踏み出していただきたいと思うのです。

だから,お金と時間を割いてつくり出していただくそのコンパクトな機会を,
遠くへ行くことよりも,深くへ行くために最大限活用していただきたい。

 
東京のど真ん中にあるのに,まるで田舎のような空間で,
あなたが日常から少し距離を置いて,本当に安心できる場をご用意します。

 
「何かができる」,「何かである」から認められるんじゃなく
「ただあなたであること」,「ただあなたがいること」自体を歓迎します。

 
そこで何が起きるのかを,あなた自身で,ただ体験し,観てください。

 

 
*****
 

このリトリートでは,身体を動かすヨガや瞑想だけでなく,
ヨガ哲学を含むセッション,課題図書に基づくシェアリング,
(わたしが今年からnidaでのみ実施している,より深い本質的なリラクゼージョンへと導く)長いヨガニドラー(仰向けでのガイド瞑想),
Emilyから学んだウーマンズサークル,女性のためのヨガ,呼吸を用いたワーク,
谷田先生から学んだどぅる~んタッチを用いたワーク,
さらにエッセンシャルオイルを用いたマッサージなども行います。

 
また,楽しみなお食事も心身が喜ぶすばらしいラインナップをご用意します。

初日のランチには,インドから帰国するNaoちゃんによる「虹色のターリー」をご用意します!
(ターリーとは,いわばインドの定食です。)
Naoちゃんが現地のお母さんたちから学んできたインドの優しい家庭料理は
日本ではなかなか食べられない逸品ですよ〜!

さらにディナーにも,nidaから少し歩いたところにあるyukariのお気に入りレストランで
女性たちがていねいに作る健康的で手の込んだあたたかいお食事をご用意します。

さらに, 2日目のディナーは,
『一度きりのレシピ』の著者でもある料理家のcayocoさんと一緒に作っていただきましょう。
cayocoさんのお料理,それ以前に,彼女の在り方は,まさにヨガそのもの。
彼女のお話に耳を傾け,ともにごはんを作り,みんなで食べる至福のディナーです!

そして,3日目の最後の食事にはyukariがアーユルヴェーダの先生から学んだメニューをみんなで作ります。

 
2泊3日という短い時間ではありますが,
あなたの頭,身体,心,肚―あなたのすべてで,この濃密な時間に浸ってください。

 
また,このリトリートでは,
この機会を最大限利用していただくために,
次のような環境をつくりますので,ご承知おきくださいね。

1. 開始~終了時まで,スマートフォンは手離します。

2.リトリート中にご用意するごはんは基本的にすべてベジごはんとなります。

3. 参加者にはセッション中に触れる課題図書をご案内します。
事前に読んできてください。
(難しい本じゃありませんのでご安心を(笑)サクッと読める,でも非常にパワフルな本です。)

 
あとは,次の3つを確実にお持ちください。

1. このリトリートへの直感

2. ワクワクと好奇心

3. 素直でオープンな姿勢

 
これがないと何も始まりませんが,
これがあればそこからすべてが始まりますから。

 
参加なさるのに特に理由は要りません。
ただ,直感的に「今行こう!」と思われたら,どうぞ躊躇なく飛び込んでいらしてください。

このとき,ここに集まるメンバーは必ず完璧です。
その場で何も起こらないわけがありません。
4名以上の女性が集まった時点で,そのパワフルな結果は約束されています。

 
これまでにもすでに多くの女性たちが「人生の転機」と体感してきたリトリート,

さあ,今度はあなたが体験される番です!

あなたのご参加を心から楽しみにお待ちしています。
 

 
【5/3(金・祝)-5(日・祝) 2泊リトリート スケジュール予定】*変更の可能性もあります
 

5/3(金・祝)
9:30-11:00 Anusara Elements basic(オープンクラス)
11:15-14:00 インディアンランチ「虹色のターリー」(担当はNaoちゃん!),並行して個別セッション/フリータイム
14:00-17:00 ウェルカム・サークル〜セッション&ワーク1(途中おやつ休憩あり)
17:00-19:30 お風呂屋さん&夕ごはんへ(外出)
19:30-21:30 セッション&ワーク2
21:30-22:30 キールタン&ヨガニドラー

5/4(土・祝)
7:00-10:00 明治神宮へ お散歩&女性のためのヨガ,メディテーション
10:00-12:00 ブランチ&フリータイム @国連大学前ファーマーズマーケット
12:00-14:30 セッション&ワーク3
14:30-15:45 Anusara Elements basic
15:45-17:00 セッション&ワーク4
17:00-20:00 cayocoさんとともにお料理&ディナー
20:00-21:30 お風呂やさんへ
21:30-22:30 キールタン&ヨガニドラー

5/5(日・祝)
7:00-10:00 明治神宮へ お散歩&女性のためのヨガ,メディテーション
10:00-11:15 フリータイム (国連大学前ファーマーズマーケットへもどうぞ~)
11:15-12:45 セッション&ワーク5
12:45-15:00 ランチ(みんなでアーユルヴェーダ料理を作って食べます),食後に個別セッション/フリータイム
15:00-16:00 クロージング・サークル

 
【参加費】

5/3(金・祝)-5(日・祝)(2泊3日) 75,000円(税込)

*リトリート再参加の方は,6,000円割引

* 食事(2泊のうち一食はフリータイムのため除く)・宿泊・クラス・
個別セッション等にかかる一切の費用を含みます。

* 費用は事前に銀行振込にてお願いいたします。 開催確定後にお振込いただきます。

* キャンセルについては以下のように対応させていただきます。
また,返金の際には別途振込手数料を頂戴いたしますので,あらかじめご承知おきください。

10日前まで(4/23)まで 全額返金
1週間前(4/26)まで お申込いただいた合計金額の半額
3日前(4/30)以降 お申込いただいた合計金額の全額

 
【定員】

6名(女性のみ)

*4/12(金)までに最低催行人数4名に達しなかった場合は中止とさせていただきます。
あらかじめどうぞご了承くださいませ。

* プライベートなお部屋のご用意はありません。ご了承の上ご参加ください。

振込や持ち物等の詳細は, お申し込みいただいた方に個別にご連絡いたします。

 
【予約】

通常通り,nidaのウェブサイト上のこちらからご予約ください

* また,このリトリートに関して何か気になること,ご相談になりたいことなどありましたら,
お気軽にこちらからお問い合わせくださいね。

 
topに戻る